串本の生きもの / ヒレナガカンパチ群れ

冷水に負けず

透視度が奇跡の回復!!

今日は風もうねりも治まって、一気に穏やかになりました。

水中は相変わらずの冷水塊の影響で、場所によっては18℃台と、なかなかの低水温ですが、嵐の翌日とは思えないほど透視度はグンと良くなって、深場は15m程見えている場所もありました。

今日もハナイカをはじめ、生き物たちの子育てシーンがあちこちで見られたほか、表層ではキビナゴの大群に突っ込むカンパチの群れなど、躍動的なシーンも観察できて、「冷たいけど楽しい!」そんな感じでした(((^^;

さて、そんな今日の写真はUNNOさんにお借りした6点です。

まずは現在あちこちで見かけるキビナゴの群れ。

必ず付近には若いカンパチの群れがいます。
今日は水面付近で捕食シーンが何度も見られました。

クマノミは子育てに忙しそうです。3回目の卵がハッチアウト間近。

そして話題のハナイカ。今日は沢山のダイバーに囲まれてました(^^)

こちらは体格のいいメス。卵沢山産んでほしいですね~。

こちらは少し小ぶりなオス。常にメスを追尾しています。

メスが動けばオスが追う。こんな距離感で。

このまま産卵しまくってくれる事を祈りましょう(^^)

冷水に負けず、生き物たちはホント逞しいですね。
見習わなければ。。。ドライスーツ着てるくせに(^^;

ということで、UNNOさん、素敵なお写真ありがとうございました。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:雨のち曇り
  • 気温:23~27℃
  • 水温:18~23℃
  • 透視度:8~15m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

ハナイカ、ワライヤドリエビ、クボミサンゴヤドカリ、巨大ヒレナガカンパチ、テングダイ群れ、ニラミギンポ、クロスジギンポ、キビナゴ群れ&ヒレナガカンパチ群れ、オオモンハタ群れ、クマノミ(卵)、ヒョウモンウミウシ、マダライロウミウシ

アザハタ&クロホシイシモチ群れ&キンメモドキ群れ、オオモンカエルアンコウyg、ニラミギンポ(黄)、テンクロスジギンポ、キッカミノウミウシ、アカゲカムリ、コブダイ、ウデフリツノザヤウミウシ、コケギンポ、ジョーフィッシュ、

串本の生きもの

ハナイカ, キビナゴ大群, ヒレナガカンパチ群れ

串本のダイビングポイント

住崎, 備前