衝撃の光景。

強風&大雨の内浦ビーチへ。

今日は一日中風が強く、大粒の雨が絶えず降り続けました。
透視度への影響が心配でしたが、連日お世話になっている須江の内浦ビーチは、ここ数日で一番視界がクリアでした。

という事で、今日も砂地大好きスナジーさんと4度目の内浦ビーチ探索ダイブです。

まずは深場のエリアを探索中に、オオウミウマを発見。
昨日は会えなかったので、スナジーさん大喜びでした。

今日はマトウダイの子供も見つけました。体長7cmほど。

今季は紀伊半島全体で例年より低めの水温なので、広いエリアから凍死してしまった生物の話を聞きますが、このビーチでも寒さで死んでしまったお魚由来の出来事によく遭遇しました。

まずはメジロダコ。死んでしまったイシモチを食べてました。

普段は素早いイシモチを捕まえる事は出来ないはずです。低水温に強い生き物たちにとっては、お腹いっぱい食べられるチャンスなんでしょうね。

そして普段は砂地に潜って全身をさらす事が珍しいダイナンウミヘビ。
なんとアジを咥えたまま絶命している衝撃の光景です・・・。

アジのサイズを見誤って、喉に引っ掛かり吐き出せなかったんでしょうね。
でも表情がひょうきんで嬉しそうにも見えたりして・・・(^^;

ビーチの浅瀬には大型のテーブルサンゴが多数あり、安全停止中もこんな景色を楽しめます。

ほんと何でも揃うスーパービーチですね~。
内浦ビーチは今月末まで開放中ですよ~!

というわけで本日もスナジーさんにお写真お借りしました!
6日間のロングステイ、どうもありがとうございました。

さて、明日は西風に変わり、海は少し荒れそうです・・・。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:雨
  • 気温:5~9℃
  • 水温:14.5℃
  • 透視度:10~12m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

マアジ大群、カスザメ、ウミテング、メジロダコ(捕食)、スナダコ、クルマダイ、オオウミウマ、マトウダイyg、ムラサキハナギンチャク、ダイナンウミヘビ(捕食)、イロカエルアンコウyg、ミヤコウミウシ、ムレハタタテダイ

串本の生きもの

キンギョハナダイ, マトウダイyg, オオウミウマ, メジロダコ(捕食), ダイナンウミヘビ(捕食)

串本のダイビングポイント

内浦ビーチ