串本の生きもの / ホンソメワケベラ

2の根へ!

超回復!?視界20m越えでした。

今日は凪になったので、外洋2の根へ。実に2週間ぶりの外洋エリアです。

台風の余韻で潮色はまだまだ今一つですが、期待感を持ってエントリーすると、深場のエリア限定で視界20mほどのクリアな世界が待っていました! が、水温22℃て、、、ちょっと冷たかったなぁ~。

そんな2の根から、まずはクダゴンベ。全部で3個体確認しました。

お次はお出掛け中のモンハナシャコ。台風で壊れた巣穴を修復中でした。

グラスワールドではクリーニング中のネズミフグを発見。

まだまだ台風の爪痕があちこちに残っていましたが、生き物たちの活性は日ごとに上がってきている印象でした! 明日からの海に期待です!

今日の写真は坂地さんにお借りしました。ありがとうございました~!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れのち曇り
  • 気温:27℃
  • 水温:22~27℃
  • 透視度:6~8m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

クダゴンベ、モンハナシャコ、キンチャクガニ、イソバナガニ、キンギョハナダイ群れ、タテジマヘビギンポ、ミナミギンポ、モンガラカワハギ、

オビテンスモドキyg、アカハチハゼyg、アオサハギyg、クビナガアケウス、ヨツハモドキ、ネッタイミノカサゴ、ネズミフグ、オオモンハタ、ハナゴイ群れ、カゴカキダイの群れ、

串本の生きもの

クダゴンベ, モンハナシャコ, ホンソメワケベラ, ネズミフグ

串本のダイビングポイント

グラスワールド, 2の根

オールスター♪

レアキャラ続々登場!!!1本でも満腹~~。

今日は、海も穏やかでとても快適にダイビングをする事ができました!!!
途中から透明度も良くなって、もう言う事なし~~(#^.^#)

卵の保育からレア種まで、盛りだくさんの1日でした~~。
卵ネタではこちらをゲット。

セボシウミタケハゼと卵です!!!

そして、その後はほとんど動かなかったのが功を奏したのか、レアキャラが続々登場!!!

半径15m以内でニシキフウライウオが1ペア、そしてNEWニシキフウライウオを発見!!!その下にはカミソリウオ、さらにその向かいにはシャープアイともう時間足りな~~いって感じでした!!!

その中からこちらのラインナップをご紹介します。

新たに見つかったニシキフウライウオ。

そして、ヒメニラミベニハゼ。この子は、引っ込んでもすぐ復活するのでありがたい個体です♪

その他、ハナヒゲウツボygなども観察し、魂サイズも見てきました~~。

めっちゃ可愛い~~(^^♪
ジャパピグを探すと毎回この子と目が合います・・・(;^_^A
可愛いからいいけど、本命を見つけたいな~~。

最後は、ゲストさんがホンソメワケベラのケンカを撮ってらっしゃいました!!!

後ろのメスをめぐる男同士の熱い戦いが10分は繰り広げられていたかな~~。
この後は取っ組み合いのようにバチバチでした~~。

明日も透明度が良いままだといいなあ~~。
更なる新キャラの登場に期待したいです(#^.^#)

本日のお写真は、BOIさんにお借りしました。
素敵なお写真ありがとうございました!!!!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:曇りのち晴れ
  • 気温:26~29℃
  • 水温:24~26℃
  • 透視度:12~15m
  • 波高:0.5m

観察された主な生き物

ナカソネカニダマシ、セボシウミタケハゼ(卵)、マダライロウミウシ、イソギンチャクモエビ、クロメガネスズメダイyg、マダラタルミyg、クロユリハゼ、キビナゴの群れ、ハナヒゲウツボyg、ニシキフウライウオ(ペア)、ニシキフウライウオ、ヒメニラミベニハゼ、ヤマブキハゼ、カミソリウオ(ペア)、ガラスハゼyg、アオウミガメ、カゴカキダイの群れ、ホンソメワケベラ(ケンカ)、ハナゴイの群れ、モンハナシャコyg、ヒメイソギンチャクエビ、フリソデエビ(ペア)、アシビロサンゴヤドリガニ、キビナゴの大群&ナンヨウカイワリ、シモフリタナバタウオ、ミナミハコフグyg、ムスジコショウダイyg、アカホシカクレエエビyg、クマノミyg、

串本の生きもの

アオサハギyg, ニシキフウライウオ, ホンソメワケベラ, ヒメニラミベニハゼ, セボシウミタケハゼ(卵)

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前

5~6m

台風明け、最初のダイビング!!

今日は台風明け最初のダイビングです! 前日の視界は4~5mとの情報を聞き、一晩である程度の回復は見込めると期待して、いざ!エントリー。
結果は視界5~6mってとこでした。少~し良くなりました。はい(^^;
でも明日以降もじわじわ回復は進むはず。黒潮の流れ込みに期待です。

さて、そんな視界の中でしたが、数日間の嵐をやり過ごした水中生物たちは、若干お疲れ気味?に見える者や、空腹Maxで食欲全開むき出しの者や、新たに出会った者など様々で、とにかくやっと「通常」に戻った感じがしました。

住崎では新たに巨大まっくろオオモンカエルアンコウが登場。

(写真は2016年8月)

各所にあるクリーニング場は、順番待ちの列が出来て忙しそうでした。

(写真は2016年5月)

早くこんなブルーな視界が戻りますよーに。

(写真は2016年7月)

今日は過去のストック画像を再利用させていただきました~。

さて、明日はどれだけ回復進んでくれるでしょうか?

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:30℃
  • 水温:28℃
  • 透視度:5~6m
  • 波高:2~3m

観察された主な生き物

オオモンカエルアンコウ、アカホシカクレエビ、ホンソメワケベラ、クマノミ、キンメモドキ大群、オオモンハタ群れ、ヤッコエイ、ツノハタタテダイyg、イソギンチャクモドキカクレエビ、ナマコマルガザミ、コロダイyg、アオリイカ

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウ, ミギマキ, ホンソメワケベラ

串本のダイビングポイント

住崎, サンビラ