スタッフブログ

7月のフォトギャラリー

一気に生物密度が濃くなった1か月でした。

毎月、各月ごとに素敵な写真を選りすぐってギャラリーを作成していきます。今回は2019年7月のフォトギャラリーです。

2019年7月は、陸も海も、共に季節が真夏に移行して、あらゆる生物が産卵や子育てを始め、幼魚も多数現れ、一気に生物の密度が濃くなった1か月でした。

夏ですね~。

かわいい幼魚がいっぱいです。

今日は西風が少し吹きましたが、波はそれほど出ず穏やかでした。
水中のコンディションは今日もスッキリしませんが、マクロ中心に楽しく遊べています。相変わらず黒潮が遠いので贅沢は言えませんね。

さて、台風も去って、うねりに運ばれてきたであろう、たくさんの幼魚たちが、最近続々と登場しています。

まずはこちら、ホソウミヤッコyg

ハチジョウタツも1cm弱の個体に遭遇。

典型的な季節来遊漁のクログチニザyg

などなど、他にも定番のミナミハコフグygや、チョウチョウウオ系の幼魚も多数現れてきています。

こちらはオオモンカエルアンコウyg

ソラスズメダイの幼魚が食べたくて、ロックオンしていました。

最後は背景がとても綺麗なアカシマシラヒゲエビ。

夏の海はとてもカラフルな景色がそこかしこにあふれています。

というわけで、写真は福ちゃんさん&モリタニさんにお借りした5点でした。
どうもありがとうございました~~~!

明日は海況見ながら、久々に外洋エリアも狙ってみたいと思います~。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:26~31℃
  • 水温:25~28℃
  • 透視度:6~10m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

コケギンポ、カモハラギンポ、ニラミギンポ、クエ、ハチジョウタツyg、アナモリチュウコシオリエビ、クログチニザyg、ウデフリツノザヤウミウシ、アカシマシラヒゲエビ

ウミテング、ジョーフィッシュ(黄)、ニラミギンポ(黄)、コケギンポ(黄)、キビナゴ群れ、カンパチyg群れ、ツバス群れ、テンクロスジギンポ、ホソウミヤッコyg

オオモンカエルアンコウyg、イロカエルアンコウyg、ジョーフィッシュ、ミナミハコフグyg、ハタタテハゼ、キンギョハナダイ&ソラスズメダイ群れ

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, アカシマシラヒゲエビ, ハチジョウタツyg, ホソウミヤッコyg, クログチニザyg

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前

なんと!!

冷水塊が・・・・。

今日も時折雨が降る不安定な天気でしたが、概ね晴れ〜〜。
ここ最近真夏日が続いています。

ただ水中はなぜか季節が逆戻り・・・。
冷水塊が入っちゃいました・・・。

早く暖かく綺麗な潮が入ってくれたらいいのにな〜〜。

水中もカエルアンコウygなどはほぼほぼ動きがストップ。
2本目と3本目に見に行ったカエルアンコウは1cmも動いていませんでした笑

オオモンカエルアンコウは今日は大あくびを短時間に2回も。
もう完全にオフモードです笑

そして、これも水温の変化の影響かなと思う異様な光景が・・・。

え!?!?岩!?・・・・・いえいえ違います。
実はピンク色の部分はオニサザエの塊。初めは岩かと思いました(^^;)

数えてみると46匹。これが1m×50cmのスペースに。
おそらく産卵行動だと思いますが、初めて見ました。

明日はどうなっているのかちょっと気になります!!

他にもハチジョウタツなどマクロ生物がとても豊富〜〜♪

スケルトン仕様になっちゃいました。
お腹に卵がある時はあえてのこの撮り方も有りかも〜〜。ひとつ試したい事ができました!!

この水温であれば、もしかするとまたウミウシが元気になってくるかもしれません。極小ピカチュウなどまた探してみようかな〜〜。

今日は最近多いアカオビマツカサウミウシを発見!!

 

台風後のゴタゴタも落ち着き、水中も少しずつ落ち着きを取り戻してきています。
そろそろ南方種なども見つかるかな〜〜??

明日はなんとか水温が上がりますように。

本日のお写真は、MIYAZAKIさんにお借りしました。
素敵なお写真ありがとうございました。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ時々雨
  • 気温:27〜31℃
  • 水温:23〜28℃
  • 透視度:5〜8m
  • 波高:0.5〜1.0m

観察された主な生き物

オオモンカエルアンコウyg、コケギンポ、ウミテング、ジョーフィッシュ(黄色)、ジョーフィッシュ、アカオビマツカサウミウシ、オニサザエ(大集結)、カモハラギンポ (卵)、ハチジョウタツ、オオモンカエルアンコウyg、クマノミ(卵)、キンギョハナダイの群れ、ソラスズメダイの群れ、オトヒメエビ(抱卵)、コマチコシオリエビ、オオモンカエルアンコウyg(黒)

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, ハチジョウタツ, アカオビマツカサウミウシ, オニサザエ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド

真夏日ですね~。

快適水温、28℃です!

昨日の熱帯夜から、今日も真夏日の暑~い1日になりました。
台風の影響がまだ色濃く残る中、今日からダイビング再開です!!

水中は台風後の濁り水でまだ本調子とは言えませんが、水底まで28℃前後になり一気に快適になりました~。
寒さのストレスなく、とても快適に遊べる温度です♪ あとは透視度がぐんぐん良くなるのを待つばかりですね~(((^^)

さて、そんな今日の写真は小林さんにお借りした5点です。

まずは深場で無事を確認。オオモンカエルアンコウyg

今日は他にも3個体、カエルアンコウを確認できました。

こちらは抱卵中のオルトマンワラエビ。

同じく抱卵中のヒメイソギンチャクエビ。

そしてこれも抱卵中。アカホシカクレエビです。

砂地の様子が一変するほどの大うねりだったはずですが、みんなよくぞ耐えきってくれたものです。

耐えたといえばこちら。ミナミハコフグもあちこちで見かけています。

うねりが治まって生き物たちは再び元気よく動き出した感じで、明日以降、また新たな生き物が続々登場する予感です。

というわけで、小林さん、素敵なお写真、どうもありがとうございました。

さて、明日は何が見られるでしょうか?(^^)

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:26~31℃
  • 水温:27~28℃
  • 透視度:4~7m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

イサキ群れ、オオモンカエルアンコウyg、ビシャモンエビ、カモハラギンポ(抱卵)、ジョーフィッシュ、ウミテング、アカホシカクレエビ(抱卵)、ヒメイソギンチャクエビ(抱卵)、コクテンカタギ、テングチョウチョウウオ、コケギンポ、イロカエルアンコウyg、ハタタテハゼ、カゴカキダイ群れ、ハチジョウタツ、

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, ミナミハコフグyg, オルトマンワラエビ, アカホシカクレエビ, ヒメイソギンチャクエビ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド

調査ダイブ

台風明けのダイビング!

台風10号が過ぎ去り、再び穏やかな串本が戻ってきました!
今回は、何処にも被害が無くて一安心です(^^♪

さて、台風が過ぎ去った後の海ってコンディションが良くないので
まずは、調査がてらスタッフが本日潜ってきました!
水温は台風前と変わらずの暖かさを維持していましたが透明度がいまいち。
上は濁って見えず、下はそこそこ見えてる2層状態です。

早く混ざって平均的に落ち着いてくれると良いな。

また、アイドル達はほぼ健在でした!
飛ばされずに生き残ることもあるんですね(^^♪
それでは、本日の写真を載せたいと思います。

メジロダコ 貝の中にひっそりと隠れていました。

オオカイカムリ 久々に見つけました!

オオモンカエルアンコウ(赤) 傍に同じ大きさで別個体も居ました。

写真はボラバイトで来てるきみちゃんにお借りしました。
有難うございました!

明日からはゲストと一緒にダイビング!!
皆さんお待ちしておりま~~~す(^^♪

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:30℃
  • 水温:28℃
  • 透視度:5~8m
  • 波高:1m

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウ, メジロダコ, オオカイカムリ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド

荒れてきました

明日からクローズです!

台風10号が徐々に近づく中
本日も3ダイブしてきました。

前半は昨日とほぼ変わらない位でしたが
後半、うねりと風が上がり海が激変です!
これを機にアイドル達も居なくなってしまうので、悔いが無いように
全部見納めしてきましたが、内心はこの台風を乗り切ってくれたらいいなって思います!

それでは、こちらが本日の写真です。
ハチジョウタツ

イエロージョーフィッシュ

オオモンカエルアンコウyg

ウミテング

写真4点:ミカさん
有難うございました。

どれも貴重な生き物でした!
でも、台風後って新たな生き物がやってくるので
それも楽しみです(^^)

そして、明日からはクローズになります。
せっかくのお盆なのに残念です・・。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:雨のち晴れ
  • 気温:30℃
  • 水温:28℃
  • 透視度:5~10m
  • 波高:2m

観察された主な生き物

カモハラギンポ(卵)、オランウータンクラブ、オルトマンワラエビ、ツバメウオ、ヒョウモンウミウシ、ニラミギンポ、キンギョハナダイ、コガネスズメダイ

コケギンポ、オオモカエルアンコウyg、ガラスハゼ、ミナミハコフグyg、ジャパピグ、キサンゴカクレエビ、ジョーフィッシュ、キャラメルウミウシ、サメジマオトメウミウシ

オオモンカエルアンコウ、ノコギリハギyg、マアジ、ビシャモンエビ、イエロージョーフィッシュ、ウミテング、アカゲカムリ、キリンミノカサゴ

串本の生きもの

ウミテング, ジャパピグ, イエロージョーフィッシュ, オオモカエルアンコウyg

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前

次から次へと

9号の次は10号が!!

昨日で9号のうねりのピークが終わり
次は、10号のうねりがやってきました!!
今日は、まだ弱いうねりですが明日からどうなる事やらです。

そんな海況もあって、なるべく穏やかなポイントで潜ってきました。
透明度は昨日に比べ、表層のみ綺麗でしたが水底は相変わらずの濁りです。
今回の台風の力で、黒潮が近づいて一掃してくれたらいいな(^^♪

そんな本日の写真はこちらです。
オオモンカエルアンコウ このタイミングで発見!

ノコギリハギyg 下にはアカスジカクレエビも居ます!

イエロージョーフィッシュ 台風後も居ておくれよ!

写真3点:川原さん
有難うございました。

明日も頑張って船出しますよ!!
うねりなんてへっちゃらさ!!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:31℃
  • 水温:27℃
  • 透視度:5~10m
  • 波高:1.5m

観察された主な生き物

イエロージョーフィッシュ、オオモンカエルアンコウ、ミナミハコフグyg、ミナミギンポ、イラ、カンパチ、ウミテング、ヤハズアナエビ、コケギンポ、テンクロスジギンポ、アザハタ、クロホシイシモチ

ハチジョウタツ、ハナミノカサゴ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、ガラスハゼ、オオモカエルアンコウyg、キビナゴ、メジナ、ムロアジ、

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウ, イエロージョーフィッシュ, ノコギリハギ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前

うねりはあれど。

今日も生物たちは活発です。

今日も台風のうねりが続いていますが、水中はなんとか遊べるレベルで、撮影はそこそこに、時より襲ってくる揺れを楽しみながらの海中散歩でした。
うねりはあれど、生物は活発! ダイバーも元気に遊んでおりま~す(^^)

さて、そんな本日の写真は奥山さんにお借りした5点です。

まずはニラミギンポのお父さん。子育て忙しそうです。

こちらも卵を守るカモハラギンポのお父さん。

今日は備前でヒメウツボに遭遇。黄化個体出ないかなぁ~。

ボブサンウミウシは飛ばされない様、必死にしがみついてる感じでした。

最後は今夜ハッチアウトしそうなクマノミの卵。

うねりの中でも求愛や産卵など、あちこちで活発に行われてます。
生き物たちはホントたくましいですね~。

というわけで奥山さん、お写真どうもありがとうございました。

明日もうねりの様子を見ながらのダイビングになりそうです。
なんとか潜れると良いなぁ~。。。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:27~31℃
  • 水温:25~28℃
  • 透視度:5~8m
  • 波高:うねり2~3m

観察された主な生き物

クマノミ卵、クロホシフエダイ群れ、イサキ、カモハラギンポ(卵)、ニジギンポ(卵)、ジョーフィッシュ(口内抱卵)、ウミテング、ヤリカタギyg、オトメベラ(産卵)、アザハタ、ミナミハコフグyg、ニラミギンポ(卵)、メジナ群れ、アオサハギyg、ガラスハゼ、ボブサンウミウシ、マダライロウミウシ、ヒメウツボ

串本の生きもの

ニラミギンポ, ボブサンウミウシ, カモハラギンポ, クマノミ卵, ヒメウツボ

串本のダイビングポイント

住崎, 備前

いつまで行けるかな?!

徐々に激しくなってきました。

台風9号の影響によって、引き続きうねりが発生中です。
日に日に激しさが増してきてます!
うねり好きのゲストにはたまらない海況ですな(^^♪

逆に、写真の方は段々と撮りにくくなってきました。
それでも、負けじと本日もカメラを持って撮影されてるゲストも居ました。
こちらがその写真です!!
イエロージョーフィッシュ

ウミテング

オオモンカエルアンコウyg

写真3点:KOMADAさん
有難うございました。

写真のアイドル達も今回の台風が来たら見納めです
居てる今が見れるチャンスです!!
また、願うなら台風後も居て欲しいです!!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:30℃
  • 水温:27℃
  • 透視度:8m
  • 波高:2m

観察された主な生き物

ガラスハゼ、テングダイ、カモハラギンポ、ビシャモンエビ、ヒョウモンウミウシ、ジョーフィッシュ

ウミテング、イエロージョーフィッシュ、アカホシカクレエビ、ミナミハコフグyg、イラ、ヤハズアナエビ、ツバメウオ、モンハナシャコ、

オオモカエルアンコウ、ヒメイソギンチャクエビ、メジナ群れ、オトメベラ、ツバス、オルトマンワラエビ、クマノミ&卵、ミギマキ

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, ウミテング, イエロージョーフィッシュ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前

うねり再び。

9号のうねりが届いています。

今日もお天気は真夏の快晴で、気持ちいい?灼熱でした。
が、うねりが治まったと思った昨日から一転、再びうねりが増大(^^;
遥か洋上にある9号のものと思われるうねりが1日続きました・・・。

そんな状態の中、海中では比較的コンディションの良い岩場や、中層エリアなどでなんとか遊べています。ベテランダイバーの皆さんは、むしろ揺れを楽しんでいる方もいらっしゃいました。

そして生き物たちも、うねりに翻弄されているばかりではなく、ベラ系の集団産卵や、その卵を狙うメジナの群れとの攻防シーン、クマノミやギンポたちの保育シーンなど、生態シーンは盛り沢山でした。

さて、そんな本日の写真はKOMADAさんにお借りした4点です。

すっかりお馴染みイエロージョーフィッシュ。
台風のうねりで底揺れしててもしっかり開店してます。

卵を守るニラミギンポのお父さん。現在子育てに大忙しです。

こちらもニラミギンポ。3シーズン目の黄化個体です。

最後はクマノミの子育てシーン。クマノミ達もとても忙しそう(^^)

というわけで、KOMADAさん、お写真ありがとうございました。
そしてうねりの中での撮影、お疲れさまでした。

さて、明日もうねりは続きそうです(^^; でも頑張って潜りまーす!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:27~31℃
  • 水温:27~28℃
  • 透視度:5~10m
  • 波高:2m

観察された主な生き物

ジョーフィッシュ、ウミテング、クマノミ(卵)、ベニハナダイyg、ニシキベラ(産卵)&メジナ群れ、ブダイ産卵&メジナ群れ、アザハタ&キンメモドキ群れ、ビシャモンエビ、カモハラギンポ(抱卵)、ニラミギンポ(抱卵)、オトメベラ(産卵)、ニジギンポ(抱卵)、テンクロスジギンポ、コケギンポ、ミナミハコフグyg、イラ

串本の生きもの

ジョーフィッシュ, ニラミギンポ, クマノミ(卵), ニラミギンポ(黄化個体)

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前