スタッフブログ

バサラカクレエビ

とてもキレイな潮が入りました。

今日はお天気も良く、昨夜のうちにキレイな潮が入り込んで、海中はとてもクリアになりました。お昼前後は日差しも真上から入って、20m前後の視界になり、飛び込んだ直後は何とも爽快な気分でした。

さてそんな本日の写真は、はるなるさんにお借りした5点です。

住崎のとある場所に居るアザハタ。タテキンygが一緒です。

相方のアザハタにはクリーナーシュリンプが乗ってました。

こちらはノーマルカラーのコケギンポ。もあちこちに見られます。

小さなミスガイにも遭遇しました。

最後はバサラカクレエビ。南方種ですが頑張ってます。

冬本番の低水温で個体が減りつつあるので貴重なネタかも(^^)

他にもカエルアンコウygや、珍しいウミウシも盛りだくさんで、皆さん楽しく遊んで頂けた様です(^^)

というわけで、はるなるさん、お写真ありがとうございました。

さて、明日18日から21日まで、お店お休みを頂く事になりました。
ブログもしばしお休みになりますが、22日より営業を再開しますので、よろしくお願い致します。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:6~11℃
  • 水温:17℃
  • 透視度:15~20m
  • 波高:1~2m

観察された主な生き物

オオモンカエルアンコウyg、イロカエルアンコウyg、クダゴンベ、ボブサンウミウシ、ヤッコエイ、コホシカニダマシ、バサラカクレエビ、コケギンポ、アカゲカムリ、ミアミラウミウシ、ヒラメ、ウズラガイ、アザハタ、シマアジ群れ

ジョーフィッシュ、ウデフリツノザヤウミウシ(交接)、ミカドウミウシ、クマドリカエルアンコウyg、イロカエルアンコウyg、ミスガイ、メリベウミウシ、スルガリュウグウウミウシ、ムラサキウミコチョウ

串本の生きもの

コケギンポ, アザハタ, バサラカクレエビ, ミスガイ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド

そんなに仲いいの?!

仲良しな2匹に出会いました!!!

今日は西風が午後から吹く予報でしたが、意外と波は立たず串本エリアで2本潜れました。

海の中は透明度も良く気持ちがいい〜〜♪
水温も17度台とまだまだ暖かい日が続いています。

基本マクロ中心でのダイビングとなり、午前中はカエルアンコウやウミウシがたくさん!!
珍しいレンゲウミウシも生存を確認できました〜〜。

もうかれこれ2週間以上は同じ場所にいてくれています!!!
そして、いつの間にか名前が変わっていたウミウシ。

以前はホクヨウウミウシって呼んでたはずなんだけどな〜〜。
情報の更新が追いついてないです・・・・汗

そして、最終便では、面白いシーンに遭遇!!!
それは・・・ヒラメの上にヒラメ。

添い寝をしているようにぴったりくっついていました笑
一度下の大きな個体が泳ぎ始めたのですが、そこでも追っかけ続け、結局ず〜〜〜っと一緒にいました。

これは産卵の兆候なのかな??

最終的にはこんな感じ。全然フォーメーション変わっていません。

オシドリ夫婦です!!!この写真で見ると1匹に見えますよね〜〜。
それくらいぴったりくっついているんです。

そして、生き物だけでなく、時期的にそろそろ見頃を迎えそうなケヤリソウも出てきました。

この色彩いつ見ても綺麗だな〜〜♪

さて、明日は風も穏やかになる予報です。
1日楽しんできま〜〜す!!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:9〜12℃
  • 水温:17℃
  • 透視度:15m
  • 波高:0.5〜1.0m

観察された主な生き物

オオモンカエルアンコウyg、ウデフリツノザヤウミウシyg、イタチウオ、テングダイ、イサキの群れ、ヒメギンポ(婚姻色)、コガネミノウミウシ、キャラメルウミウシ、レンゲウミウシ、サガミアメフラシ、キヌハダウミウシ、アラリウミウシ、アザハタ、ニシドマリハナガサウミウシ、ヒラメ(ペア)、イロカエルアンコウyg、カゴカキダイの群れ、クマドリカエルアンコウyg、シマウミスズメyg

串本の生きもの

ヒラメ, ケヤリソウ, レンゲウミウシ, ニシドマリハナガサウミウシ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前

珍種なのか?

ヌメリテンジクダイ。

今日も空気は冷え込んで、時折雨も降りましたが、水中は問題なし。
午前中は外洋エリアで爽快なドリフトダイブもしてきました。

さて、写真の方はDAIMONさんにお借りした5点をご紹介します。

まずはヌメリテンジクダイというお魚。ガイドは初めて目にしました。

よく似た別種のサビクダリボウズギスモドキと迷いましたが、判定は名前にインパクトがない前者でちょっと残念(笑)
どっちにしろ絵にならないタイプのお魚でゲスト受けもイマイチでしたけど(((^^;

お次はスジタテガミカエルウオ。寒さで動きがとてもスローでした。

こちらはゾウゲイロウミウシ。1cmほどの極小サイズ。

久々の黄色いコケギンポは、ウ〇コ放出直前の体勢です(^^;

ラストはクマドリカエルアンコウyg 今日はすんなり見つかりました。

そのほか多数確認中のカエルygちゃんたちや、ウミウシも沢山の種類に遭遇しました。

というわけで、今日のお写真はDAIMONさんにお借りした5点でした。
どうもありがとうございました~。

さて、明日は午後からそこそこ荒れる予報です。
予定通り出港できます様に。。。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:曇り時々雨
  • 気温:5~9℃
  • 水温:17℃
  • 透視度:10~15m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

ヌメリテンジクダイ、クロホシイシモチ群れ、ハナミノカサゴ群れ、テングダイ、アオウミガメ、イセエビ、サクラミノウミウシ、ムチカラマツエビ、アカゲカムリ、センテンイロウミウシ

イロカエルアンコウyg、クマドリカエルアンコウyg、ハチジョウタツ(ジャパピグ)、コケギンポ、ウデフリツノザヤウミウシ、シロウミウシ、ヒメギンポ、クロイトハゼ、ハナハゼ、ジョーフィッシュ

ゾウゲイロウミウシ、ハチジョウタツ(ジャパピグ)、アカネコモンウミウシ、サラサウミウシ、スジタテガミカエルウオ、ソヨカゼイロウミウシ、イソコンペイトウガニ、ウデフリツノザヤウミウシyg、

串本の生きもの

コケギンポ, クマドリカエルアンコウyg, ゾウゲイロウミウシ, スジタテガミカエルウオ, ヌメリテンジクダイ

串本のダイビングポイント

グラスワールド, 備前, 北の根

ウミウシカクレエビ

水温17℃キープ。快適です。

今日は東風で一日穏やかな海況になりました。予報通り気温は低めでしたが、水中は今日も17℃と、2月にしてはとても快適です。

さて、写真の方は大上さんにお借りしたマクロ4点をご紹介します。

まずはリクエストのクマドリカエルアンコウ。かろうじて発見(^^;

こちらはキンギョハナダイ。目元が美しいおさかなですね~。

1cmのオオモンygも定着してくれています。

そして最後はウミウシカクレエビ。久々にペアに遭遇しました。

他にもこの季節らしい生き物が盛りだくさんの3ダイブでした。

というわけで、大上さん、ナイスフォトをありがとうございました~!

明日はお天気最高!! 海もさらに静かになりそうです。
何が見られるでしょうか~?

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:6~10℃
  • 水温:17℃
  • 透視度:10~12m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

オオモンカエルアンコウyg、ウデフリツノザヤウミウシ、ニラミギンポ、テンクロスジギンポ、イシダイ群れ、キビナゴ群れ、テングダイ、ムスメウシノシタ、ミドリリュウグウウミウシ、コケギンポ

イロカエルアンコウyg×2、ウミウシカクレエビ&ミカドウミウシ、クマドリカエルアンコウyg、ジョーフィッシュ、コケギンポ、キンギョハナダイ、ハチジョウタツ(ジャパピグ)、

オオモンカエルアンコウyg×3、コケギンポ、ウデフリツノザヤウミウシ、ホウライヒメジ群れ、スルガリュウグウウミウシ、サガミアメフラシyg、クロヘリアメフラシyg、コマチコシオリエビ

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, ウミウシカクレエビ, クマドリカエルアンコウyg, キンギョハナダイ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前

リベンジ

昨日のリベンジに行ってきました!!

今日も朝一は外洋へ行ってきました。
狙いは昨日に引き続きテングダイの群れ。

行ってみると今日は17枚ほどいてなんとかリベンジに成功しました〜〜。

全部一つにまとまってくれたらよかったのですが、なかなか言うことを聞いてくれず・・・MAXで12枚ほどの群れを撮っていただきました!!!

お昼からは近場でのんびりとダイビング。
カスザメを探しに行くも残念ながら外れ・・・でも、その代わりにこんな大物が登場しました!!!

泳ぎ立つ瞬間!!!これはすごい!!!
この躍動感たまりません♪

そして、帰り際にはイサキの群れも登場!!!


写真:KISHIさん

この後にはコブダイ、ホウライヒメジの群れなどなどワイドば海を堪能しました〜〜。

透明度もいいし水温も高いし、今のコンディション最高です。
潜りにくるなら今ですよ〜〜!!!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:7〜13℃
  • 水温:17℃
  • 透視度:15m
  • 波高:1.0m

観察された主な生き物

テングダイの群れ、ハナミノカサゴ、キホシスズメダイの群れ、クロヘリアメフラシ、タカサゴの群れ、オオモンカエルアンコウyg、ガラスハゼ、ブリ、アザハタ、ウデフリツノザヤウミウシ、ルージュミノウミウシyg、ミツイラメリウミウシ、コノハミドリガイ、ヒラメ、コロダイの群れ、サガミミノウミウシ、ホウライヒメジの群れ、コブダイ

串本の生きもの

テングダイ, イサキの群れ, ヒラメ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 二の根

透明度最高&ツアー報告

透明度良好でした〜〜。

透明度もよく気温もそこそこ高くて最高のコンディション。
朝一は外洋へ行ってきました!!!

この水の青さすごくないですか??

狙いのテングダイは残念ながら少ししかいませんでしたが、エキジット間際には大物が!!!

そして、2本目は別のサメ「カスザメ」を探しに。
こちらは出会うことができました〜〜。

透明度がいいのでカスザメが泳ぐ先まで見えてとても綺麗です♪

最後は今大量にいるホウライヒメジ。
こちらはまだまだ継続中です♪


写真:kISHIさん

そしてここからは昨日帰ってきたモアルボアル ツアーの報告を少しさせていただきます。

2月7日〜11日までの期間で開催していたモアルボアル ツアーの報告を簡単にさせてもらいます。

12名様のゲストさんにご参加いただいた本ツアー。
大勢でとても楽しく過ごせました〜〜♪

さすがリゾート地という感じで朝食のレストランは最高の雰囲気。

ダイビングでは、天気に恵まれない感じとなってしまいましたが・・・海はさすがの魚影。

モアルボアル で有名なイワシ(ミズン)の大群はすごい迫力!!!!
想像以上の多さと大きさでした驚

一瞬岩かと思うほどで、頭上に群れが来れば水中は暗くなる位。
この群れはすごかった〜〜。このボリュームは他では見られないかもしれません!!!

2日目以降に行ったペスカドール島では、洞窟があり、ハナダイが乱舞しとこちらもとても綺麗でした〜〜。

浅瀬にはハナダイが乱舞しているので安全停止も全然飽きなかったです。
安全停止中に撮ったこの写真は個人的に好きな1枚です。


写真:STAFF小池

他にもタイマイがたくさんいて下を見ればスズメダイの幼魚などワイド・マクロにとても面白い3日間でした〜〜。

今回ご参加いただいた皆様ありがとうございました!!!
毎年のことながら終わってしまうとすぐに次のツアーを考えてしまいます笑
来年はどこに行こうかな〜〜???

今回ツアーご参加いただいた皆様ありがとうございました。
来年のツアーもたくさんの皆様のご参加お待ちしております!!!

さて、6月は奄美大島ツアーも催行予定です。
2泊3日の短期ツアーでご参加いただきやすい日程となっておりますので、ぜひご参加のご検討よろしくお願い致します。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:15℃
  • 水温:17℃
  • 透視度:15m
  • 波高:1.0〜1.5m

観察された主な生き物

カスザメ、ハナミノカサゴ、キンギョハナダイ、エイラクブカ、ホウライヒメジ、テングダイ、ミギマキ

串本の生きもの

カスザメ, ホウライヒメジ, エイラクブカ, ミズンの群れ, メラティニアス・アンティアス

串本のダイビングポイント

住崎, 2の根

ひょっこりはん。

小雨の一日。でも海中は快適です。

今日は朝からシトシト雨スタート。午後には上がりましたが、晴れ間はほとんど出ない一日だったので、船上は久々に感じる寒さでした。
それでも水中は17℃以上で2月としては十分すぎる温度(^^) 今日も快適に潜れました。

さて、そんな本日の写真は、小林さんにお借りした「ひょっこりはん」3点です。

まずはクマノミ。冬はよくこんな風にイソギンチャクにくるまれてます。

お次はヒメゴンベ。背景が珍しいシチュエーションです。

最後はニラミギンポ。とある場所に2年ほど居る黄化個体です。

南方種たちを中心に、冬はこんな感じでじっと耐える生き物たちも多いですね~。
これから先、再び水温が下がるタイミングがまだありそうなので、頑張って耐え抜いて欲しいですね~(^^;

というわけで、小林さん、お写真どうもありがとうございました!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:雨のち曇り
  • 気温:5~10℃
  • 水温:17℃
  • 透視度:10~12m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

マダラエイ、クロホシイシモチ群れ、キンメモドキ群れ、ハナミノカサゴ群れ、テングダイ、クエ、スジアラ、イシダイ、ヒメゴンベ、クマノミ

クダゴンベ、オオモンカエルアンコウyg、イロカエルアンコウyg、スルガリュウグウウミウシ、アオウミガメ、キビナゴ群れ、シマアジ群れ、ニラミギンポ

クマドリカエルアンコウyg、イロカエルアンコウyg、ジョーフィッシュ、カゴカキダイ群れ、ウデフリツノザヤウミウシ、キヌハダウミウシ、

串本の生きもの

ニラミギンポ, クマノミ, ヒメゴンベ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 北の根

1月のフォトギャラリー

カエルアンコウ祭りの1か月でした。

毎月、各月ごとに素敵な写真を選りすぐってギャラリーを作成していきます。今回は2019年1月のフォトギャラリーです。

2019年1月は、黒潮の大蛇行が続く中、クマドリ、オオモン、イロカエルアンコウの幼魚が多数出現した1か月でした。

プチ寒波到来。

-38℃ってどんな世界だろう。

北海道で-38℃のニュースが話題になっていましたが、海水が凍らないのかと疑問に思っちゃいますね。
対して串本の今日は、北海道より48℃暖かい気温10℃と、これでも予報通りの冷え込みになり、陸上は久々に寒く感じましたが、風も波も穏やかで、終わってみればとても潜り易いコンディションの一日でした。

水中も17~18℃と快適温度が続いて、透視度も変わらず良好です。昨晩から少し浮遊生物の多い潮が入って来ている様で、じんわり流れの中にクラゲやサルパをよく見かけました。

去年もこの時期多かったハナガサクラゲ。とても綺麗なクラゲです。

オーソドックスカラーのコケギンポはあちこちに定着中。

低水温期真っただ中という事で、ウミウシも種類、個体数、共にじわじわと増えてきました。

最近移動している所をよく見るヒロウミウシや、

ヤギに着生するタイプのセスジスミゾメミノウミウシ、

キレイなミアミラウミウシもぽつぽつ出現中。

そのほか、今日もたくさんのウミウシに遭遇しています。

という事で、今日の写真はNORIさんにお借りした5点でした。
NORIさんどうもありがとうございました~。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:5~10℃
  • 水温:17~18℃
  • 透視度:12~15m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

クマドリカエルアンコウyg、イロカエルアンコウyg、ジョーフィッシュ、コケギンポ、キイロイボウミウシ(産卵)、キャラメルウミウシ、ミカドウミウシ、セスジスミゾメミノウミウシ

アオウミガメ、オオモンカエルアンコウyg、ウデフリツノザヤウミウシ、ヒラツヅレウミウシ、イソコンペイトウガニ、ニラミギンポ、ミナミハコフグyg、キビナゴ群れ&ツバス群れ、テンクロスジギンポ

クダゴンベ、ミツイラメリウミウシ、オオモンカエルアンコウyg、イロカエルアンコウyg、タテジマヤッコyg、クエ、ホラガイ(捕食)、ムラサキアミメウミウシ、ホウライヒメジ群れ、コマチコシオリエビ

串本の生きもの

ミアミラウミウシ, コケギンポ, ハナガサクラゲ, ヒロウミウシ, セスジスミゾメミノウミウシ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前

体長1cm

今日もチビカエルがいっぱい。

今日は午前中雨が続き、一日曇りがちな空でしたが、海中は昨日と変わらず状態良好で、快適に遊べています。

各ポイントで今日もチビカエルアンコウがたくさん見れてます。

イロカエルアンコウyg ちっちゃ~。

白いオオモンyg 今日は背景キレイな所に引っ越してました。

一昨日発見のピンクのオオモンyg 体長1cmです。

そのほか、とても強気で元気なチビジョーフィッシュや、

今日もヒメギンポの産卵シーンに出くわしました。

そんな感じで、カエルアンコウをはじめ、マクロ盛りだくさんの3ダイブでした。

という事で、本日の写真はナースさんにお借りしました~。
ステキなお写真どうもありがとうございます。

さて、明日は寒さは戻りますが、天気は一気に回復して海も穏やかそうです。
例年より温度急上昇中の快適な18℃の串本へ是非潜りに来てください(^^)

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:雨のち曇り
  • 気温:7~11℃
  • 水温:17~18℃
  • 透視度:10~12m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

イロカエルアンコウyg、オオモンカエルアンコウyg、ヒョウモンウミウシ、ミカドウミウシ、ジョーフィッシュ、コケギンポ、クマドリカエルアンコウyg、ミドリリュウグウウミウシ、クロヘリアメフラシyg

オオモンカエルアンコウyg、イロカエルアンコウyg、ツバメウオ、コケギンポ、クダゴンベ、ウデフリツノザヤウミウシ、ヒメイソギンチャクエビ、ムラサキウミコチョウ、ヒラメ、ホウライヒメジ群れ

串本の生きもの

ジョーフィッシュ, オオモンカエルアンコウyg, イロカエルアンコウyg, ヒメギンポ(産卵)

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド