iwa のすべての投稿

視界1mの世界

春のプチ嵐。南うねりで大揺れでした。

昨晩からのプチ嵐通過に伴い、今朝は見てすぐにクローズと解るほどの大波で、ホームエリアは即クローズとなりました(((^^; ということで風陰の須江へ遠征しましたが、今日の内浦ビーチはいつもと一味違って、南からの大きなうねりがまともに当たっていて、エントリー口周辺はなかなかハードな状況でした。

そしていつもは探索が楽しい砂地エリアも、さすがに今日は視界が悪く、引き潮が重なった午後は視界1mまで落ちこむ場所も多くあり、中には中止して帰るチームもあったようです。

そんな撮影向きとはとても言えないコンディションの中でしたが、今日もマクロ5点お借りしています。

まずは砂地の住人の代表格、スナダコ。今日は巣穴に引きこもりでした。

こちらは、カゴの中でいつも通りだったベニカエルアンコウyg

人気のテングノオトシゴもいつも通りの場所に平常通り(^^)

猛毒のヒョウモンダコは漂う様に現れてお出掛け中でした。

最後はミスガイ。どこかエレガントな不思議生物です。

初心者ダイバーには厳しいコンディションでしたが、今日のベテランゲストたちは、それぞれ生物観察やうねりの揺れを?割り切って楽しんで頂けた様で、全員楽しく終われてホント何よりでした~(^^)d

以上、今日も写真はナースさんにお借りしました。
どうもありがとうございました!!!

明日はうねり治まるかな~? 今日より視界良くなります様に(笑)

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:雨のち晴れ
  • 気温:16~21℃
  • 水温:16℃
  • 透視度:1~5m
  • 波高:2~3m

観察された主な生き物

スナダコ、サツマカサゴ、ベニカエルアンコウyg、テングノオトシゴ、ヒラメ、ダイナンウミヘビ、クロホシイシモチ群れ、マアジ群れ、ヨスジフエダイ群れ、ゴンズイ群れ、アカオビハナダイ、ヘラヤガラ、ミスガイ、ヒョウモンダコ、ハチジョウタツ、ミカドウミウシ

串本の生きもの

ベニカエルアンコウyg, ミスガイ, スナダコ, ヒョウモンダコ, テングノオトシゴ

串本のダイビングポイント

内浦ビーチ(須江)

数か月ぶりに確認。

今日もコンディションアップしました。

今日は曇天スタート、午後からは雨も降りだして、肌寒い一日に戻ってしまいましたが、東風で海はとても穏やかになり視界も昨日よりぐんと回復して、とても楽しく遊べています(^^)

そんな本日の写真は、ここ最近のマクロ生物、旬ネタ5点盛りです。

まずは深場で定着中のクマドリカエルアンコウyg 体長3cm

同じく体長3cm、オオモンだと思ってたらイロカエルアンコウかな?

昨シーズン当たりだったウミテングも密かに定着中。

そして昨日発見したヒメヒラタカエルアンコウも再確認できました(^^)d

最後はとある場所で数か月ぶりに再会! アデウツボyg

鉛筆ほどの太さだった子が、しばらく見ないうちに中指ほどの太さに育ってました。まだまだかわいいサイズですよ~(^^)

南方種には厳しい水温が続いていますが、春に産卵が始まる生き物たちは、何やらそわそわしだしました。海中にも生き物たちが動き出す季節が間もなくやってきます。楽しみ楽しみ(^^)

以上、今日はナースさんにお借りしたマクロ5点でした。
どうもありがとうございました~!!!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:曇りのち雨
  • 気温:10~16℃
  • 水温:16℃
  • 透視度:10~12m
  • 波高:0m

観察された主な生き物

ウミテング、クマドリカエルアンコウyg、イボイソバナガニ、、ウデフリツノザヤウミウシ、イロカエルアンコウyg、クダゴンベyg、カモハラギンポ、ジョーフィッシュ、ヒメヒラタカエルアンコウyg、アデウツボyg

イロカエルアンコウyg、ゾウゲイロウミウシ、、ヒメギンポ、ゾウゲイロウミウシ、サガミミノウミウシ、シンデレラウミウシ、クダゴンベyg、ジョーフィッシュ、ウデフリツノザヤウミウシ、オオモンカエルアンコウyg

ジョーフィッシュ、イトヒキベラ、ボブサンウミウシ、ベルグウミウシ、ミナミクモガニ、ハナミノカサゴ、イソコンペイトウガニ、アナモリチュウコシオリエビ、ハチジョウタツ

串本の生きもの

クマドリカエルアンコウyg, イロカエルアンコウyg, ウミテング, アデウツボyg, ヒメヒラタカエルアンコウyg

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前

数年ぶりの遭遇。

嵐の後のうれしい発見でした!

大荒れの昨日から一夜明けて、今日は波も風もだいぶ治まってくれました。
最近多かった雨の影響で、水面付近は冷え冷えニゴニゴでしたが(^^; 中層から下はとても静かで視界も十分、相変わらずちょっぴり寒いけど楽しく遊べました~。

嵐の後は何かしらの変化が起きていることが多く、ちょっぴりわくわくしながら潜りますが、今日は住崎でうれしい発見がありました(^^) ダイビング終盤じっくり壁で生き物サーチしていると、超レアなヒメヒラタカエルアンコウを発見! 数年ぶりの遭遇でした~(^^v

こちらがヒメヒラタカエルアンコウ。細身で平べったいのが特徴です。

こちらはクチナガイシヨウジ。実はこの子のお陰でヒメヒラタに当たりました。

こちらはイロカエルアンコウyg ヒメヒラタに比べると丸っこいですね。

最後はヒメギンポ。低水温でも元気で活動的。意外とカラフルなお魚です。

5~6年ぶりの超レア生物に遭遇して、ゲストも大喜びで何よりでした(^^)
再現性のある良い環境にいたので、また見れるといいなぁ~。

ということで、本日の写真はヨシムラさんにお借りしたマクロ4点でした。
どうもありがとうございました。

明日は再びお天気下り坂の予報ですが、東風で海は更に静かになりそうです。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:10~17℃
  • 水温:16℃
  • 透視度:8~10m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

ウメイロモドキ群れ、オトヒメウミウシ、ウデフリツノザヤウミウシ、ゾウリエビ、イボイソバナガニ、クチナガイシヨウジ、ヒメヒラタカエルアンコウyg

ジョーフィッシュ、イソバナカクレエビ、トゲトサカテッポウエビ、オオモンカエルアンコウyg、ムラサキアミメウミウシ、ゾウゲイロウミウシ、ヒメギンポ、イロカエルアンコウyg、ミナミクモガニ、ウデフリツノザヤウミウシ

串本の生きもの

イロカエルアンコウyg, クチナガイシヨウジ, ヒメギンポ, ヒメヒラタカエルアンコウyg

串本のダイビングポイント

住崎, 備前

春の嵐!?

波をかわして内浦ビーチへ。

昨夜から気温が一気に上がって、過ごしやすい暖かさになったと同時に、朝から風が強くなりそうな要素満載でした。そして予報通り、予想通り、次第に風と波が大きくなって、ホームエリアは1本でクローズに。。。

という事で風陰の「内浦ビーチ」へ遠征してきました。

様々な生物が隠れ住んでいる砂地では、普通種のクサハゼや、

深場にいる珍種、オナガウツボ、

名物の掃除機ノズルに住むスナダコも元気そうでした。

カゴの中には白いベニカエルアンコウyg、

そして今季話題になっているテングノオトシゴなどなど。

今日も盛りだくさんで楽しい内浦ビーチでした。

今期もあと1週間で閉まってしまうので、気になる方はお急ぎ下さい(^^ゞ

以上、ちーちゃんさん、写真5点をどうもありがとうございました。

明日は引き続き雨予報ですが、東風に変わって少し穏やかになりそうです。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:雨
  • 気温:12~15℃
  • 水温:16℃
  • 透視度:8~10m
  • 波高:1~2m

観察された主な生き物

ウデフリツノザヤウミウシ、アオブダイ、カゴカキダイ、ハナミノカサゴ、ゾウゲイロウミウシ、アオリイカ(卵)、ミナミギンポ、ホウライヒメジ群れ、ハチジョウタツ、ワモンダコ

アマクサヨウジ、スナダコ、フレリトゲアメフラシ、オナガウツボ、ベニカエルアンコウyg、テングノオトシゴ、ダイナンウミヘビ、イサキ群れ、マアジ群れ、ネンブツダイ群れ、ゼブラガニ

串本の生きもの

ベニカエルアンコウyg, スナダコ, テングノオトシゴ, オナガウツボ, クサハゼ

串本のダイビングポイント

グラスワールド, 内浦ビーチ(須江)

禁断のエビ

西風続くもコンディションはアップ!

昨日の台風並みの西風はすっかり治まって、今朝は穏やかなスタートになりました~。一日静かに終わるかと思っていたのも束の間、お昼前から再び西風が吹いて、結局まぁまぁの荒れ具合になってしまいました(((^^;
それでも水中は予想に反して水が良くなっていて、視界良好で楽しく遊べています(^^)

さて、そんな本日の写真はYAIさんにお借りしたエビカニウミウシのマクロ5点です。

まずは低水温で絶好調のウミウシから、ソヨカゼイロウミウシ。

同じくド派手なカラーのボブサンウミウシ。

体長30cm程に成長する大型種、ミカドウミウシ。

水温耐性高そうな擬態系甲殻類からは、ミナミクモガニや、

ムチヤギに隠れ住むイボイソバナガニ、

最後は危険なイラモに隠れ住む禁断のエビ、イラモツノテッポウエビ。

よく見ると抱卵していて卵が透けて見えてますね~。低水温だと動きが鈍くて観察しやすかったりしますが、イラモは危険なので観察の際はご注意下さい(^^)

気が付けば、一度上がり始めた水温が、再び16℃台に下がり、10日ほどが経ちました(*_*; 早く上昇に転じてほしいところです(^^;)

以上、YAIさんお写真どうもありがとうございました。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:2~10℃
  • 水温:16.5℃
  • 透視度:8~12m
  • 波高:1~2m

観察された主な生き物

イサキ群れ、アジアコショウダイyg、イボイソバナガニ、クダゴンベyg、オオモンカエルアンコウyg、ウデフリツノザヤウミウシ&ケヤリ、カモハラギンポ、ミナミクモガニ、コマチテッポウエビ

ボブサンウミウシ、オオモンカエルアンコウyg、ハチジョウタツ、ゾウゲイロウミウシ、モンハナシャコ、ジョーフィッシュ、クダゴンベyg、オニカサゴ、ハナキンチャクフグ、タテジマキンチャクダイ

イサキ群れ、タカサゴ群れ、ヒロウミウシ、ムラサキアミメウミウシ、ミカドウミウシ、イラモツノテッポウエビ、アカエラミノウミウシ、

串本の生きもの

ボブサンウミウシ, イボイソバナガニ, ミカドウミウシ, ミナミクモガニ, ソヨカゼイロウミウシ, イラモツノテッポウエビ

串本のダイビングポイント

住崎, 備前, イスズミ礁

雨あがって快晴に。

久しぶりに一日穏やかでした。

昨日夜まで続いた大雨が抜けて、今日はうねりも取れて、朝から良いお天気になりました(^^) 水中はさすがに雨水の影響が出てコンディションは若干ダウンしましたが、ベテランのゲストとマンツーマンでのんび~りと潜れました。
このところ多かった「午後になると強風」のパターンもやっと崩れて、久々にうねりと大波のない一日でした(^^)d

さて、今日は写真を借り忘れてしまったのでスタッフのストック写真です(((^^;

まずは住崎に多数出現中のちびカエルから、貴重なイロカエルyg

すぐ近くにはイボイソバナガニのオスも居ついています。

こちらは寒さには強そうなイメージのヤッコエイ。

寒さには弱そうなキンチャクガニ。アヤニシキとのセットは本州ならでは。

アザハタも低水温は苦手なはずですが、個体数はますます増えてます。

最後は青い水とバブルリングでクリアな海を想像して下さい(^^)

今日の実際の海は、ちょっぴり春濁りの気配を感じる様な潮色でしたが、これからじわじわとコンディションが上がっていく事に期待しています。
そして低水温と春濁りが軽めの春になります様に。。。

明日も穏やかな海になりそうです(^^)

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:9~15℃
  • 水温:16.5℃
  • 透視度:8~10m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

クエ、ホウライヒメジ群れ、カゴカキダイ、スジアラ、アオリイカ(卵)、テングダイ群れ、ハチジョウタツ、ヒロウミウシ、ムラサキウミコチョウ

ウミテング、タカノハダイ&ミギマキ群れ、ホウライヒメジ群れ、イラ、アオブダイ、アマミスズメダイ群れ、バブルリング

コロダイ&ニザダイ群れ、ミナミコブヌメリ、エンタクミドリイシ&オヤユビミドリイシ&クシハダミドリイシ群生、オオハナガタサンゴ

串本の生きもの

キンチャクガニ, イロカエルアンコウyg, イボイソバナガニ, ヤッコエイ, バブルリング, アザハタ&アカシマシラヒゲエビ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, イスズミ礁

出港時間変更のお知らせ。

4月から「通常パターン」になります。

イセエビ漁の終了に伴い、4月から9月末までの期間はボート出港時間が「通常パターン」に戻ります。下記スケジュールをご確認の上、ご予約、お問合せ下さい。

土日・祝日など

第1便 第2便 第3便 第4便
外洋便 8:15 10:45 12:45 14:45
近場便 8:30 10:45 12:45  14:45

近場便・外洋便ともに、2ダイブご希望の場合は、①③便もしくは②④便をお勧めしています。(水面休息がしっかり取れるスケジュールになります。)

3ダイブご希望の場合は、①②便(午前連続)に乗船の後、ランチ休憩(約90分)を挟んで④便目に乗船するスケジュールをお勧めしています。

平日など

第1便 第2便 第3便
外洋便 9:30 13:00 設定無し
近場便 9:30 13:00 15:00

近場便・外洋便ともに、2ダイブご希望の場合は①②便をお勧めしています。
3ダイブご希望の場合は、①便に乗船の後、ランチ休憩(約90分)を挟んで②③便(午後連続)に乗船するスケジュールとなります。

その他、ご希望に合わせて可能な範囲での調整を行っていますので、ご予約時にご相談ください。

ご予約の際は・・・

  • 外洋便は「経験50本以上で、浮力調整がご自身でできる方」がリクエスト可能です。ブランクがある方、器材フルレンタルの方などはご遠慮頂いております。また当日の天候や海況、配船の都合で外洋便の設定ができない場合もあります。
  • 集合時間については、出港時間の1時間ほど前でお願いしております。ご利用が初めての場合などは、余裕をもってお早めにご集合下さい。
  • 上記出港時間については、当日15分程度の変更が生じる場合がありますので、 余裕をもってご集合宜しくお願いします。

水温上昇しました♪

真冬のお天気が再来中。

お店の4連休明けの今日は、朝は冷たい空気でしたが海は穏やか、次第に北風ビュンビュン、午後は風陰のサンビラに避難! そんな感じで冬らしい海になりました(((^^;
それでもお休み中に荒れていたとは思えないほど、水中は温度も高く、コンディションは良好~♪ ゲストとマンツーマンで2ダイブ、のんびり回ってきました。

今日はゲストに写真を借りそびれてしまったので、スタッフのストック「とある日の住崎の写真」お店のレンタルTG5のデータです。

まずは当たっているカエルのおチビちゃん。体長2cm

こちらは住み着いているオオモンカエルアンコウ。体長30cm

こちらもなにげにあちこちにいるイボイソバナガニ。メス相です。

低水温にはあまり強くない、ヒトデヤドリエビ。激減中。

最後は冬の風物詩ともいえる、集まるホウライヒメジたち。

低水温に強い魚も弱い魚も、サンゴも海藻も、みんな揃って活発になる春の海までもう少し、このまま水温上昇します様に~( ^^)

◆明日はいよいよ串本町内のロケット打ち上げ場から初の打ち上げが行われます。
本州初の民間ロケット打ち上げ場という事で、各方面で話題沸騰中ですが、果たしてダイビングの合間に、大空へ駆けあがるロケットの姿は見れるのか!!??
お天気は良さそうなので、ちょっぴり楽しみです(^^)

◆TV番組放送のお知らせ(NHK和歌山番組表・近畿エリアのみ)
3月9日土曜日AM10:05~11:05放送予定の「ダイビングトリップ 水の中の宇宙 紀伊半島・大阪湾を潜る」にて、昨シーズンに長期撮影取材が行われた8K番組が、NHK総合にて近畿エリア限定で放送予定です。

当店ゲストやスタッフもチラッと出るかもしれません(笑)
是非、ご視聴下さいませ~(^^ゞ

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:2~12℃
  • 水温:17~18℃
  • 透視度:10~15m
  • 波高:1~3m

観察された主な生き物

ハナミノカサゴ群れ、アカホシカクレエビ、コロダイ群れ、ウデフリツノザヤウミウシ、ワモンダコ、イソコンペイトウガニ、ホウライヒメジ群れ、カゴカキダイ群れ、アオリイカ卵

クシノハカクレエビ、チョウチョウウオ群れ、ゾウゲイロウミウシ、スミツキベラyg、コナユキツバメガイ、トノサマダイyg、モンスズメダイ群れ

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, オオモンカエルアンコウ, ヒトデヤドリエビ, イボイソバナガニ, ホウライヒメジ

串本のダイビングポイント

グラスワールド

ヨセナミウミウシ

予報が外れて今日も風吹きました~。

今朝は冷え込みが厳しく、朝の最低気温は2℃弱!! 季節相応といえばそうなんですが、2月後半が例年より暖かかっただけに、久々に感じる冷たさでした~。
水中は変わらず16℃台で、ますますウミウシたちの姿が目立ってきました。豊作のカエルygたちも続々登場しています(^^)

さて、そんな本日の写真は「おかあさんとひさびさいっしょ」さんにお借りしたマクロ5点です。

まずは今季も越冬成功してくれそうなクダゴンベyg

こちらは他の個体より元気で、サービス満点のジョーフィッシュ。

当たっているカエルアンコウygから、オオモンカエルyg 体長2cm

そしてイロカエルyg 同じく体長2cm

こちらは最近時々見かけるツルガチゴミノウミウシ。

そしてラストは久々に遭遇したヨセナミウミウシ。

このところ、ウミウシ系はホントによく見かけるようになりました。種類も数も今がピークかもしれませんね。
3月に入り、陸上は春に近づいていく季節ですが、水中はまだしばらく冬モードが継続していきそうです。海へお出かけの際は水陸両方の防寒対策をして来て下さいね~!!

以上、「おかあさんとひさびさいっしょ」さん、素敵なお写真をありがとうございました~(^^)

お知らせ
明日3月4日(月)から7日(木)まで、冬季休業とさせて頂きます。
3月8日(金)から営業を再開いたしますので、宜しくお願いします。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:2~12℃
  • 水温:16.5℃
  • 透視度:10~12m
  • 波高:1~2m

観察された主な生き物

オオモンカエルアンコウyg×4、クダゴンベyg、シンデレラウミウシ、サクラミノウミウシ、ウデフリツノザヤウミウシ、ツルガチゴミノウミウシ、ニジギンポ、ヨセナミウミウシ、ジョーフィッシュ、テヌウニシキウミウシ

テングダイ、タテジマキンチャクダイ、イロカエルアンコウyg、クダゴンベyg、オオモンカエルアンコウyg、イボイソバナガニ、ウデフリツノザヤウミウシ(産卵)、ムラサキアミメウミウシ、ボブサンウミウシ、ホウライヒメジ群れ

クサハゼ、イサキ群れ、アカホシカクレエビ、アオウミウシ、ミスジチョウチョウウオ、トノサマダイ、コナユキツバメガイ

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, ジョーフィッシュ, クダゴンベ, イロカエルアンコウyg, ツルガチゴミノウミウシ, ヨセナミウミウシ

串本のダイビングポイント

住崎, 備前, サンビラ

レア生物満載でした。

内浦遠征マンツーマンダイブ。

昨夜の大時化から一夜、お天気はすっかり回復したものの、ホームエリアの海はうねりが残ってしまい、なかなかハードな海況になりました。
ということで、今日は波かげの内浦ビーチへ遠征!マンツーマンでたっぷり3本潜ってきました。
こちらも時化の直後でコンディションはそこそこでしたが、とにかく生き物が多くてのんびりマンツーマン! なのでたっぷり楽しんで頂けた様です(^^)

さて、写真は昨日に続き、ジンベイダイバーさんにお借りしたマクロ6点です。

まずは今季のアイドル的生物の代表格、テングノオトシゴ。

同じく掃除機ノズルに居を構えるスナダコくん。

こちらは出現して間もないというカミソリウオ。スケスケyg

浅場の定番生物からは、鋭い目線のゼブラガニ。

地味だけどなかなかのレア度、カゴシマオコゼ。

最後は深場のボス、オナガウツボ。大きさ質感がハンドパぺットみたい。

そのほかにもハナイカ、ハチジョウタツ、スジモヨウフグなどなど、相変わらず珍生物が盛りだくさん! 1900本祝いもサプライズできて、大満足の内浦ビーチでした。めでたしめでたし(^^)

というわけでジンベイダイバーさん、おめでとうございました!&お写真どうもありがとうございました。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:10~15℃
  • 水温:16.5℃
  • 透視度:6~8m
  • 波高:2m

観察された主な生き物

マアジ群れ、クロホシイシモチ&ネンブツダイ群れ、イサキyg群れ、カエルアンコウ、シマヒメヤマノカミ、オナガウツボ、リュウキュウカスミミノウミウシ、テングノオトシゴ、ハナイカ、タツノイトコ、カミソリウオ、アカオビハナダイ群れ、セイテンビラメ、カゴシマオコゼ、ミカドウミウシ、クロコソデウミウシ、ハスエラタテジマウミウシ、オニオコゼ、スジモヨウフグ、ゼブラガニ、ハチジョウタツ、イシガキリュウグウウミウシ

串本の生きもの

カミソリウオ, スナダコ, ゼブラガニ, テングノオトシゴ, オナガウツボ, カゴシマオコゼ

串本のダイビングポイント

内浦ビーチ(須江)