iwa のすべての投稿

顔面アップ

調査ダイブいってきました。

今日も朝は冷え込みましたが、風は止んで海はとても静かになりました。
透視度もよくてコンディションは好調をキープしています。

さて、今日は住崎調査ダイブの写真から、顔面超アップシリーズです。

まずはヒトデヤドリエビ。ガラス細工みたいですね~。

話題のクロクマyg よーく見ると瞳がどこか解りますよ~。

こちらはセボシウミタケハゼ。カラフルです。

最後はバサラカクレエビ。

というわけで、今日はスタッフ岩崎の写真をお届けしました。

明日からまたしてもお天気下り坂予報ですが、水中はいい状態なので楽しく潜れそうです(^^)

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:曇り
  • 気温:5~11℃
  • 水温:20℃
  • 透視度:15m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

ジョーフィッシュ、オオモンカエルアンコウyg、ガラスハゼ、カゴカキダイ群れ、クダゴンベyg、ハタタテハゼ、レンテンヤッコyg

クダゴンベyg、オオモンカエルアンコウyg、クマドリカエルアンコウyg、バサラカクレエビ、ヒトデヤドリエビ、サクラダイyg、チョウチョウコショウダイyg

串本の生きもの

ヒトデヤドリエビ, クマドリカエルアンコウyg, バサラカクレエビ, セボシウミウタケハゼ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド

11月のフォトギャラリー

幼魚たちが盛り沢山な1ヶ月でした。

毎月、各月ごとに素敵な写真を選りすぐってギャラリーを作成していきます。今回は2018年11月のフォトギャラリーです。

2018年11月は、カエルアンコウ、クダゴンベを筆頭に、たくさんの幼魚が登場して賑わった1ヶ月でした。

動画:オオモンカエルアンコウyg
※別ウィンドウで開きます。

テングチョウチョウウオ

冬型のお天気になりました。

今日は冬型の気圧配置で、久々に冬らしいお天気になりました。
心配していた程荒れなかったので、予定通り楽しく潜れています。

さて、本日の写真はDAIMONさんにお借りした5点です。

ヤリカタギyg、今年は冷水の影響で熱帯魚貴重です。

タテジマキンチャクダイは現在大量発生中。あちこちで見かけます。

貴重なバサラカクレエビ。こちらも複数出現中です。

ミネミズエビと思われるエビ。たくさん居ます。

最後はテングチョウチョウウオ。ちょっと珍しい幼魚です。

というわけで、DAIMONさん、お写真どうもありがとうございました。

水中はまだまだ20℃で快適ですが、船上の寒さ対策グッツは必須になってきました。速乾タオルに手袋や帽子など、是非用意して遊びに来てください。

さて、明日も冷え込みそうですが、海は少し穏やかになる予報です(^^)

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:4~10℃
  • 水温:20℃
  • 透視度:15m
  • 波高:2m

観察された主な生き物

コケギンポ、ミネミズエビ、サガミリュウグウウミウシ、セボシウミタケハゼ、クチナシイロウミウシ、ニジギンポ、ニラミギンポ、イラ、ヤリカタギyg、タテジマキンチャクダイyg、オオモンカエルアンコウyg、クマドリカエルアンコウyg、クダゴンベyg、バサラカクレエビ、チョウチョウコショウダイyg、ツバメウオ、テングダイ、クロホシフエダイ群れ、アカゲカムリ、クエ、アザハタ、キンメモドキ群れ、ミナミギンポ、テングチョウチョウウオyg

串本の生きもの

タテジマキンチャクダイyg, バサラカクレエビ, テングチョウチョウウオ, ヤリカタギ, ミネミズエビ

串本のダイビングポイント

住崎, 備前

内浦ビーチ遠征企画。

冬の特定日、内浦ビーチ隊を編成します。

紀伊大島、須江の期間限定開放中の人気ポイント内浦ビーチは、広大な砂地、敷石の急斜面、マアジの大群、そして多くのレア生物など、唯一の魅力が満載のスーパービーチです。

今季、当店では3月末までの開放期間中に、内浦ビーチへの遠征チームを、特定の週末に、日中、夜間(ナイトは土曜日のみ)、それぞれ1チーム、参加者を募集します。

募集日程 日中(土、日) ナイト(土のみ)
12月29日(土)、30(日) 限定6名 限定4名
1月12日(土)、13(日) 限定6名 限定4名
2月23日(土)、24(日) 限定6名 募集なし
3月23日(土)、24(日) 限定6名 募集なし
(最小催行人数) (2名) (1名)

※最小催行人数は、日中2名様、ナイト1名様とさせて頂きます。

※今季、内浦ビーチのナイト開放は特定日13回のみとなっています。(参考:須江DC内浦ナイト開放スケジュール表

※白野ビーチのナイトについては上記以外の日程も開催可能です。(詳しくはご相談下さい。)

内浦ビーチをまだ未体験の方、是非参加ご検討下さい。
(手配の都合上お早目にお問い合わせ下さい。)

詳しくは、担当スタッフ岩崎まで。

TEL: 0735-62-1258

Mail: nsc-info@aikis.or.jp

トップに戻る

ミナミギンポ

水温20℃、視界良好です♪

今日は午後から雨になりましたが、東風で海はとても穏やかでした。
水中も視界良好で、昨日よりも少し良くなった感じがしました。
というわけで、外洋、近場、共にとても綺麗です。

朝イチは外洋2の根へ。深場でクダゴンベやホホスジタルミyg、キンメモドキ群れ、根の上では大きなワモンダコが印象的でした。

ワモンダコ。動かないと思ったら貝類を捕食中でした。

動かないので接写。眼の下にある輪紋がよく出てます。

住崎では、根周りのフエダイ大群が良い感じです。周囲にはツバメウオやテングダイも見られます。

そして今日も深場ではカエルアンコウ4兄弟、クダゴンベygのほか、スジハナダイ、サクラダイ、ロボコンなどあれこれ観察出来たほか、久々にピカチュウも登場しています。

こちらもコケムシを捕食中でした。

ラストはグラスワールドでまったり砂地探索。大物こそ出ませんでしたが、こちらもマクロは充実しています。

根の上ではサビウツボを観察。ひょうきん顔の代表格です。

ミナミギンポも表情豊かで可愛らしいですね~。

相変わらず黒潮は離岸してしまっていますが、現在水温は平年並みの20℃。
南方種もまだしばらくは元気な姿を見せてくれそうです。

というわけで、今日はガイドの携行コンデジ画像でお送りしました。
TG5、撮りやすかったなぁ~。

さて、明日から遂に冬型のお天気になる見込みです・・・。
やや強い西風になる予報ですが、クローズは免れたいところです(^^;

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:曇りのち雨
  • 気温:14~18℃
  • 水温:20℃
  • 透視度:12~15m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

キンギョハナダイ群れ、タカサゴ群れ、キンメモドキ群れ、ハナミノカサゴ群れ、イタチウオ群れ、クダゴンベ、ホホスジタルミyg、ワモンダコ、クロヘリアメフラシyg、モンハナシャコyg

クロホシフエダイ群れ、テングダイ、ツバメウオ、クダゴンべyg、アナモリチュウコシオリエビ、ウデフリツノザヤウミウシ、サクラダイyg、スジハナダイyg、クマドリカエルアンコウyg、オオモンカエルアンコウyg、バサラカクレエビ、スミレナガハナダイyg、

ハタタテハゼ、オニハゼSP3、イセエビyg、ジョーフィッシュ、モンハナシャコyg、タテジマキンチャクダイyg、テンロクケボリタカラガイ、キカモヨウウミウシ(産卵)、アカゲカムリ、ハシナガウバウオyg、サビウツボ、ミナミギンポ

串本の生きもの

ウデフリツノザヤウミウシ, ミナミギンポ, ワモンダコ, サビウツボ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 2の根

メーターオーバー

気温20度。快適でした。

今日は曇天の一日でしたが、予報に反して雨はほとんど降らず、気温も高かったので快適な一日でした。
アミハタ、浅地、住崎、と、人気ポイントから旬ネタ満載ポイントまで、たっぷりと潜ってきましたよ~。

アミハタでは、サクラダイygやケラマハナダイの成魚が新たに見つかったほか、浅地では久々に貫禄あるメーターオーバーのヒレナガカンパチが複数出現。でっかいクエを2匹従えるように泳いでました。
そして最終便、住崎ではクロクマygを筆頭に、カエル四兄弟を確認してきました~。

さて、そんな今日の写真はDAIMONさんにお借りした4点です。

まずは早朝便で会ったクエ。体長1m程ありました。

お次はスミレナガハナダイyg 美しいです。

こちらもハナダイ。サクラダイygです。鮮やかですね~。

最後はクダゴンベyg 同居人(オルトマンワラエビ)も写り込んでます。

どのポイントもネタが豊富で、とても楽しく潜れています(^^)

というわけで、DAIMONさん、お写真ありがとうございました~。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:曇り
  • 気温:15~20℃
  • 水温:19~20℃
  • 透視度:12~20m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

巨大ヒレナガカンパチ、タカサゴ群れ、メジナ群れ、キンギョハナダイ群れ、アオブダイ、セミエビ、スジアラ、クエ、ツキチョウチョウウオ、マツバギンポ、ツユベラyg

ウミウシカクレエビ、コホシカニダマシ、イソギンチャクエビ、フジタウミウシSP2、アザハタyg、サクラダイyg、ハナハゼ、オグロクロユリハゼ、ヤッコエイ、クエ、ガラスハゼ

ツバメウオ、テングダイ、クロホシフエダイ群れ、スミレナガハナダイyg、クマドリカエルアンコウyg、オオモンカエルアンコウyg、ムラクモキヌヅツミガイ、バサラカクレエビ、イサキ群れ、チョウチョウコショウダイyg、キンメモドキ群れ、アザハタ

串本の生きもの

クダゴンベyg, クエ, スミレナガハナダイyg, サクラダイyg

串本のダイビングポイント

住崎, 浅地, アミハタ

透視度上昇中~!

今日も最高のコンディションでした。

今日もとても穏やかでダイビング日和な一日でした~。
昨日よりコンディションも良くなって、平均透視度15mほどに。
日中は光が海底まで差し込み、明るくて気持ちよかったです。

さて、今日は近場エリアのマクロネタの数々をご紹介します。

まずはアミハタに定着中のウミウシカクレエビ。珍しい色違いペア。

お次は珍カラーのコケギンポ。ウ〇コ放出の瞬間(笑)

ミギマキのクリーニングシーン。愛らしいですね~。

そして衝撃の捕食シーンにも遭遇しました。
ホウライヒメジと絶体絶命のヒメセミエビ(かな?)

最後はハシナガウバウオyg。ミノガイ&ワイングラス背景。

というわけで、素敵なカットの数々、Boiさんありがとうございました!!

明日からお天気は下り坂予報ですが、海は変わらず穏やかになる見込みです。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:12~17℃
  • 水温:19~20℃
  • 透視度:15~20m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

キンメモドキ群れ、ハナミノカサゴ群れ、スジアラ、キビナゴ群れ、ヒレナガカンパチ&ハマチ群れ、マダイ、アオウミガメ、キンギョハナダイ群れ、テングダイ群れ

ウミウシカクレエビ、フジタウミウシの一種2、イサキ群れ、ワレカラ(抱卵)、ヤッコエイ、オキゴンベyg、ケラマハナダイyg、アザハタyg、ナガサキニシキニナ卵塊(ワイングラス)、セボシウミタケハゼ

クダゴンベyg、オオモンカエルアコウyg、クマドリカエルアンコウyg、イロカエルアンコウyg、ツバメウオ、コケギンポ、バサラカクレエビ、キンメモドキ群れ、ハシナガウバウオyg、クロホシフエダイ群れ

ジョーフィッシュ、オオモンカエルアンコウyg、アカゲカムリ、シテンヤッコyg、ウミシダウバウオyg、クダゴンベyg、サビウライロウミウシ、キカモヨウウミウシ、センテンイロウミウシ、ヒメギンポ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 北の根, アミハタ

クロ、シロ、ピンク

カエルアンコウ続々登場中~。

今日も一日穏やかで、落ち着いた良いお天気でした。
ボートは外洋、近場と別れて出船、海況も申し分なく、水中も沢山のダイバーで賑わっています。

さて、このところ続々登場しているカエルアンコウのお子様たち。
現在把握しているクロ、シロ、ピンクのお子さまたちに、今日もリクエストをたくさん頂きました。

貴重なクロクマは体長1cm弱。その上隠れ上手なガイド泣かせです。

グラスワールドで出会った新たなオオモンカエルyg、体調2cm!
(センターウェルさん、情報ありがとうございました(^^))

シロのイロカエルyg、ピンクのオオモンyg1号&2号も健在でした。

草木が芽吹く様に、この1か月あちこちで見つかっているので、同じような環境にまだまだ隠れている子たちが居そうですね。

他にはヒトデヤドリエビ&アオヒトデのセットや、

クリーニング中のアザハタ(目に乗ってます、痒くないんかな?(^^; )

ちょっと大胆になってきているシテンヤッコygなど、

かわいく、カラフルな生き物が盛りだくさんでした。

というわけで、今日の写真はmikaさんにお借りしました。
素敵なお写真をありがとうございました~!!!

さて、明日も最高のダイビング日和になりそうです。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:12~18℃
  • 水温:19~20℃
  • 透視度:12~15m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

キビナゴ大群、ヒレナガカンパチ群れ、ハマチ群れ、マダイ、キンメモドキ群れ、ハナミノカサゴ群れ、イガグリウミウシ、サガミリュウグウウミウシ、テングダイ群れ、スジタテガミカエルウオ

クマドリカエルアンコウyg、イロカエルアンコウyg、オオモンカエルアンコウyg、クダゴンベyg、ガラスハゼ、コケギンポ、バサラカクレエビ、スミレナガハナダイyg、クロホシフエダイ群れ、テングダイ

ジョーフィッシュ、オオモンカエルアンコウyg、タテジマキンチャクダイyg、シテンヤッコyg、アザハタ、クリアクリーナーシュリンプ、ハタタテハゼ、カゴカキダイ群れ、キカモヨウウミウシ

 

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, ヒトデヤドリエビ, クマドリカエルアンコウyg, クリアクリーナーシュリンプ, シテンヤッコyg

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 北の根

アオサハギ

クリスマスツリー設置完了~。

今日は朝から曇天の空模様でしたが、東風で海はとても静か。
視界は少し暗いものの、水中も穏やかでのんびり遊べました。

また今日は雑誌マリンダイビングの取材あり、クリスマスツリー設置作業ありで、陸上も水中も賑やかな一日でした。

そんな今日の写真は、のぼ魚さんにお借りしたお魚写真4点です。

まずはガラスハゼ。ムチカラマツバージョン。

こちらは貴重な黄色いコケギンポ。

こちらはアオサハギ。リクエストをよく頂く人気の被写体です。

もういっちょ、別カット。正面顔可愛いですね。

というわけで、本日の写真は、ハンガーをゲットして大喜びの(^^)、のぼ魚さんにお借りしました。
のぼ魚さん、どうもありがとうございました。

備前に設置されたクリスマスツリーは12月25日まで見られます。
その他情報も是非ご覧ください。串本ダイビング事業組合HP

マリンダイビング取材内容は、次回串本特集に掲載予定です。(掲載月未定)
その他情報も満載です!→マリンダイビングWEB

さて、明日は何が見られるでしょうか?

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:曇り
  • 気温:15℃
  • 水温:19~20℃
  • 透視度:10~12m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

クロホシフエダイ群れ、オオモンカエルアンコウyg、クマドリカエルアンコウyg、イロカエルアンコウyg、クダゴンベyg、アオサハギ、ミネミズエビ、ガラスハゼ、コケギンポ、タテジマキンチャクダイyg、ジョーフィッシュ、ミチヨミノウミウシ、アマミスズメダイ、イソギンチャクモエビ、アザハタ、キンメモドキ群れ

串本の生きもの

ガラスハゼ, コケギンポ, アオサハギ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前

バサラカクレエビ

生物の活性高く、まだまだ賑やかです。

今日もお天気最高&波穏やかのダイビング日和でした。

朝晩の気温に押されて、ここ数日は水温が少しずつ下がってきましたが、水中はドライスーツで快適に潜れています。
水中生物たちも活性が高くまだまだ賑やかです。
近頃はアマミスズメダイの産卵や、様々な捕食シーンにもよく遭遇しています。

さて、今日の写真はKEIKOさんにお借りした、マクロ4点です。

まずはアオサハギ。紫トゲトサカ背景、キレイですね~。

こちらはヒトデヤドリエビ。アオヒトデ背景も綺麗ですね~。

こちらはウミシダ背景のコマチコシオリエビと、

同じくウミシダ背景のバサラカクレエビ。先週に続き新個体発見です。

これから水温が少しずつ下がっていく季節ですが、甲殻類、ウミウシ、お魚たちも活性高く、まだまだ賑やかです。
潜りに出掛ける際は、水中とは別に陸上のお天気に合わせた船上の防寒グッツなども是非お持ち下さい。

という訳で、今日の写真はKeikoさんにお借りしました。
素敵なお写真どうもありがとうございました。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:10~18℃
  • 水温:19~20℃
  • 透視度:10~15m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

キンギョハナダイ群れ、タカサゴ群れ、ヒトデヤドリエビ、ウメイロモドキyg、ガラスハゼ、イガグリウミウシ、イセエビ、キホシスズメダイ群れ

オオモンカエルアンコウyg、イロカエルアンコウyg、クダゴンベyg、ミチヨミノウミウシ、ミヤケテグリyg、コケギンポ、バサラカクレエビ、ツバメウオ、スミレナガハナダイyg、テングダイ、アカゲカムリ

クロホシイシモチ群れ、キンメモドキ群れ、ハナミノカサゴ、タテジマキンチャクダイyg、コマチコシオリエビ、ヒラメ、ヨスジフエダイyg群れ、テヌウニシキウミウシ、トノサマダイyg、ヤイトハタ、

串本のダイビングポイント

住崎, 2の根, 中黒礁