串本の生きもの / タツノイトコyg

アンドオープン♪

今日から10月末までアンドの鼻オープンです!!

ついにアンドの鼻がオープン!!!
期間限定のポイントですが、今回は1ヶ月間潜る事ができます!!

普段ダイバーが入らない海域なので、毎回色々なレア種が見つかるポイント〜〜。
今日は初日でタツノイトコを発見!!!

普段は隠れ上手なのですが、この子はとても下手・・・笑
動きが不自然すぎてすぐに気づけるほど(^^;)
外敵いないのかな??

明日以降もチャンスがあれば積極的にアンドの鼻に潜っていきたいと思います!!!どんな生き物が見つかるかは乞うご期待〜〜。

もちろんアンドの鼻以外のポイントも幼魚などが増えてきて、魚影も濃く楽しいです♪

今日は久々にクロメガネスズメダイygを発見!!!

後ろのサンゴがとても綺麗です♪
サンゴバックの写真色々遊べそう〜〜(^^)

スズメダイを見ている合間では、魂サイズのウミウシがちらほら。
今日はミアミラウミウシygに出会いました!!!

小ささが伝わるようにあえて引き気味で〜〜笑

それ以外にも目にイナズマの走るキリンミノカサゴなどなどフォトダイブにピッタリの被写体たくさん〜〜。

明日からは週末。
まだまだ夏は終わりません!!!明日も楽しむぞ〜〜。

本日のお写真はSSKさんにお借りしました。
素敵なお写真ありがとうございました。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:曇り
  • 気温:22〜26℃
  • 水温:26℃
  • 透視度:10〜15m
  • 波高:0.5m

観察された主な生き物

カエルアマダイ、アオサハギyg、ミナミハコフグyg、テンクロスジギンポ、アザハタ、ニラミギンポ、ハチジョウタツ、キリンミノカサゴyg、ニシキオオメワラスボ、アザハタ、キンメモドキ、クリアクリーナーシュリンプ、ノコギリハギyg、ナマコマルガザミ、イソギンチャクモエビ、タツノイトコ、ナガサキスズメダイyg、ミアミラウミウシyg、トラフケボリ、チョウチョウウオの群れ、クロメガネスズメダイyg、モンハナシャコ

串本の生きもの

ミアミラウミウシyg, タツノイトコyg, クロメガネスズメダイyg, キリンミノカサゴyg

串本のダイビングポイント

住崎, アンドの鼻, イスズミ礁

セーフ!!!

今日1日なんとかうねりもなく潜れました。

台風8号の影響が心配されましたが、今日はまだセーフ。
終日うねりの影響もなく潜ることができました。

最終便は時折大きなうねりを感じることもあり、明日は少しうねりとの戦いとなりそうです。うねりはないといってもさすがに外洋はクローズ・・・。

近場でのんびりと潜ってきました!!
台風のうねりで飛ばされそうなカエルアンコウ達も今日は健在。

小さい個体の後は大きなイロカエルアンコウyg。

こちらの個体は最近このうちわが好きな様子。
いつも不安定な場所に乗っています。

大型の台風の前には、見納めになる生き物も多くいるので、見れる物は全て観察。

小さい体で毎日1m以上移動しています。強靭な体力の持ち主です!!
その体力を生かして、台風乗り切ってくれないかな〜〜??

最終便では、アオウミガメに遭遇。
実はゲストさんが教えてくれたのですが、1本前の便で別チームとして潜った時に見た場所と同じ所にいたらしい。

この場所お気に入りなのかな〜〜???
新たなウミガメスポットとなったりして。

最終便には、水温も25度となり、快適に(^^)
久々アシビロサンゴヤドリガニなど、夏らしい生き物も観察してきました〜〜。

そして、今日はこれまで〜〜。と言わんばかりのジョーフィッシュ。

ジョーフィッシュが蓋をし始めると、うねりの前兆にような気がします。
(完全に個人的な意見ですが笑)

明日からはうねりとの戦いかな〜〜。
どれくらい揺れるのか・・・出たとこ勝負となりそうです。

本日のお写真はMIYAZAKIさんにお借りしました。
素敵なお写真ありがとうございました。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:くもりのち雨
  • 気温:28〜30℃
  • 水温:23〜25℃
  • 透視度:10〜12m
  • 波高:1.0m

観察された主な生き物

ジョーフィッシュ、タツノイトコ、カゴカキダイの群れ、ハタタテハゼ、コケギンポ、オオモンカエルアンコウyg、イロカエルアンコウyg、キンギョハナダイの群れ、ミスジスズメダイyg、コマチコシオリエビ、スジアラ、ヤハズアナエビ、ナンヨウハギyg、イラ、カエルアマダイ、ウミテング、オルトマンワラエビyg、アカゲカムリ、ウララカミノウミウシyg、ニラミギンポ、アオウミガメ、アシビロサンゴヤドリガニ、アザハタ、キンメモドキの群れ

串本の生きもの

アオウミガメ, オオモンカエルアンコウyg, イロカエルアンコウyg, タツノイトコyg

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前

台風後

意外に見えてます!!

台風が過ぎ去った後は、大体コンディションが悪く
荒れている事が多いですが、今回はそこまで勢力が強くなかった為
コンディションも崩れることなく、今日から潜れました~~!!

なので、外洋と近場の両方に行ってきました。
どちらも透明度悪くなく、うねりも無かったので快適そのもの!
本当に、台風が通ったとは思えないぐらいでした(^^♪

そんな今日の写真はこちらです。
キンチャクガニ 今年は沢山見れるかな~

ウルマカエルアンコウyg ずっと同じ場所です(^^♪

タツノイトコyg 復活しました!体の毛が気になりますが・・・。

ハナイカ 今までどこに居たのやら

写真4点:西谷さん
有難うございます!!

色々な生き物が増えてくるシーズンなので
これからが楽しみです!!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:30℃
  • 水温:26℃
  • 透視度:12~15m
  • 波高:1.5m

観察された主な生き物

カンパチ、スジアラ、キンギョハナダイ群れ、セミエビ、イセエビ、メジナ、ハナオトメウミウシ、マツバギンポ、キンチャクガニ、ツマジロオコゼyg、コガシラベラ、スジタテガミカエルウオ

アカゲカムリ、レンゲウミウシ、キホシスズメダイ、コガネスズメダイ、サメジマオトメウミウシ、クダゴンベ、ウルマカエルアンコウyg、クチナシイロウミウシ、センテンイロウミウシ

ジョーフィッシュ、ハチジョウタツ、ハタタテハゼ、オオモカエルアンコウ、ハナイカ、ミスジリュウキュウスズメダイ、トウモンウミコチョウ、コケギンポ、ヨセナミウミウシ

串本の生きもの

キンチャクガニ, ハナイカ, ウルマカエルアンコウyg, タツノイトコyg

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 浅地, 二の根

透明度良好♪

うねりのピークを越えた様です(^^)

昨日はうねりが大きく透明度もダウンしてしまいましたが、今日は一転!!!

朝一は透明度抜群!!!!15mは余裕で見えていました!!!
うねりも減って、マクロも撮れちゃうくらいまで回復〜〜♪

このままいい方向へコンディションが回復してくれるといいなあ!!
青抜きも綺麗に撮れちゃう位の海に戻ってくれて一安心です♪

根の上のキンギョハナダイなど魚影も濃くなり、水中も賑やかになってきています♪

今根の上は魚がわんさか〜〜〜〜賑やかです(^^)

2本目はゆっくりマクロ〜〜。
うねりに耐えて頑張っているタツノイトコygからスタート。

ややお疲れ気味なのか、うつむき加減のままでした(^^;)

次の写真で、うねりが減ったという事を証明できるかな??

ミドリリュウグウウミウシの極小です。大きさ5mm位かなあ〜〜。
このサイズを撮ろうとゲストさんが思ってくださるようなコンディションになれば本調子の海はもう、すぐそこです!!!

こんなコンディション最高の海の中で記念ダイブを迎えたゲストさんがいらっしゃいました!!!


写真提供:Tさん

500本のアニバーサリーダイブ。
おめでとうございました!!!!これからも素敵なダイビングライフを送ってくださいね〜〜!!!

来週中には梅雨明けしそうな予報となっているので、
7月の後半にはなってしまいましたが、いよいよダイビングシーズン本格始動かな!!!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:曇り時々雨
  • 気温:26〜29℃
  • 水温:24℃
  • 透視度:10〜15m
  • 波高:0.5〜1.0m

観察された主な生き物

マアジの群れ、カモハラギンポ 、クロホシフエダイの群れ、オルトマンワラエビ(ペア)、ハナキンチャクフグ(ペア)、クマノミ(卵)、ヒョウモンウミウシ、コケギンポ、イソギンポyg、キンギョハナダイの群れ、ジョーフィッシュ、タツノイトコyg、ガラスハゼ、ミドリリュウグウウミウシyg、ナガサキスズメダイ(卵)、ハタタテハゼ(ペア)、ウデフリツノザヤウミウシ、アヤトリカクレエビ、アカゲカムリ、カエルアマダイ、ウミテング、アザハタ、キンメモドキの群れ、オオモンカエルアンコウyg、アオウミガメ

串本の生きもの

キンギョハナダイの群れ, イソギンポ, タツノイトコyg, ミドリリュウグウウミウシyg

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前, 2の根

連休終了!!

中日はギリギリでしたが、3日間潜りきりました!!

今日で3連休が終了。
連休中お越しいただいた皆様ありがとうございました!!
また、予約をお断りさせていただいた皆様申し訳ありませんでした。

今日は生態シーンからマクロ、極小まで盛りだくさん♪
うねりも落ち着いて極小の写真もストレスなく撮る事ができました!!

極小の中でもとびきりなのは・・・やっぱりこいつかなあ〜〜??(^^)

うねりで飛んで行ったと思われていた極小タツノイトコ・・・。小さいのは変わりなくですが、個体が変わったよう・・・。入れ替わりはしたものの、小さい体で頑張って耐え忍んでくれています。

また、水温がなかなか上がりきらないからなのか、ピカチュウやボブサンなどウミウシ類も豊富に見る事ができています!!

マクロが目白押しの中で、新登場したオオモンカエルアンコウyg。
結構大きな個体でしたが、隠れるのがとても上手。これでまたマクロネタが1つ増えました!!!

にしてもカエルアンコウって自分の体色をどうやって知るんだろ??鏡とかないはずなのにな〜〜。不思議です。

もちろん生態シーンもまだまだ豊富。
カモハラギンポ は相変わらずの産卵&保育モードです!!

至る所で卵を産んで保育しています!!
ギンポ以外にはスズメダイやジョーフィッシュなどなど卵ネタもまだまだありますよ〜〜。

外洋と近場ともに魚影が濃くなってきて面白い時期が近づきつつあるようです。

明日も風は穏やかな予報!!
1日楽しく潜れそうです(^^)♪

本日のお写真は日野さんにお借りしました。
素敵なお写真ありがとうございました!!

最後に少しだけお知らせです。
11月と2月に行われる「柏島ツアー」と「シミランクルーズツアー」ですが、
どちらも残席がわずかとなっております。先着順で定員に達し次第締め切りとさせていただきますのでご検討いただける方はお早めにお問い合わせください。ご了承をお願いいたします。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:曇りのち晴れ
  • 気温:23〜28℃
  • 水温:23℃
  • 透視度:10〜12m
  • 波高:0.5m

観察された主な生き物

キンメモドキの群れ、ヒレナガカンパチygの群れ、マアジの群れ、テングダイ、イシガキフグ、サメジマオトメウミウシ、オトヒメエビ(抱卵)、キンギョハナダイの群れ、アヤトリカクレエビ、イセエビ(抱卵)、ハコフグyg、ヒロウミウシ、キホシスズメダイの群れ、テングダイ、ビシャモンエビ、ムチカラマツエビ、ガラスハゼ、オオモンカエルアンコウyg、カモハラギンポ (卵)、ヒョウモンウミウシ、ボブサンウミウシ、コマチコシオリエビ、クマノミyg、イソギンチャクモエビ、ジョーフィッシュ(口内保育)、タツノイトコyg、ツバメウオ、ハタタテハゼ、ツノガニ、ヒメイソギンチャクエビ、クマノミ(卵)

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, ウデフリツノザヤウミウシ, タツノイトコyg, カモハラギンポ (保育)

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前, 北の根, 二の根

極小日和〜〜!!

水温上昇〜〜ただ・・・・・・・。

東風が強い1日でしたが、なんとか1日潜れました!!!
東側は大荒れな様で、串本エリアの湾内にはタンカーが17隻。

なかなかの天気ですが、そこは串本のいいところで東風であれば意外と行けちゃうんです♪

今日の海のコンディションは+要素と−要素が両方。
水温は上昇〜〜透明度はダウン・・・。

どっちもプラスになればいいのにな〜〜。
という事で今日はマクロに振り切って遊んできました!!(笑)

マクロ好きの方には関係なし〜〜。
今日のようなコンディションを利用すればこんな雰囲気のある写真が撮れちゃいます!!!何事もプラスに捉えないと〜〜(^^)♪

マクロに目線を振り切れば極小マクロがたくさん♪
アオサハギygの魂サイズも徐々に増えてきているようで、今日も見る事ができました〜〜♪

ハネウミヒドラとのコラボ綺麗ですね〜〜。
魂の後は、もうほぼほぼゴミ!?ってサイズのタツノイトコyg。

後ろの砂利の粒子と比較してもらうとこの小ささが分かってもらえると思います。
全長1cmほど。細さは1mm笑
見つけた瞬間ピグミーシーホースきた〜〜〜って思っちゃうほどのサイズでした(^^;)

極小以外にも生態シーンも豊富。
キンセンイシモチ の口内哺育やナガサキスズメダイの卵などなど目白押しです♪

また、イシモチのハッチアウトみたいな〜〜。
早く水良くなってくれ〜〜〜〜(><)

水中の生き物達も明るい海を心待ちにしているのか、ロボコンもいつもより出ている気がしました。

明日は久々の晴れ模様♪
久々気持ちのいいダイビング日和となりそうです♪

本日のお写真はナースさんにお借りしました。
素敵なお写真ありがとうございました!!!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:雨
  • 気温:22〜23℃
  • 水温:21〜22℃
  • 透視度:3〜5m
  • 波高:1.0m

観察された主な生き物

シンデレラウミウシ、フジムスメウミウシ、ミアミラウミウシ、アオウミガメ、テングダイ、オルトマンワラエビ、ムラサキウミコチョウ、ビシャモンエビ、ボブサンウミウシ、カエルアマダイ、ウミテング、ウデフリツノザヤウミウシ、クマノミ(卵)、タツノイトコyg、コケギンポ、ナガサキスズメダイ(保育)、ジョーフィッシュ、オオモンカエルアンコウ、ゾウゲイロウミウシ、クロヘリアメフラシ

串本の生きもの

アオサハギyg, アナモリチュウコシオリエビ, ボブサンウミウシ, タツノイトコyg, キンセンイシモチ (口内哺育)

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前