月別アーカイブ: 2019年6月

逃避行。

今日は遠征して古座の海へ。

昨日は潜れた串本エリアも今日はさすがにクローズ・・・。
エリアを移動し、古座のダイブクーザさんにお世話になりました!!!

古座は風の影になるので、穏やかかな〜〜??って思っていたのですが、
昼からはまあまあな風・・・。ギリギリ潜る事ができました〜〜(^^;)

週末なんとか2日間潜れてよかった〜〜。
風の影ができるので、どこかでは潜れるのが串本エリアのいいところ。

今日出会えた生き物をご紹介します。
今日は写真&動画で!!!

まずは、マクロ。
今年あまり串本で見ないゾウゲイロウミウシ。

個人的に久々見た気がします。この色彩綺麗ですよね〜〜♪
そして、こっちは今年串本エリアでも見られるセンヒメウミウシ。

よ〜〜〜く見てみると2匹いるんですが、分かりますか〜〜???
拡大するとこんな感じ。

2本目では、ワイドな感じに。マアジの群れやカマスの群れそしてたま〜〜にツバスなど根の上は群れ群れ〜〜。

その群れの様子は、ネンブツダイの群れ。
動画でどうぞ!!!(動画は「動画」の文字をクリックしてください。)

本日の写真&動画はKUNISHITAさんご夫妻にお借りしました!!
素敵なお写真ありがとうございました!!!

明日はどうなるか微妙な情勢・・・・。
なんとか串本で潜れるといいなあ〜〜。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:雨
  • 気温:24〜26℃
  • 水温:21〜22℃(古座)
  • 透視度:5〜8m(古座)
  • 波高:1.0〜1.5m

観察された主な生き物

イソバナカクレエビ、ハリセンボン、センヒメウミウシ、ゾウゲイロウミウシ、イタチウオ、サメジマオトメウミウシ、アラリウミウシ、マツバスズメダイ(保育)、ネンブツダイの群れ、ツバス、カマスの群れ、マアジの群れ、リュウモンイロウミウシ

串本のダイビングポイント

上の島(古座), 下の島

新発見!!

なんとか3ダイブいけました!!

令和最初の台風が過ぎ去り、今日はクローズの可能性もありましたが、
フタを開けてみれば意外といけちゃいました!!!

透明度は水底までいけば15mほど。
こんな綺麗だとは思いもしませんでした〜〜(^^;)

近場エリアでのみのダイビングとなりましたが、魚影も濃くワイド〜マクロまで楽しめました(^^)

今日の1番の話題はハナイカ。
今まで見ていたハナイカ♀の様子がおかしい・・・。

いつもは色を変えて威嚇してくるのですが、今日はこの状態から動かず・・・。
人間のように青ざめた状態・・・。たくさん卵を産んでくれてもう最期の時が近かったのかな・・・???

その横では、オスがうろうろ。こっちは元気いっぱいでした〜〜汗

メスが大変な時にオスは呑気〜〜笑
明日また様子を見れたらよかったのですが、明日は残念ながらクローズ決定。
行く末を見る事ができず、メスの安否が気になります・・・。

そして、もう一つ新たな発見が!!!
ゲストさんが気づいて撮ってくれてログ付けで判明したのですが、背中に顔のある魚が。

よ〜〜〜く見てください。
彫刻の顔のように見えてきませんか????ウミテングぜひ上から撮ってみてくださいね。

他にもウミウシやジョーフィッシュなどなど楽しんできました〜〜。
明日は古座へ遠征が決定!!!!

久々の遠征。
どんな生き物が見られるかな〜〜???

本日のお写真はKさんにお借りしました。
素敵なお写真ありがとうございました。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:曇り時々雨
  • 気温:25〜28℃
  • 水温:21〜23℃
  • 透視度:10〜15m
  • 波高:1.0m

観察された主な生き物

クマノミ(卵)、サクラダイyg、コケギンポ、ナガサキスズメダイ(保育)、ジョーフィッシュ、キンギョハナダイの群れ、オオモンカエルアンコウ、ガラスハゼ(卵)、ヨセナミウミウシ、テングダイ、カグヤヒメウミウシ、ヒメウツボ、オオモンハタ(口に魚!?)、ハナイカ(ペア)、カエルアマダイ、ウミテング、オオモンカエルアンコウyg、アザハタ、キンメモドキの群れ、アカシマシラヒゲエビ、クリアクリーナーシュリンプ、ニラミギンポ、ミチヨミノウミウシ

串本の生きもの

ハナイカ, ウミテング, カエルアマダイ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前

モルディブクルーズツアーのお知らせ

今回は「南周り特別コース」予定です。

2020年の海外ツアー、第2弾は毎年リクエストを頂くモルディブへ! 今回もクルーズスタイルで、ジンベイ、マンタ、サメ狙い&大群三昧の予定です!!

洋上ステイ6日間のゆったりとした時間と、リニューアルしたクルーズ船ソレイユ号の心地いい空間で、モルディブの海をたっぷりと廻ります。
今回はこの時期しかトライ出来ない「南周り特別コース」の予定で、群れ、大物、サメ狙いの刺激的な内容です。

潜って食べてよく眠る! を、是非たっぷりとお楽しみください。

ソレイユ号クルーズ(チャーター予定)

日程 2020年3月21日(土)~29日(日)
内容 7泊9日、15ボートダイブ(南回り特別コース)
※マンタ、サメ、夜ジンベイ、大群狙いの特別コースです。
客室 ソレイユ号 ツインルーム(シングル要相談)
定員 16名 / 残り3名(更新1/20)
価格 お問い合わせください。
※2019年12月に燃油など詳細が決まり次第ご案内可能です。
予約 早期予約受付期限:2019年10月31日
※早期予約完了の方にはボートチケットなど、嬉しい特典あり。

こちらは2018年通常コースの際の写真です。

ご予約、お問い合わせなど、詳しくはスタッフ岩崎まで~!!!

2020年2月、海外ツアーその①、シミランクルーズも是非!!

嵐の前の静けさ

熱低接近直前、意外と穏やかでした。

今日は熱帯低気圧の接近に伴う大雨が予想されていましたが、日中はほとんど雨は降らず、風波ともに穏やかでした。
水中も午後になって少しうねりを感じましたが、視界はまずまず。熱低効果?で水温は昨日よりさらに上がって24.5℃と、快適そのものでした。

さて、そんな意外と穏やかだった今日の写真はこちらです。

まずは今日もハナイカ! もうあっちこっちで出現中です。

撮影:カドイさん

お次は意外に可愛らしい顔をしているウツボ。

撮影:カドイさん

こちらはキッカミノウミウシ。漢字で書けば「菊花蓑海牛」ですね。

撮影:なっちゃんさん

最後は間もなくハッチアウトしそうなクマノミの卵。

撮影:なっちゃんさん

水温が上がって、今後ますます生態行動が増えそうです。
カドイさん、なっちゃんさん、どうもありがとうございました。

さて、日中はとても穏やかでしたが、この記事を書いている夕方の今は、すっかり雨で、時々土砂降りという嵐の様相に変わってきました。
今夜遅くに通過する嵐の影響で、明日はクローズ濃厚です。。。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:曇りのち雨
  • 気温:23~28℃
  • 水温:24.5℃
  • 透視度:10~15m
  • 波高:1~2m

観察された主な生き物

ハナイカ、クマドリカエルアンコウ、クロホシフエダイ群れ、テングダイ、キッカミノウミウシ、ジョーフィッシュ、ニシキベラ(産卵)、ハナイカyg、コロダイ群れ、ウデフリツノザヤウミウシ、ウツボ(ケンカ)、ツバス群れ

クダゴンベ、オオモンカエルアンコウyg、モンガラカワハギyg、キンメモドキ群れ、ハナミノカサゴ群れ、キンギョハナダイ群れ、ユウゼン、スジタテガミカエルウオ

串本の生きもの

ハナイカ, クマノミ卵, キッカミノウミウシ, ウツボ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 1の根東

チビハナイカ

今日も雨降らずで快適でした~。

今日は予報は午後から雨でしたが、実際は晴れ間も出るほどのお天気で、海も穏やかな東風で一日いい凪ぎでした。

穏やかな凪ぎの海という事で、ゲストの皆さんのユウゼンのリクエストに応えて、1の根東へ。

まずは先週ご紹介したモンガラカワハギyg 可愛いです(^^)

写真:モリタニさん

すぐ近くに居るオオモンygはエスカぶんぶん振ってました。

写真:モリタニさん

そしてユウゼン。今日も定位置で元気そうでした。

写真:福ちゃんさん

午後からは住崎で卵ネタ中心に回ってきました。

まずはカモハラギンポの卵。丁度お留守で銀色卵がよく見えました。

写真:福ちゃんさん

抱卵中のジョーフィッシュも今日はここまで出てきてくれました。

写真:モリタニさん

そして今日もあちこちにあるハッチアウトしそうなハナイカの卵を見に。
ある1か所では、全てのハッチアウトが終わってしまって、卵の殻のみが残っていましたが、直下を探すといました!

体長8mmほどのチビハナイカ。小さくてもちゃんと体色変化します。

写真:福ちゃんさん

そのほか、ポイントの各所で大人のハナイカにも遭遇。新たな卵も発見しているので、まだまだ「ハナイカ祭り」は続いてくれそうです(^^)

というわけで、今日も写真は福ちゃんさん&モリタニさんにお借りしました。
2日間、どうもありがとうございました~!

さて、6月も終盤というこのタイミングで、ついに台風接近の予報です。
この週末にかけて海上を通過する予想進路ですね~((+_+))

ひとまず明日の雨は確実の様ですが、なんとか海は大丈夫そうです。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れのち曇り
  • 気温:22~28℃
  • 水温:23~24℃
  • 透視度:12~20m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

モンガラカワハギyg、オオモンカエルアンコウyg、クダゴンベ、キンメモドキ&マアジ群れ、ヘラヤガラyg、キャラメルウミウシ、セミエビ、ワカウツボ、キンギョハナダイ群れ、ユウゼン

クマドリカエルアンコウ、カモハラギンポ(卵)、ハナイカ卵、ビシャモンエビ、ハナイカ(ペア)、クロホシイシモチ群れ、テングダイ、ジョーフィッシュ(口内抱卵)、ニジギンポ(抱卵)、ハナイカyg

 

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, ジョーフィッシュ(口内抱卵), ユウゼン, カモハラギンポ(卵), ハナイカyg, モンガラカワハギyg

串本のダイビングポイント

住崎, 1の根東

生態祭り♪

卵・求愛・ケンカなどなど楽し〜〜♪

今日も快晴♪
明日からいよいよ梅雨入りのようですが、今日はそんな気配も一切なく肌が焼ける位の暑さ。

また一段と黒くなりました(^^;)笑

梅雨入りとはいえ、水中は雨なんて気にならない位今楽しいです♪
もう卵・哺育・ケンカ・求愛などなどもう1ダイブ1種類の行動に釘付けであっという間に15分過ぎちゃいます!!!

そんな状況なので、もう50分なんてあっという間で、気づけば1時間ダイブになっちゃいます。

今日はイシモチの口内哺育にロックオン!!!
1本目ではクロホシイシモチの口内哺育を撮っていただきました。

まだ熟していない卵を咥えているオス。
これから2週間このオスは飲まず食わずの生活となります。父性がすごい!!!

2本目はキンセンイシモチ の口内哺育。
上のクロホシイシモチのオスとは打ってかわって、こっちのオスは2週間の断食生活の終わりが近づいています。

今夜あたりハッチアウトするのかな〜〜???
見たいな〜〜〜。

口内哺育の次は卵ネタ。
水温が23度になった位から産卵が始まったナガサキスズメダイ。

いたるところでビッシリと卵を産み付け、保育しています。
気の強いオスはフィンにアタック!!!皆さん足をつくときは気をつけてくださいね。他にも色々生態シーンはあるのですが、今日はこれくらいで・・・。

ここからはマクロネタへ〜〜。

今日は各生き物それぞれのドラマを見せてくれました!!!

最初はクマドリカエルアンコウyg。

あくびの瞬間です。実はこの前に、後ろに写っているサラサエビを狙ってエスカーを振り狩りをしていたんです。結果は捕食には至りませんでしたが、貴重なシーンを見せてもらいました!!!

次はハナイカのペア。

写真はペアですが、この周りには、虎視眈々とメスを奪おうとするオス達が。
最初は、メスを入れて5匹もいました!!!このメスマドンナ的な存在なのかな〜〜????

まだまだハナイカの卵が見られるかもしれません♪
今後に期待ですね〜〜(^^)

他にも、イソギンチャクモドキカクレエビなどなど珍しいマクロネタがたくさん♪

これはこれから楽しくなりそうです♪
明日は雨予報ですが、こんな色々見れたらそんなの気になりません。
明日もがっつり潜ってきます(^^)

本日のお写真は福島さんご夫妻にお借りしました。
素敵なお写真ありがとうございました!!!

最後にちょっとお知らせです。

下のお知らせ欄にもある若手ガイドが行なっている「串本・古座ガイド」
今週は僕が担当させていただいております。

今回のブログは、ぜひ見て欲しいです!!!
イシモチの貴重なシーンを紹介してます!!!

一度時間ある時に見てくださいね〜〜。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:18〜28℃
  • 水温:23〜24℃
  • 透視度:15m
  • 波高:0.5m

観察された主な生き物

アザハタ、キンメモドキの群れ、ビシャモンエビ、ガラスハゼyg、リュウモンイロウミウシ、シロミノウミウシ、イセエビ(抱卵)、イソギンチャクモドキカクレエビ、ジョーフィッシュ、ハタタテハゼ(ペア)、カゴカキダイの群れ、ナガサキスズメダイ(保育)、キンセンイシモチ (口内哺育)、クロホシイシモチ(口内哺育)、ワモンダコ、カモハラギンポ (求愛)、クマドリカエルアンコウyg、ハナイカ(卵)、ジョーフィッシュ(黄色)、ハナイカ(ケンカ)、カモハラギンポ (保育)、テングダイ

串本の生きもの

クマドリカエルアンコウyg, ハナイカ, イソギンチャクモドキカクレエビ, キンセンイシモチ (口内哺育), ナガサキスズメダイ(保育), クロホシイシモチ(口内哺育)

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 塔の沖

ハナイカまつり。

住崎たのし。ネタの宝庫です。

本日もお天気最高~!!! 海も予想より穏やかになり、水中も超クリアで気持ち良かったです(^^)
そんな今日は、ゲストと相談の結果、多くのネタが揃っている住崎を2回に分けてたっぷり遊んできました。

まずは午前中、深場の探索へ・・・。

今季当たり年のビシャモンエビや、

すっかり定着したクマドリカエルアンコウ。

そのほか、大人になったクダゴンベやサクラダイ、単体でうろうろしているハナイカなど、珍生物盛り沢山でした(^^)

そして午後は浅場エリアを探索しに・・・。

2シーズン目に突入した黄化個体のニラミギンポ。

また、ハナイカ卵の定点観察中には、ハッチアウト直後の極小1cmのハナイカygにも遭遇。
そしてその近くには、メスに群がる複数のオスを発見!

その数、なな、なんと4匹も~~~!!

メスが動くと4匹も続きます(^^) (奥にメス、手前4匹がオスです)

一番身体の大きなオスがメスの隣のポジションを守るような構図で、一直線にオスが並ぶという静かな戦いが続いていました。
それぞれのオスは必死なんでしょうが、どこかほのぼのとした可愛らしい雰囲気でとても和みました~(^^)

産卵行動が続くという事は、新たな産卵も続くという事なので、ハナイカまつり、まだまだ楽しめそうですよ~。

というわけで、本日の写真はスヤマさんにお借りしました。
どうもありがとうございました~。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:25~28℃
  • 水温:23~24℃
  • 透視度:15m
  • 波高:1~2m

観察された主な生き物

クロホシフエダイ群れ、ハナイカ卵、クダゴンベ、ビシャモンエビ、ハナイカ、テングダイ、ゾウゲイロウミウシ、クマドリカエルアンコウ、ボブサンウミウシ、イエロージョーフィッシュ、ウミテング、ニラミギンポ、キンメモドキ群れ&アザハタ、ハナイカyg、ハナイカ(ケンカ)、クマノミ卵

串本の生きもの

ニラミギンポ, クマドリカエルアンコウ, ビシャモンエビ, ハナイカ(ケンカ)

串本のダイビングポイント

住崎

5月のフォトギャラリー

産卵シーズンに突入した1か月でした。

毎月、各月ごとに素敵な写真を選りすぐってギャラリーを作成していきます。遅くなりましたが、今回は2019年5月のフォトギャラリーです。

2019年5月は、アオリイカの産卵を皮切りに、クマノミやジョーフィッシュ、ハナイカなど、初夏の産卵が一気に始まった1か月でした。

水温24℃

コンディションさらにアップ!!

今日は一日曇天でしたが、雨は降らず、風も穏やかで、静かな海の一日でした。昨日よりもさらにいい潮が入った様で、外洋は夏っぽい青い水に。

というわけでまずは外洋、浅地へ。とにかく透視度が良くて気持ちいいのは勿論、ハマチの群れやカンパチの群れなど、魚影も濃く当たりでした~♪

ヒレナガカンパチ。よく遊んでくれる若者サイズ。

近場のエリアもコンディションがさらにアップ! 水温は今季初の24℃台を表示していました。ウエットの方も無理なく遊べている感じです。

こちらは南方種のノコギリハギyg 夏のお魚、今後も増えそうです。

ジョーフィッシュも4回目の哺育中に突入しています。卵こぼれそう(^^;

最後はニラミギンポ。こちらも子育てに忙しそうです。

水中は温度も上がってますます活性が高くなりつつあります。
ダイバーの活性もグイグイ上がってくれると良いなぁ~(^-^)

というわけで、本日の写真は昨日に続きナースさんにお借りしました。
ナースさん、どうもありがとうございました。

明日も海は穏やかそうです。さて、何が見られるでしょうか?(^^)

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:雲り
  • 気温:22~27℃
  • 水温:23~24℃
  • 透視度:12~20m
  • 波高:1.5m

観察された主な生き物

キビナゴ群れ、ヒレナガカンパチ群れ、ハマチ群れ、キンギョハナダイ群れ、タカサゴ群れ、イセエビ、クエ、シイラ

クマノミ(卵)、ウデフリツノザヤウミウシ、ジョーフィッシュ(口内抱卵)、ミナミギンポ、コロダイ群れ、ガラスハゼ、イソギンチャクエビ

クダゴンベ、クマドリカエルアンコウyg、ハナイカ(卵)、アカゲカムリ、セボシウミタケハゼ、イラ

ジョーフィッシュ(口内抱卵)、コケギンポ、オキナワベニハゼ、ノコギリハギyg、ソラスズメダイ群れ&キンギョハナダイ群れ、

串本の生きもの

ニラミギンポ, ヒレナガカンパチ, ジョーフィッシュ(口内抱卵), ノコギリハギyg

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前, 浅地

モンガラカワハギyg

透視度アップ!水温も上昇中~!!

今日は予報に反して朝からスカッと晴れ渡りました!!
沖合のキレイな潮が入り込んだのか、水中も明るく視界良好~♪

海もベタ凪ぎで静かだったので、外洋船は、浅地、1の根東と、旬なポイントで遊んできました。
今日はそんな外洋の旬な生物をあれこれご紹介します。

まずはセダカスズメダイのお父さん。せっせと卵のお世話中。

お次はヒレナガカンパチ。普段はあまり近づけないタイプですが、潮がたるんでいたので根の上でクリーニングしてもらっていました。

ユウゼンは今日も健在。広範囲を元気に動き回っていました。

そして新たにオオモンカエルアンコウygも発見。美背景♪

そして最後は今季初のモンガラカワハギygに遭遇。

他にも新たにクダゴンベやヘラヤガラygなどが見つかっています。
毎日ネタが増えていく楽しい季節ですね~!(^^)

というわけで、本日の写真はナースさんにお借りした5点でした。
ナースさん、どうもありがとうございました~。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れのち曇り
  • 気温:22~27℃
  • 水温:22~23℃
  • 透視度:12~20m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

キビナゴ群れ、イワシ群れ、ヒレナガカンパチ、スジアラ、テングダイ群れ、アオブダイ(産卵行動)、セダカスズメダイ(哺育)、タカサゴ群れ、キンギョハナダイ群れ、ゾウリエビ(抱卵)、マツバギンポ、スジタテガミカエルウオ

ユウゼン、キンメモドキ群れ、マアジ群れ、ハナミノカサゴ群れ、クダゴンベ、セミエビ(抱卵)、イセエビ(抱卵)、リュウモンイロウミウシ、オオモンカエルアンコウyg、モンガラカワハギyg、キンギョハナダイ群れ

ハナイカyg、クマドリカエルアンコウyg、ジョーフィッシュ(口内抱卵)、ニジギンポ(抱卵)、ウミテング、イエロージョーフィッシュ、ハナイカ(ケンカ)、イソギンチャクエビ

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, ヒレナガカンパチ, ユウゼン, モンガラカワハギyg, セダカスズメダイ(哺育)

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前, 浅地, 1の根東