串本の生きもの / ワモンダコ(抱卵)

衝撃!!

台風通過後調査へ行ってきました。

連休に列島を通過した台風が過ぎ去り、久々の海となりました。
うねりも大きかったので、明日以降に備え今日は調査へ行ってきました。

透明度は8m前後で昨日までの時化の影響も癒つつある様子です。
水温も26度〜27度と快適〜〜♪

その調査の最中、衝撃の出来事が・・・・・。
それがこちら。

卵を守るワモンダコがウツボ2匹、ゴイシウミヘビ1匹にリンチされている・・・・。途中でウツボがデスロールをして足を1本もぎ取り食べていました。
卵がこぼれ落ちればそれをベラがパクリ。もうその場は騒然・・・・。

なぜこんな事が・・・それは台風の影響でワモンダコの牙城が崩れたため・・・。
台風前は石がびっしりと岩の亀裂に敷き詰められ、外敵から身を守っていたのですが、今日はそれが全て下に。

卵を守るために、襲われても絶対にその場を離れないので、それはウツボなどにとっては格好の餌ですよね。ただ、あまりにいたたまれないので、町内のガイドさんと救出作戦をしてきました!!!

タコは卵を産むと飲まず食わずで卵を守りその後死に絶えていきます。
ウツボに襲われても卵を死守する母の強さをマジマジと見せつけれられた瞬間でした。

このまま卵がかえるまで、無事に過ごしてね〜〜。
明日もチャンスがあれば確認に行ってきたいと思います。

他にもカエルアンコウなど一部のレア種の生存も確認できました。

明日以降、引き続き安否確認を行っていきたいと思います。
明日は久々の外洋へ〜〜。

なんか大物来ないかな〜〜〜???

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:曇り
  • 気温:21〜26℃
  • 水温:26〜27℃
  • 透視度:8m
  • 波高:0.5m

観察された主な生き物

ワモンダコvsウツボ&ゴイシウミヘビ、カエルアマダイ、アカゲカムリ、イラ、カゴカキダイの群れ、オオモンカエルアンコウyg、

串本の生きもの

ワモンダコ(抱卵)

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド

千客万来

新人加入しました~~。

お盆期間が明けた週末。
一旦中休みで少人数のチームで外洋と近場に分かれて潜ってきました!!!

外洋では、昨日もご紹介した、ワモンダコが今日も卵を守っていました!!!

連日お邪魔してごめんなさい(´・ω・`)
怒っている時は、こんな感じで白くなります。結構ご立腹かな??

他にもゴイシウミヘビの正面顔も撮っていただきました。
近場にもかれこれ1週間ほど同じ穴に居る個体が1匹だけいるのですが、原因は不明・・・。

今年はこのウミヘビとよく遭遇します!!!
にしても近場のウミヘビ気になる~~~。挟まっているのか、それとも何かを守っているのか??明日も機会があればじっくりと観察してきます(^^♪

最後は新登場のこちら。

オオモンカエルアンコウygです。
結構大きめの個体で体長10cmほど。まったく微動だにしていなかったので、しばらく居てくれそうです。

他にも、体スケスケのコロダイygなど極小幼魚も登場してきています。
黒潮に乗って続々と幼魚がやってきそうです。

さて、明日も海は穏やかな予報。
がっつりと楽しめそうです(#^.^#)

本日の写真はチャコさんにお借りしました。
素敵なお写真ありがとうございました。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:28~30℃
  • 水温:25~28℃
  • 透視度:12~25m
  • 波高:0.5m

観察された主な生き物

アオブダイ、オオモンハタ、キミシグレカクレエビ、ガラスハゼ、コガネスズメダイyg、コガネキュウセンyg、クリアクリーナーシュリンプ、ヒョウモンウミウシ、アザハタ&キンメモドキ群れ、アオウミガメ、ヒレナガカンパチygの群れ、モンガラカワハギ、イサキの群れ、ワモンダコ、イセエビ、アオサハギyg、ヒトスジギンポ、ニラミギンポ、ゴイシウミヘビ、イソコンペイトウガニ、ワモンダコ(抱卵)、タカサゴの群れ、キンギョハナダイ群れ、ヘラヤガラ、アカゲカムリ、

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, ゴイシウミヘビ, ワモンダコ(抱卵)

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前, 浅地

黒潮次第

台風で流されてきた生き物が続々登場しそう♪

今日も外洋と近場に分かれて行ってきました!!!
朝一の透明度は最高♪

外洋では25m、近場でも20m程と最高のスタート!!!

ただ・・・・2本目は透明度ダウン(´・ω・`)
ずっと黒潮の綺麗な水が入ってきてほしいな~~。

外洋では、卵ネタが沢山!!!

ワモンダコが抱卵していました!!!
卵はこちら。

最近、ペアでいる事もちらほら見かけていたのですが、抱卵ってすごい!!!
タコも魚と同様卵のお世話をしっかりするんです(#^.^#)

そして、こちらも卵の世話に大忙し。

こちらはお父さんがせっせとお世話。
夏の水中は大忙しですね。魚にも夏休みはあるのかな??

そして、最終は近場へ。
近場も沢山可愛い生き物がいます。

まずはこの子。

クロホシハゼです。エビの巣穴に居候している代わりに海藻を運ぶんです。
エビへの家賃になるんですかね(笑)
一体1ヶ月何枚の葉っぱが必要なのか・・・(^_^;)

最後はとても爽やかな写真。ヒトスジギンポです。

このおとぼけ顔可愛い~~。
台風にも耐えて今も居てくれています。

強い子だな~~。

さて、明日から週末。
まだまだ潜り続けますよ~~。

本日のお写真は福島さんご夫妻にお借りしました。
素敵なお写真ありがとうございました。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:27~31℃
  • 水温:27~28℃
  • 透視度:12~25m
  • 波高:0.5m

観察された主な生き物

サザナミヤッコ(ペア)、キンギョハナダイ群れ、メジナの群れ、ワモンダコ(抱卵)、ソラスズメダイ、ヘラヤガラ、マツバギンポ、スジタテガミカエルウオ、ゴイシウミヘビ、スジタテガミカエルウオ、キンメモドキ、イセエビ、ホホスジタルミyg、ハナオトメウミウシ、イソコンペイトウガニ、キホシスズメダイ、アカゲカムリ、ハナゴンベyg、カゴカキダイの群れ、アカヒメジの群れ、シンデレラウミウシ、キャラメルウミウシ、チョウチョウウオの群れ、ヒレナガスズメダイ、クマノミyg、ヒトスジギンポ、ニラミギンポ、ミナミハコフグyg、タスジウミシダウバウオ、パンダダルマハゼ、クロホシハゼ、

串本の生きもの

ヒトスジギンポ, クロホシハゼ, ワモンダコ(抱卵), コガネスズメダイ(保育)

串本のダイビングポイント

グラスワールド, 浅地, 2の根, イスズミ礁