串本の生きもの / クロホシイシモチ(口内哺育)

プラス要素

水温が上昇しました〜〜。

台風20号の影響がなかなか癒えない海ですが、
回復の傾向として、一先ず水温が回復〜〜。

そこまで25〜26度と快適な水温となりました!!!
あとは、良い潮が入ってくれるのを待つばかりですね!!

プラス要素があった今日は快適にダイビングができました。
でも、やっぱりマクロが中心に・・・。

各ポイントの既存組の安否が心配でしたが、ギンポ系など穴の中で暮らしている生き物は残っていました。

フジツボの狭いスペースで耐えてたのかな〜〜??
健気な子です。

台風中もしっかりと卵を守っていたクロホシイシモチも徐々に通常の生活に戻りつつあります。

群れの中でよ〜〜く見ると、2匹が寄り添ってペアに。
一見無造作に群れているようですが、ちゃんとペアになっているんです。

これから海が落ち着いてきて、色々な生き物も出てくるはず。
早くいつも通りの串本の海になって欲しいな〜〜。

明日はどんなプラス要素があるか期待ですね〜〜。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:26〜30℃
  • 水温:24〜27℃
  • 透視度:3〜5m
  • 波高:1.0m

観察された主な生き物

キンチャクダイyg、ボウズコウイカ、ニラミギンポ、メジナの群れ、キンメモドキの群れ、アザハタ、ミナミハコフグyg、ヤッコエイ、ヒョウモンウミウシ、イセエビ、アカホシカクレエビ、アライソコケギンポ、クマノミ(卵)、クチナシイロウミウシ、イガグリウミウシ、ジョーフィッシュ、ワニゴチ、ヒレナガカンパチ、ツバス、キビナゴの群れ、マツバギンポ、イワアナコケギンポ、イソギンチャクモエビオキナワベニハゼ、クロホシイシモチの群れ、

串本の生きもの

マツバギンポ, クロホシイシモチ(口内哺育)

串本のダイビングポイント

住崎, 備前