月別アーカイブ: 2019年1月

2泊3日の国内ツアー

奄美大島で潜ろう!!

今年は国内ツアーを企画しました。

2泊3日の土日を挟んでのツアーになります。
1日休みを取って頂けれたら、誰でも気軽に参加できるようになっています^^♪

そんな奄美大島といえば、なんといってもミステリーサークルです。
アマミホシゾラフグ自体は夜行性ですが、運がよければ日中に出会えることも!

その他にはハゼやウミガメなどマクロからワイドまで幅広くボートポイントは堪能できます

また、この時期のビーチはウミウシワールド!!
南方種から本土のウミウシまで様々な個体を見ることができ

夜はニシキテグリの産卵シーンなど見れるポイントもあります。

短い日程ですが、充実した濃いツアーになっております(^^♪
皆さんのご参加お待ちしております。

奄美大島ダイビングツアー

 

日程 2019年6月22日(土)~24日(月)
内容 2泊3日、1ビーチダイブ+4ボートダイビング
※初日の夜にオプションでナイトダイビングも開催可能。
最大6ダイブできる内容です。
客室 ツインルーム(シングル要相談)
定員 10
価格 お問い合わせください。
※2019年2月末に詳細が決まり次第、お知らせ予定です。
申込期限 5月1日(水)※状況によっては変更する場合もございます。
特典 参加者特典あり(当店ボート券など)

ご予約、お問い合わせなど、詳しくはスタッフ川嶋まで~!!!

穏やか〜〜。

やっと冬の嵐も落ち着き穏やかな海でした♪

今日は天気、海況ともに最高の1日。
冬の嵐もひと段落といった感じです。

今日はショップ様がご来店いただき、スタッフも便乗して潜ってきました。
今旬のネタを確認しつつ、スタッフはそれぞれ「ある事」に向けて写真を撮影。

2月中にはその「ある事」を形にしたいと思っています!!

昨日同様シロクマくんの定点観測をしてきました。
チビクマは今のところ行方を眩ましていて、また捜索が必要。

そして、ウミウシもとても豊富♪
例年ではあまり見ないウミウシが色々と見られるようになりました。

アカネコモンウミウシ。いつもはそれほど数が多くないですが、今年は比較的多め。

そして、こちらも普段はあまり目にしないかな??
シボリイロウミウシ。


写真:STAFF島野

ぱっと見コールマンウミウシと似ているのですが、黒線が3本で背面に黒色のくすみがあるのが特徴だそうです。ちなみにコールマンは線が3本〜5本で黒線の間に黄色のエリアが入ることが違いだそう。

ウミウシも奥が深いです。

マクロ以外にもテングダイや住崎で異常に群れているホウライヒメジなどなどワイドネタもあります!!!

にしてもあのホウライヒメジの群れ方はなんなんだろう??
繁殖行動??にしては婚姻色や求愛見れないしな〜。

観察が必要です。

明日は久々の雨予報。
天気が崩れるのは嫌ですが、湿度も低い日が続いていたし恵の雨となりそうですね。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:4〜13℃
  • 水温:16℃
  • 透視度:10〜12m
  • 波高:0.5m

観察された主な生き物

ホウライヒメジの群れ、テングダイ、ガラスハゼ、オオモンカエルアンコウyg、クダゴンベyg、コケギンポ、マツバスズメダイygの群れ、ジョーフィッシュ、クマドリカエルアンコウyg、イロカエルアンコウyg、アカネコモンウミウシ、シボリイロウミウシ、ミツイラメリウミウシ、クマドリカエルアンコウyg、ジャパニーズピグミーシーホース

串本の生きもの

クマドリカエルアンコウyg, シボリイロウミウシ, アカネコモンウミウシ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド

冬の醍醐味

マンツーマンでじっくりフォトダイブしてきました!!

今日は風も落ち着き串本エリアでダイビング。
マンツーマンでじっくりとフォトダイブしてきました!!

僕としてはいつもながらですが、マクロづくしで2本!!笑
ウミウシからカエルアンコウそしてジャパピグまで撮影していただきました!!

まずはリクエストをいただいていたカエルアンコウからスタート。
今まで安定して定着していたオオモンカエルアンコウygが今日は少し移動していました。

移動した事によって綺麗なシチュエーションに!!!
隣にあるトゲトサカがとても綺麗です♪

そして、人気のクマドリカエルアンコウもまだ健在です!!

今日は大きめの個体を観察してきました!!少しずつカエルアンコウも移動してきているみたいなので、カエルアンコウ祭りもいつまで続くのか分からなくなってきました。

もちろんカエルアンコウ以外にも被写体満載。
今年はケヤリソウがすでに生えてきていていいアクセントとなってくれます。

極小ピカチューとケヤリソウめっちゃ綺麗です♪
これからの時期は海藻も絡めての撮影がいいかも〜〜。

極小といえばこちらも。大きさ5mmほど。

ジャパニーズピグミーシーホース。
ラッキーな出会いでした〜〜♪

その他サガミアメフラシなど季節の風物詩が出始めてきています。

もう一回りサイズが小さいと可愛さ倍増なんだけどな〜〜。
今年は大きい個体が多いです。

これも黒潮の影響なのかな〜〜??
明日も串本エリアで潜れそう。午後からは風が強くなるようなので午前中勝負かもしれません。

本日のお写真はTAKAさんにお借りしました。
素敵なお写真ありがとうございました。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:4〜13℃
  • 水温:16℃
  • 透視度:10m
  • 波高:0.5〜1.0m

観察された主な生き物

オオモンカエルアンコウyg、クダゴンベyg、ウデフリツノザヤウミウシ、スイートジェリーミドリガイ、ミツイラメウミウシ、イガグリウミウシ、コケギンポ、ジャパニーズピグミーシーホース、クマドリカエルアンコウyg、サガミアメフラシyg、マツバギンポ

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, クマドリカエルアンコウyg, ジャパニーズピグミーシーホース, サガミアメフラシ, ウデフリツノザヤウミウシyg

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド

mission complete!!

今日は須江へ逃避行してきました。

今日は土曜日のような冬の嵐となり、串本エリアはクローズ・・・。
お隣の須江へ行ってきました!!

今日はミッションありでのダイビング!!
そのミッションとは土曜日に見つかったイロカエルアンコウygの捜索。

発見時に目印としていた岩が行方不明になり迷宮入りしかかっていた為、今日再捜索へ行ってきました。

今日は目印となる岩はすぐに見つかり幸先のいいスタート!!!
・・・・と思いきや・・・肝心のイロカエルアンコウがなかなか見つからない・・・汗

2本でトータル40分捜索の末、諦めかけた時・・・・ついに見つかりました!!!!執念の勝利って感じかなあ〜〜(^^)

他にも、今大量発生中のミスガイの群れ(?)にも会ってきました!!

かなりの個体数がいるので、もしかするとヒメヤカタガイという近似種も混じっているのではという話だったのですが、今日はすべてミスガイでした。

その後、大量のミスガイを見ながら泳いでいると・・・個人的には見たことがなかったウミウシが!!!コアカリュウグウウミウシというウミウシです。

黒潮の影響がある温帯域に生息するウミウシだそうで、須江の環境がピッタリみたいです!!コミドリリュウグウウミウシと同じ生息域にいることもあるそうなので串本エリアでも見られるかもしれません!!!

最後は、こちらも今日はたくさん一箇所に固まっていた魚!!!・・・・の一部。ご存知の方も多いのではないでしょうか??

正解は・・・・サツマカサゴでした!!
普段は岩のような色合いで地味なのですが、泳ぐとヒレの裏側の綺麗な色彩を見せてくれます!!!

綺麗と言えばこちらも。


写真:STAFF小池

須江ではとても多く生えていました!!
真っ白でとても綺麗です♪

とこんな感じでミッションをなんとかコンプリートしつつ遊んできました〜〜。
明日は少し風も落ち着く予報。

串本エリアでダイビングできるかな??

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:曇り時々晴れ
  • 気温:4〜14℃
  • 水温:16.6℃
  • 透視度:10m
  • 波高:0.5m

観察された主な生き物

メアジの群れ、マアジの群れ、ダイナンウミヘビ、サツマカサゴ、ヒメホウキムシ、コアカリュウグウウミウシ、クサハゼ、マトウダイ、イロカエルアンコウyg

串本の生きもの

イロカエルアンコウyg, ミスガイ, サツマカサゴ, ヒメホウキムシ, コアカリュウグウウミウシ

串本のダイビングポイント

内浦ビーチ(須江)

ハチジョウタツ

2日ぶりにホームの海へ。

今日は西風が少し落ち着いて、2日ぶりにホームの海へ入りました。
水中は若干プランクトン多めの潮色でしたが、穏やかで楽しく潜れています。

さて、好調のカエルygたちは今日もあちこちで観察されています。種類もサイズもカラーも様々で、グラスワールドではオレンジ色の幼魚が2パターン定着中です。

3cmのオオモンカエルらしき幼魚と、

1cmほどのイロカエルらしき幼魚。

その他、ピンクや白のオオモンカエルyg、紅白クマドリygも健在でした。

イソギンチャクモエビ。美背景でイイ感じでした。

コマチコシオリエビはこの季節でも抱卵してました。

ジャパピグことハチジョウタツも抱卵中かな?定着個体増えてます。

そのほか、ピカチュウはあちこちで大量発生中! ウミウシ、アメフラシygなどもどんどん増えてきていますよ~。

というわけで、今日も写真は烏賊蔵さんにお借りしました。
烏賊蔵さん、どうもありがとうございました。

さて、明日は再び西風が強まる予報で、クローズ濃厚な雰囲気です(((^^;

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:4~10℃
  • 水温:16~17℃
  • 透視度:8~12m
  • 波高:1~2m

観察された主な生き物

テングダイ、ツバメウオ、オオモンカエルアンコウyg、クダゴンベ、イロカエルアンコウyg、クマドリカエルアンコウ、チョウチョウコショウダイyg、コマチコシオリエビ、ニジギンポ、クロヘリアメフラシyg、クロホシイシモチ大群&ヒラメ、ムツ群れ、ハチジョウタツ、ウデフリツノザヤウミウシ、ジョーフィッシュ、ミドリリュウグウウミウシ、サガミリュウグウウミウシ、アカゲカムリ、マツカサウオyg、ニラミギンポ、ミナミハコフグyg

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, イロカエルアンコウyg, イソギンチャクモエビ, コマチコシオリエビ, ハチジョウタツ(ジャパピグ)

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前, サンビラ

冬の暴風

内浦ビーチに遠征してきました。

昨夜からの強風が続き、今日は串本エリアはクローズに・・・。
という事で、風影の須江、内浦ビーチへ遠征してきました。

まずは泥砂エリアのイトヒキハゼ。

こちらはヒメイカ。背中の吸盤で海藻に引っ付き中。

セミホウボウygもあちこちで見かけました。

砂地探索楽しいですね~。

話題のメアジ玉やアジの大群にブリが突っ込んだり、マトウダイがしつこく追い回していたり、中層の群れも健在でした。

最後は浅い敷石エリアで、イロカエルアンコウyg発見や、

ヒメコウイカの捕食シーンに遭遇したりと、

ラッキーな出来事も盛りだくさんでした(^^)

というわけで、今日の写真は久々登場、烏賊蔵さんにお借りしました。
どうもありがとうございました~~!

さて、明日は少し風が治まる予報です。
串本エリアで潜れるかなぁ~。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:4~8℃
  • 水温:16~17℃
  • 透視度:8~12m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

マアジ&メアジ大群、カスザメ、セミホウボウyg、ヒメイカ、イトヒキハゼ、ダスキースリーパーゴビー、イッテンアカタチ、タツノイトコ、ミスガイ群れ、トゲカナガシラ、トビエイyg、コケギンポ、ウミスズメyg、ヒメコウイカ、イロカエルアンコウyg、ヒラメ

串本の生きもの

イロカエルアンコウyg, ヒメイカ, ヒメコウイカ, イトヒキハゼ, セミホウボウ

串本のダイビングポイント

内浦ビーチ

12月のフォトギャラリー

豊かな生物層を楽しめた1ヶ月でした。

毎月、各月ごとに素敵な写真を選りすぐってギャラリーを作成していきます。遅くなりましたが、今回は2018年12月のフォトギャラリーです。

2018年12月は、カラフルな南方種たちと冬の生物たちが多数出現して、バリエーション豊かな生物層が楽しめた1ヶ月でした。

また増えた!!

絶賛お祭り開催中です!!

1月も後半となり、昨年同様水温がジリジリと下がってきていたのですが、
今日は水温がやや上昇♪

お昼からの便では水温が17度に!!
昨日に比べると魚達もやや元気だった気がします。

今日はショップさんに便乗して調査ダイビングへ。
クマドリカエルアンコウygは相変わらず健在で定着してくれた様子です。

そのあとうろうろしているとまたまた新たなカエルアンコウが登場!!!

大きさ2〜3cmくらいの可愛い個体でした〜〜。
これで、何匹目なんだろ・・・??

岩肌を見ている時は一時も気が抜けない。他にもまだまだいるんだろうな〜〜。
カエルアンコウ祭りはいつまで続くのか楽しみです♪

そしてお祭りといえば、お祭り騒ぎになっている場所に遭遇。

今年はピカチュウもとても多く1ダイブで10匹以上見られる事も笑
今日は、文字通り三角関係となっていました。

その下にもまだたくさんいるのになんでこんな戦いを・・・。

ウミウシも増えてきてこれからお祭り状態になりそうです。

お祭り状態となっている生き物の一方で心配なのが南方種。
今の所はタテジマキンチャクダイなどまだまだ元気ですが、いつ弱ってしまうか分かりません。

元気なうちに撮らなければ!!という事で撮ってきました。

今年はカエルアンコウの当たり年。
カエルアンコウが見たい方は今がチャンスですよ〜〜〜!!!

しばらく西風が続くようですが、冬将軍には負けずに潜るぞ〜〜。
これからの時期の平日はゆっくり潜るのには最適なシーズンです。

みなさん遊びにきてくださいね〜〜。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:8〜12℃
  • 水温:16〜17℃
  • 透視度:10m
  • 波高:1.5m

観察された主な生き物

ツバメウオ、オオモンカエルアンコウyg、クダゴンベyg、コケギンポ、ウデフリツノザヤウミウシ、ホウライヒメジの群れ、ウスアオミノウミウシyg、サクラダイyg、スジハナダイyg、ジョーフィッシュ、クマドリカエルアンコウyg、タテジマキンチャクダイyg、サラサエビ、ガラスハゼ

 

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, クマドリカエルアンコウyg, タテジマキンチャクダイyg, ウデフリツノザヤウミウシyg

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド

2年目の冬。

しばらく冬型のお天気が続きそうです。

昨日から冬型のお天気が続いています。今日もやや波気のある海況になり、午後の便はクローズになりました。底揺れが入った影響もあって、水もやや濁りましたが、今日も生き物は豊富で、ヒメギンポの産卵に出くわしたりと、海中はまだまだ賑やかです。

さて、そんな今日は人気のちびカエルアンコウ達を軸に、フォト派のゲストとじっくりと遊んできました。

まずはクマドリカエルアンコウ。定位置で逆立ち姿勢でした(^^)

お次はアカスジウミタケハゼ。例年より多かった種類です。

冷水は苦手なチョウチョウコショウダイ。頑張ってくれています。

モンジャウミウシはちょっと珍しい種類です。

最後は定番のジョーフィッシュ。よく出てくれている個体です。

低水温で引きこもりがちなお魚が多くなってきましたが、まだまだ元気な奴らも多いです。
昨年同様、黒潮は離れたままで、ついに2年目の冬に突入してしまいましたが、その分面白い変化が見られる事に、今後はちょっぴり期待してみます(^^)

というわけで、今日の写真はARAKIさんにお借りした5点でした。
ARAKIさん、どうもありがとうございました。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:5~10℃
  • 水温:16.5℃
  • 透視度:8~10m
  • 波高:2~3m

観察された主な生き物

クマドリカエルアンコウyg、イロカエルアンコウyg、ヒメギンポ(産卵)、ムラサキアミメウミウシ、モンジャウミウシ、ガラスハゼ、コケギンポ、ジョーフィッシュ

チョウチョウコショウダイyg、アカスジウミタケハゼ、ヒロウミウシ、テンクロスジギンポ、ウデフリツノザヤウミウシ、クマドリカエルアンコウyg、ニラミギンポ

串本の生きもの

ジョーフィッシュ, クマドリカエルアンコウyg, チョウチョウコショウダイyg, モンジャウミウシ, アカスジウミタケハゼ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド

カエル祭りです。

ちびカエルアンコウ祭り開催中~!

昨夜から気温がぐっと下がり、今朝はなかなかの冷え込みになりました。
水温もじわっと下がって16℃台に突入した串本ですが、水中はワイドもマクロもまだまだネタが豊富でとても賑やかです。

そんな今日は、この冬大豊作のちびカエルアンコウ達が、お腹いっぱい見られました。見た順番に沿ってご紹介します。

まずは体長3cmのオオモンカエルアンコウ。

お次はクマドリカエルアンコウ。体長2cm。ちっさ~!

そしてこちらはイロカエルアンコウ。体長1cm。ちっっさ~!!!

更に別のクマドリカエルアンコウ。体長3cm。

そしてこちらも3cmのイロカエルアンコウ。

ラストは極小1cmのクマドリカエル。浮上間際の発見でした!

気が付けば「串本3大カエルアンコウ制覇&シロクマ3兄弟と出会う事」に成功していました~(^^)(バブルリングダイバーズさん、情報ありがと~。)

そのほか、カスザメやアオウミガメ、カンパチの群れに囲まれたりと、ワイドも運よくあれこれ当たって、とてもエキサイティングな一日でした。

というわけで、本日の写真は武内さんにお借りしたカエル6点でした。
武内さん、どうもありがとうございました。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:4~9℃
  • 水温:16~17℃
  • 透視度:10~12m
  • 波高:1~2m

観察された主な生き物

ヤッコエイ、カスザメ、アザハタ、タカサゴyg群れ、タテジマキンチャクダイyg、フタイロハナゴイyg、ケラマハナダイyg群れ、コホシカニダマシ、アオウミガメ、テンクロスジギンポ、

オオモンカエルアンコウyg、スルガリュウグウウミウシ、サガミアメフラシyg、クロヘリアメフラシyg、ウデフリツノザヤウミウシ、クエ、ニラミギンポ、キビナゴ群れ&ヒレナガカンパチ群れ、クマドリカエルアンコウyg

コケギンポ、イロカエルアンコウyg×2、アカネコモンウミウシ、ヒメイソギンチャクエビ、ミヤケテグリyg、キャラメルウミウシ、ミズヒキガニ、ミナミクモガニ、クマドリカエルアンコウyg×2

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, イロカエルアンコウyg, クマドリカエルアンコウyg

串本のダイビングポイント

グラスワールド, 備前, アミハタ