内浦ビーチへ

昨夜からの大荒れでクローズでした。

昨晩の台風並みの暴風雨の余韻がまだ残る今日は、海も大波がとれず、残念ながらクローズで、終日出港を見合わせました。

というわけで西風に強い須江へ、マンツーマンで遊びに行ってきましたが、うねりと雨水で、さすがの内浦もコンディションはややダウン。
平均8mほどの視界でしたが、それでもアジの大群をはじめ、生き物は相変わらず盛りだくさんでした。

砂地ではキタマクラに乗っかるオドリカクレエビや、

東の海では時々見かけるフレリトゲアメフラシ、

その他、大量発生中のミスガイや、大きなヒラメ、ハモなどにも遭遇。

岩場のエリアでは先月見つけたイロカエルygと再会。

ハシゴ下周辺では、キリンミノのお子様や、

ちょっと珍しいヒョウモンダコも見る事が出来ました。

「今季は生き物少ない」と言われながらも、ワイドもマクロも盛りだくさんで十分見ごたえありの2ビーチでした。

以上、今日の写真はスタッフが携行したTG3のデータでした。

明日はホームエリアで潜れそうな予報です。何が見られるでしょうか?

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:10℃
  • 水温:17℃
  • 透視度:8m
  • 波高:3m

観察された主な生き物

メアジ群れ、マアジ群れ、ブリ、スズキ、ムツ、アカカマス、マトウダイ、ヒラメ、タツノイトコ、トゲカナガシラ、ミスガイ、フレリトゲアメフラシ、ハモ、ダスキースリパーゴビー、イトヒキハゼ、オドリカクレエビ、ハクセンアカホシカクレエビ、イロカエルアンコウyg、ツマジロオコゼ、キリンミノyg、ヒョウモンダコ、アオリイカ群れ

串本の生きもの

イロカエルアンコウ, オドリカクレエビ, キリンミノ, ヒョウモンダコ, フレリトゲアメフラシ