iwa のすべての投稿

7月のフォトギャラリー

一気に生物密度が濃くなった1か月でした。

毎月、各月ごとに素敵な写真を選りすぐってギャラリーを作成していきます。今回は2019年7月のフォトギャラリーです。

2019年7月は、陸も海も、共に季節が真夏に移行して、あらゆる生物が産卵や子育てを始め、幼魚も多数現れ、一気に生物の密度が濃くなった1か月でした。

夏ですね~。

かわいい幼魚がいっぱいです。

今日は西風が少し吹きましたが、波はそれほど出ず穏やかでした。
水中のコンディションは今日もスッキリしませんが、マクロ中心に楽しく遊べています。相変わらず黒潮が遠いので贅沢は言えませんね。

さて、台風も去って、うねりに運ばれてきたであろう、たくさんの幼魚たちが、最近続々と登場しています。

まずはこちら、ホソウミヤッコyg

ハチジョウタツも1cm弱の個体に遭遇。

典型的な季節来遊漁のクログチニザyg

などなど、他にも定番のミナミハコフグygや、チョウチョウウオ系の幼魚も多数現れてきています。

こちらはオオモンカエルアンコウyg

ソラスズメダイの幼魚が食べたくて、ロックオンしていました。

最後は背景がとても綺麗なアカシマシラヒゲエビ。

夏の海はとてもカラフルな景色がそこかしこにあふれています。

というわけで、写真は福ちゃんさん&モリタニさんにお借りした5点でした。
どうもありがとうございました~~~!

明日は海況見ながら、久々に外洋エリアも狙ってみたいと思います~。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:26~31℃
  • 水温:25~28℃
  • 透視度:6~10m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

コケギンポ、カモハラギンポ、ニラミギンポ、クエ、ハチジョウタツyg、アナモリチュウコシオリエビ、クログチニザyg、ウデフリツノザヤウミウシ、アカシマシラヒゲエビ

ウミテング、ジョーフィッシュ(黄)、ニラミギンポ(黄)、コケギンポ(黄)、キビナゴ群れ、カンパチyg群れ、ツバス群れ、テンクロスジギンポ、ホソウミヤッコyg

オオモンカエルアンコウyg、イロカエルアンコウyg、ジョーフィッシュ、ミナミハコフグyg、ハタタテハゼ、キンギョハナダイ&ソラスズメダイ群れ

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, アカシマシラヒゲエビ, ハチジョウタツyg, ホソウミヤッコyg, クログチニザyg

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前

真夏日ですね~。

快適水温、28℃です!

昨日の熱帯夜から、今日も真夏日の暑~い1日になりました。
台風の影響がまだ色濃く残る中、今日からダイビング再開です!!

水中は台風後の濁り水でまだ本調子とは言えませんが、水底まで28℃前後になり一気に快適になりました~。
寒さのストレスなく、とても快適に遊べる温度です♪ あとは透視度がぐんぐん良くなるのを待つばかりですね~(((^^)

さて、そんな今日の写真は小林さんにお借りした5点です。

まずは深場で無事を確認。オオモンカエルアンコウyg

今日は他にも3個体、カエルアンコウを確認できました。

こちらは抱卵中のオルトマンワラエビ。

同じく抱卵中のヒメイソギンチャクエビ。

そしてこれも抱卵中。アカホシカクレエビです。

砂地の様子が一変するほどの大うねりだったはずですが、みんなよくぞ耐えきってくれたものです。

耐えたといえばこちら。ミナミハコフグもあちこちで見かけています。

うねりが治まって生き物たちは再び元気よく動き出した感じで、明日以降、また新たな生き物が続々登場する予感です。

というわけで、小林さん、素敵なお写真、どうもありがとうございました。

さて、明日は何が見られるでしょうか?(^^)

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:26~31℃
  • 水温:27~28℃
  • 透視度:4~7m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

イサキ群れ、オオモンカエルアンコウyg、ビシャモンエビ、カモハラギンポ(抱卵)、ジョーフィッシュ、ウミテング、アカホシカクレエビ(抱卵)、ヒメイソギンチャクエビ(抱卵)、コクテンカタギ、テングチョウチョウウオ、コケギンポ、イロカエルアンコウyg、ハタタテハゼ、カゴカキダイ群れ、ハチジョウタツ、

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, ミナミハコフグyg, オルトマンワラエビ, アカホシカクレエビ, ヒメイソギンチャクエビ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド

うねりはあれど。

今日も生物たちは活発です。

今日も台風のうねりが続いていますが、水中はなんとか遊べるレベルで、撮影はそこそこに、時より襲ってくる揺れを楽しみながらの海中散歩でした。
うねりはあれど、生物は活発! ダイバーも元気に遊んでおりま~す(^^)

さて、そんな本日の写真は奥山さんにお借りした5点です。

まずはニラミギンポのお父さん。子育て忙しそうです。

こちらも卵を守るカモハラギンポのお父さん。

今日は備前でヒメウツボに遭遇。黄化個体出ないかなぁ~。

ボブサンウミウシは飛ばされない様、必死にしがみついてる感じでした。

最後は今夜ハッチアウトしそうなクマノミの卵。

うねりの中でも求愛や産卵など、あちこちで活発に行われてます。
生き物たちはホントたくましいですね~。

というわけで奥山さん、お写真どうもありがとうございました。

明日もうねりの様子を見ながらのダイビングになりそうです。
なんとか潜れると良いなぁ~。。。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:27~31℃
  • 水温:25~28℃
  • 透視度:5~8m
  • 波高:うねり2~3m

観察された主な生き物

クマノミ卵、クロホシフエダイ群れ、イサキ、カモハラギンポ(卵)、ニジギンポ(卵)、ジョーフィッシュ(口内抱卵)、ウミテング、ヤリカタギyg、オトメベラ(産卵)、アザハタ、ミナミハコフグyg、ニラミギンポ(卵)、メジナ群れ、アオサハギyg、ガラスハゼ、ボブサンウミウシ、マダライロウミウシ、ヒメウツボ

串本の生きもの

ニラミギンポ, ボブサンウミウシ, カモハラギンポ, クマノミ卵, ヒメウツボ

串本のダイビングポイント

住崎, 備前

うねり再び。

9号のうねりが届いています。

今日もお天気は真夏の快晴で、気持ちいい?灼熱でした。
が、うねりが治まったと思った昨日から一転、再びうねりが増大(^^;
遥か洋上にある9号のものと思われるうねりが1日続きました・・・。

そんな状態の中、海中では比較的コンディションの良い岩場や、中層エリアなどでなんとか遊べています。ベテランダイバーの皆さんは、むしろ揺れを楽しんでいる方もいらっしゃいました。

そして生き物たちも、うねりに翻弄されているばかりではなく、ベラ系の集団産卵や、その卵を狙うメジナの群れとの攻防シーン、クマノミやギンポたちの保育シーンなど、生態シーンは盛り沢山でした。

さて、そんな本日の写真はKOMADAさんにお借りした4点です。

すっかりお馴染みイエロージョーフィッシュ。
台風のうねりで底揺れしててもしっかり開店してます。

卵を守るニラミギンポのお父さん。現在子育てに大忙しです。

こちらもニラミギンポ。3シーズン目の黄化個体です。

最後はクマノミの子育てシーン。クマノミ達もとても忙しそう(^^)

というわけで、KOMADAさん、お写真ありがとうございました。
そしてうねりの中での撮影、お疲れさまでした。

さて、明日もうねりは続きそうです(^^; でも頑張って潜りまーす!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:27~31℃
  • 水温:27~28℃
  • 透視度:5~10m
  • 波高:2m

観察された主な生き物

ジョーフィッシュ、ウミテング、クマノミ(卵)、ベニハナダイyg、ニシキベラ(産卵)&メジナ群れ、ブダイ産卵&メジナ群れ、アザハタ&キンメモドキ群れ、ビシャモンエビ、カモハラギンポ(抱卵)、ニラミギンポ(抱卵)、オトメベラ(産卵)、ニジギンポ(抱卵)、テンクロスジギンポ、コケギンポ、ミナミハコフグyg、イラ

串本の生きもの

ジョーフィッシュ, ニラミギンポ, クマノミ(卵), ニラミギンポ(黄化個体)

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前

新ネタ続々と。

今日も灼熱の真夏日でした!

今日も気温は30℃超えの真夏日になり、一日中夏らしいお天気に~♪
底潮がやや冷たかったですが、海もベタ凪ぎでとても快適でした。

さて、今日は最近登場した新ネタを中心にご紹介です。

まずは外洋のガレ場でよく見つかるウルマカエルアンコウyg

こちらは真夏のお魚、アカハチハゼのお子さま。

ドリーことナンヨウハギのお子さまは数個体出現中。

オニヒトデを豪快に捕食中のホラガイ。ド迫力でした。

最後は貴重なイエローコケギンポ。これウ〇コする体勢です(笑)

真夏の潮に運ばれて、まだまだ新ネタ続々登場しそうです。
楽しみ楽しみ(^^)

というわけで、本日の写真は岡田さんにお借りした5点でした。
岡田さんありがとうございました~!!!

明日もベタ凪ぎ&快晴&海静か! な予報です♪

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:25~31℃
  • 水温:23~26℃
  • 透視度:10~15m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

キンギョハナダイ群れ、コガシラベラ産卵、スジタテガミカエルウオ、ウルマカエルアンコウyg、タカサゴ群れ、スジアラ群れ、イセエビ、セミエビ

キンメモドキ群れ&ハナミノカサゴ群れ、ワニゴチ、キンギョハナダイ群れ、ホラガイ(オニヒトデを捕食)、ガラスハゼ(卵)、アオサハギyg、

ウミテング、ジョーフィッシュ、セスジスミゾメミノウミウシ、カンパチ群れ、タカベ群れ、マアジ群れ、アザハタ、コケギンポ、クマノミ(卵)

串本の生きもの

ナンヨウハギyg, ウルマカエルアンコウyg, ホラガイ(ヒトデを捕食), アカハチハゼyg, コオケギンポ

串本のダイビングポイント

住崎, 浅地, 北の根

お楽しみ抽選券、当選番号発表!

月間抽選第3弾!当選番号発表!!

30周年記念企画第2弾として、年間ボートフリーチケットをはじめ、超豪華な景品が当たる「お楽しみ抽選券」を、4月27日より9月末までの約5カ月間、お一人につき1日1枚配布します。

尚、抽選は「月間抽選」と「最終抽選」の2種類! 抽選参加のチャンスはなんと最大で6回あります!!!

尚、当選された方は期日までにご連絡下さい!
連絡が無い場合、当選は無効となります!!

配布期間:2019年4月27日~9月30日(月)

月間抽選賞品一覧
1等:2ボート券
2等:1ボート券
3等:限定オリジナルTシャツ
4等:ナイトロックスorレンタル無料券

最終抽選賞品
年間ボートフリー券などなど。

月間抽選、結果発表日 当選番号(順次更新予定です)
 6月1日(4・5月分)
(230枚配布)
1等:111、 2等:036、 3等:200
4等:008、050、054、073、078、
4等:098、158、166、197、228、
※当選の受付は既に終了しています。
 7月1日(6月分)
(117枚配布)
1等:513、 2等:286、 3等:529、
4等:238、252、259、260、282、
4等:300、501、507、514、540、
※下3桁のみ表示しています。
 8月1日(7月分)
(???枚配布)
1等:590、2等:316、583
3等:333、446、560
4等:314、317、321、329、346、
4等:371、393、423、473、562、
4等:597、604、608、615、624、
※下3桁のみ表示しています。
 9月1日(8月分) 1等:   2等:   3等:
4等:
 10月1日(9月分) 1等:   2等:   3等:
4等:
 最終抽選、結果発表日
10月4日(金)
年間ボートフリー券:

※当選された場合は、メールかお電話にてご連絡下さい。
※月間抽選は1週間以内、最終抽選は2週間以内、それぞれ連絡が無い場合は当選無効となります。
※尚、全ての抽選において、再抽選は行いません。
※詳細はスタッフまでお問い合わせ下さい。

30周年記念企画一覧ページに戻る

夏が来た!?

今日も蒸し暑い一日でした~。

今日は梅雨空が一休みしてくれて、蒸し暑い陽気の一日になりましたが、梅雨明けと夏本番に向けて、良い感じの流れを感じました。
また海は少し西風が強くなりましたが、波はそれほど出ず、水中は今日も快適で楽しく潜れています。

さて、今日はデータを借り忘れちゃったので(^^;、過去のストック写真からご紹介です。

アカホシカクレエビ。抱卵中のメスでお腹の裏に卵が透けてます。

イセエビも現在産卵シーズン真っ只中。抱卵中のメスを多数見かけます。

こちらは卵を守るカモハラギンポのお父さん。

イシヨウジのお父さんも、子育てシーズン真っ只中です。

お腹の裏に卵を張り付けたまま育てます。

こんな感じで、そこら中で子育てシーンが観察できるようになりました。
季節は間もなく夏本番ですね~。ますます楽しみです(^^)

というわけで、モリタニさん、お写真どうもありがとうございました。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:曇り時々晴れ
  • 気温:25~28℃
  • 水温:24~25℃
  • 透視度:10~15m
  • 波高:1~2m

観察された主な生き物

アカホシカクレエビ(抱卵)、マアジ群れ、メジナ群れ、キンメモドキ群れ&アザハタ、イエロージョーフィッシュ、ウミテング、ボブサンウミウシ、センテンイロウミウシ、ミナミハコフグyg

ジョーフィッシュ、カゴカキダイの群れ、キンギョハナダイ群れ、ササスズメダイyg群れ、ウデフリツノザヤウミウシ、カモハラギンポ(抱卵)、オオモンカエルアンコウyg、ソラスズメダイ&キンギョハナダイ群れ

串本の生きもの

カモハラギンポ, アカホシカクレエビ(抱卵), イセエビ(抱卵), イシヨウジ(抱卵)

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド

ニセクロスジギンポ

うねりに負けず潜りきりました~。

今日も5号のうねりはそこそこ残っていて、特に砂地付近の水底は視界不良気味でしたが、比較的透視度が良い岩場の中層などを中心に楽しく1日潜り切りました~(^-^;

そんなうねりに揺られるコンディションの中、今日も頑張ってたくさん撮影して頂きました。

まずは人気者のイエロージョーフィッシュ。近頃食欲旺盛です。

撮影:Shimizuさん

こちらはセスジスミゾメミノウミウシ。ピンクの卵塊も写り込んでます。

撮影:スギウラさん

こちらはキンメモドキの群れ。現在いい感じで群れてます。

撮影:スギウラさん

最後はニセクロスジギンポ。ホンソメワケベラのそっくりさんです。

撮影:Shimizuさん

時より不意に来る大きなうねりに翻弄されながら、巣穴から顔を出しているギンポ系たちがとても快適そうに見えました(^^)

というわけで、Shimizuさん、スギウラさん、お写真どうもありがとうございました。

うねりのピークはおそらく過ぎたので、明日以降は少しずつ良くなっていく、はず!? です!!!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:曇り
  • 気温:24~27℃
  • 水温:24~26℃
  • 透視度:6~12m
  • 波高:1~2m

観察された主な生き物

ミアミラウミウシ、ヨセナミウミウシ、ガラスハゼ(卵)、アナモリチュウコシオリエビ、ミナミハコフグyg、イボヤギミノウミウシ、ジョーフィッシュ、オオモンカエルアンコウyg、ハナイカ

オオモンカエルアンコウyg、テングダイ、ニジギンポ(抱卵)、ボブサンウミウシ、ヒョウモンウミウシ、ハナイカ(ぺア)、ニセクロスジギンポ、ウミテング、セスジスミゾメミノウミウシ、ニラミギンポ(黄)、コケギンポ(黄)、ジョーフィッシュ(黄)

 

串本の生きもの

ジョーフィッシュ, キンメモドキ, セスジスミゾメミノウミウシ, ニセクロスジギンポ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド

ロボコン

台風5号のうねりが届いてます。

昨夜の豪雨と、数日前から続くうねりで、水中の状態が心配でしたが、今日は水底付近は問題なし。水深5mほどまで濁った雨水の層がありますが、その下は視界良好で12m前後見えていました。

また、底うねりも多少大きくなってきた感はありましたが、今日は撮影もそこそこ出来るほどで、1日快適に遊べています。

さて、そんな今日の写真はスギウラさんにお借りした、マクロ5点です。

まずはハナイカ。威嚇?擬態?突起と黄色が不思議ですね~。

お次はジョーフィッシュ。うねりの中、せっせと砂出ししていました。

こちらはハッチアウト数日前のクマノミの卵。目玉がよく分かります。

すっかり定着したウミテング。見れば見るほど不思議なお魚です。

ラストはロボコンことアナモリチュウコシオリエビ。今季も豊昨です。

というわけで、スギウラさん、素敵なお写真どうもありがとうございました。

明日は台風のうねりは治まるかなぁ~。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:雨
  • 気温:23~25℃
  • 水温:24℃
  • 透視度:6~15m
  • 波高:1~2m

観察された主な生き物

クマノミ(卵)、クロホシフエダイ群れ、オオモンカエルアンコウyg、ハナイカ、カモハラギンポ(抱卵)、ニジギンポ(抱卵)、ジョーフィッシュ(抱卵)、キンメモドキ群れ&アザハタ、コケギンポ(黄化)、ニラミギンポ(黄化)、アオウミガメ、テンクロスジギンポ、ウミテング、イエロージョーフィッシュ、アカゲカムリ、アナモリチュウコシオリエビ、セスジスミゾメミノウミウシ(卵)、ナガサキスズメダイ(抱卵)、テングダイ

串本の生きもの

ジョーフィッシュ, ウミテング, ハナイカ, アナモリチュウコシオリエビ, クマノミ(卵)

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド