串本の生きもの / セミホウボウ

ニシキフウライウオ

旬ネタを中心にパトロールしてきました。

2月という事で、気温、水温ともに最低温度に近く、朝は水槽に薄氷が張る程の寒さですが、海中は変わらずコンディション良好(^^♪ 海はやや風が強くなる時間帯がありましたが、予報よりも静かで快適でした。

そんな本日は、なんとゲスト1名様の貸し切り状態(^^) アミハタで入って住崎で浮上や、備前で入ってグラスで浮上、などなど、マンツーマンでじっくり、ゆっくり、旬ネタを網羅すべく潜り廻ってきました~!

写真はDAIMONさんにお借りした、力作マクロ6点です。

まずは深場ネタ、アヤトリカクレエビ。よく見ると2匹居ます。

こちらはピンク→褐色→オレンジを経て、赤へと変色したオオモンyg

ホームエリアでは珍しいセミホウボウ。立派な成魚でした。

こちらはミギマキのお子様。冬の旬ネタのひとつです。

アミハタでは、珍しいヨコシマエビに遭遇しました。

最後は貴重なニシキフウライウオ。しっかり定着してくれています。

以上、ダイビングの前後は冷えますが、水中はそんな事も忘れるほど、視界良好&生物満載なので、ついついロングダイブになってしまいます(((^^;
こんなパターンで遊べるのも、この時期ならではの贅沢かもしれませんね。

というわけで、DAIMONさん、お写真どうもありがとうございました。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:2~9℃
  • 水温:17~18℃
  • 透視度:15~20m
  • 波高:1~2m

観察された主な生き物

クマドリカエルアンコウyg(白)、クマドリカエルアンコウyg(黒)、オオモンカエルアンコウ、クダゴンベ、アヤトリカクレエビ、シンイボテガニ、ゴシキエビyg、ミギマキyg、ハチジョウタツ、ホウライヒメジ群れ。ナンヨウハギ

ケラマハナダイ群れ、ヒトデヤドリエビ、ミナミクモガニ、ヨコシマエビ、ニシキフウライウオ、クロアナゴ、ボンボリイロウミウシ、モンガラカワハギyg、カンザシスズメダイyg、サガミアメフラシyg

ホタテツノハゼ、ヤノダテハゼ、オオモンカエルアンコウyg、セミホウボウ、チンアナゴ、アオウミガメ、タテジマキンチャクダイyg、ワライヤドリエビ、クボミサンゴヤドリガニ、ウデフリツノザヤウミウシ

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, ニシキフウライウオ, アヤトリカクレエビ, セミホウボウ, ミギマキyg, ヨコシマエビ

串本のダイビングポイント

住崎, アミハタ→住崎, 備前→グラスワールド

ムラサキウミヘビ

今日は内浦ビーチ遠征ダイブでした。

今日は強い西風予報だったので、前日のうちに無難に静かな内浦ビーチへ遠征を決めて、マンツーマンでまったり2ダイブ潜ってきました~。

内浦ビーチと言えばまずはマアジの群れ! 今季もポイント全域に超大群が見られます。ムツやイシモチ、今日はクロサギの大群もボリューム満点でした。

そして内浦の砂地の珍生物捜索も楽しみの一つなんですが、こちら、

タマガワコヤナギウミウシ。ガイド自身初見のウミウシでした。

定番のセミホウボウはくっついてペアで移動中~。

そして深場の珍種、オナガウツボ。アナゴにも見えるウツボです。

ついでに見つけたムラサキウミヘビ。ウツボにも見える珍種のアナゴ(笑)

といった感じで砂地探索、今日も楽しかったなぁ~。
内浦ビーチは3月末まで開放中です(^^)

というわけで、本日の写真は、はるなるさんにお借りした5点でした。
どうもありがとうございました。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:5~12℃
  • 水温:17~18℃
  • 透視度:10~12m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

マアジ大群、ムツ群れ、イシモチ群れ、クロサギ群れ、マトウダイ、ヒラメ、ハナゴンベyg、ダイナンウミヘビ、セミホウボウ、ホシテンスyg、イッテンアカタチ、ササハゼ、タマガワコヤナギウミウシ、オナガウツボ、ムラサキウミヘビ、ハモ、ハクセンアカホシカクレエビ、カスリハゼ、ダスキースリパーゴビー、ゼブラガニ、タナバタウオ、クマドリカエルアンコウ、ギンガメアジ

串本の生きもの

セミホウボウ, マアジ群れ, オナガウツボ, ムラサキウミヘビ, タマガワコヤナギウミウシ

串本のダイビングポイント

内浦ビーチ(須江)

強風

久々の大荒れ!

冬の西風は、かなり激しい!!
朝一の1本目はまだ落ち着いていましたが
時間が経つにつれ、強風になり久々の大荒れ!
船のラダーに捕まるのも一苦労でした。

なので後半は、風の影響を受けないサンビラへ
かなり落ち着いてて快適快適(^^♪
しかも、砂地で偶然にもツバクロエイにも遭遇!
これは、水温が下がってきた証拠ですね。

それでは、本日の写真です。
クダゴンベ このシチュエーションに興奮しました。

セミホウボウ ヒレが全開だと綺麗だったのにな。

ミスジスズメダイyg とっても撮りやすい個体でした。

キンチャクガニ 外洋に行かなくても見れちゃいます!

写真4点:ハナゴンベさん
有難うございました。

サンビラをもっと探求したら面白い生き物が隠れてそうだな!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:11℃
  • 水温:20℃
  • 透視度:12~15m
  • 波高:1.5~2m

観察された主な生き物

マダラハナダイ、オオモカエルアンコウyg、ニシキフウライウオ、ヤッコエイ、テングダイ、クダゴンベ、ノコギリハギyg、フィコカリス・シムランス、ヒメウツボ
ナカソネカニダマシ

ホホスジタルミyg、ハタタテハゼyg、ハナゴンベ、キミシグレカクレエビ、ニジギンポ、コホシカニダマシ、モンハナシャコ、キンギョハナダイ、シマキンチャクフグ、ミツボシクロスズメダイyg

ヒレナガハギyg、ハナハゼ、ノコギリハギyg、ミスジスズメダイyg、シチセンチョウチョウウオ、イッチンチョウチョウウオ、イソギンチャクモドキカクレエビ、ツバクロエイ、ミアミラウミウシ

串本の生きもの

キンチャクガニ, クダゴンベ, ミスジスズメダイyg, セミホウボウ

串本のダイビングポイント

住崎, 備前, サンビラ

冬の暴風

内浦ビーチに遠征してきました。

昨夜からの強風が続き、今日は串本エリアはクローズに・・・。
という事で、風影の須江、内浦ビーチへ遠征してきました。

まずは泥砂エリアのイトヒキハゼ。

こちらはヒメイカ。背中の吸盤で海藻に引っ付き中。

セミホウボウygもあちこちで見かけました。

砂地探索楽しいですね~。

話題のメアジ玉やアジの大群にブリが突っ込んだり、マトウダイがしつこく追い回していたり、中層の群れも健在でした。

最後は浅い敷石エリアで、イロカエルアンコウyg発見や、

ヒメコウイカの捕食シーンに遭遇したりと、

ラッキーな出来事も盛りだくさんでした(^^)

というわけで、今日の写真は久々登場、烏賊蔵さんにお借りしました。
どうもありがとうございました~~!

さて、明日は少し風が治まる予報です。
串本エリアで潜れるかなぁ~。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:4~8℃
  • 水温:16~17℃
  • 透視度:8~12m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

マアジ&メアジ大群、カスザメ、セミホウボウyg、ヒメイカ、イトヒキハゼ、ダスキースリーパーゴビー、イッテンアカタチ、タツノイトコ、ミスガイ群れ、トゲカナガシラ、トビエイyg、コケギンポ、ウミスズメyg、ヒメコウイカ、イロカエルアンコウyg、ヒラメ

串本の生きもの

イロカエルアンコウyg, ヒメイカ, セミホウボウ, ヒメコウイカ, イトヒキハゼ

串本のダイビングポイント

内浦ビーチ