串本の生きもの / マダラトビエイ

今日も浅地へ!

イシダイの大群って見た事ある?

今日も海況はとても穏やかで、水中も最高のコンディション、、、と言いたかったんですが、海中はやや白濁した様な潮色に変わっていました。

それでも外洋ではメーターカンパチからマダラトビエイをはじめ、群れや産卵行動あれこれと遭遇できて、内容は昨日より良かったかも!? 近場では相変わらず産卵行動が加速して、アオリイカの大産卵やスズメダイ&イシモチ類が求愛や縄張り争い、そして抱卵保育している様子が見られます。

さて、そんな今日の写真はナースさんにお借りしたワイド5点です。

まずは好調のアオリイカ大産卵。視界が良いので良く見えます。

ホラガイの捕食シーンにも遭遇。ちょっとグロこわキモ珍しい。

浅地からのドリフトでは、久々にマダラトビエイに遭遇。

ヒレナガカンパチも色んなサイズに出会いました。

そして今日、圧巻だったのがこちらのイシダイの大群。

今までこんな規模の群れは見た事が無く、100匹は超えていたと思います。
季節柄きっと産卵行動なんでしょうね~! また追加調査に行ってみよう! と思いました(^^)

というわけで、ナースさん、お写真どうもありがとうございました!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:18~24℃
  • 水温:22~23℃
  • 透視度:10~15m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

ヒレナガカンパチ群れ、マダイ、アオブダイ(求愛)、タカサゴ群れ、キンギョハナダイ群れ、クエ、スジアら群れ、ツキチョウチョウウオ、コガネスズメダイ群れ、コロダイ群れ、ネムリブカ、マダラトビエイ、ハマチ群れ、イシダイ群れ

キビナゴ群れ、キイボキヌハダウミウシ、カグヤヒメウミウシ、ヒラメ、ハマフグ、トサヤッコyg、ソラスズメダイ&キンギョハナダイ群れ、アカゲカムリ、ホラガイ(捕食)、マダイ、ムロアジ群れ

アオリイカ産卵、タツノイトコ、ミノカサゴ、カゴカキダイ群れ、モグラクロナマコ、チンアナゴ、オオモンカエルアンコウyg、ミナミハコフグyg、エイラクブカ

串本の生きもの

ヒレナガカンパチ, マダラトビエイ, アオリイカ産卵, ホラガイ(捕食), イシダイ群れ

串本のダイビングポイント

グラスワールド, 浅地(ドリフト), 北の根(ドリフト)

マダラトビエイ

春の足音

こんにちは、花粉症で目がかゆい、ヒトミマリです!

今日は、海は穏やかだったものの、春濁りで透視度が落ちてきていました。

水中もやや暗く、浮遊物がチラホラ。「グリーンだよ!!」な本気の春濁りには至らずですが、ちょっとグリーンがかってきている印象です。

こうして、水中にも少しずつ春の足音が近づいてきている、今日この頃。

水中にも四季があって、海の中の変化を感じられるのは、楽しいですね♪

 

さて、本日は、500本記念の常連ゲスト様のお祝いに、なんと2本連続でマダラトビエイが来てくれました!しかも、けっこう近くで観察できました!目や口が、かわいいんです♪

優雅に泳ぐ姿も、白いドット柄も、素敵なヤツ☆

吉右衛門では、ウミウシも豊富!カグヤヒメウミウシ☆

白と紫の境界線がくっきりしているのは、カグヤヒメ。似ているウミウシで、その色合いは同じなのですが、境界線がボヤっとしているの、シンデレラウミウシというのもいるんです。

和と洋のプリンセスが、それぞれ、ウミウシ界にも存在しているとは、ウミウシも奥が深い。

サラサウミウシは、私的には、柄が、毛細血管に見えてしまう。前職の名残・・・?(笑)

黄色のフチドリがシャレオツなヤツです☆

最後は、キンチャクガニ!

手に持つイソギンチャクは、チアガールのポンポンみたいでしょヽ(^。^)ノ500本のお祝いだから、目の柄も紅白で、お祝いモードみたいに見える!?( *´艸`)

明日もお仕事 がんばりましょう♡と、応援してくれているようにも、見える!?(笑)

お写真を貸して下さった、DAIMONさん、おめでとうございます!!これからも安全で楽しいダイビングを続けて下さいね♪

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:はれ~くもり
  • 気温:4~11℃
  • 水温:16~17℃
  • 透視度:8~10m
  • 波高:0.5m

観察された主な生き物

ムロトミノウミウシ、ヒオドシユビウミウシ、メレンゲウミウシSP、サラサウミウシ、メイチダイ、ニセハクセンミノウミウシ、コナユキツバメガイ、ニシドマリハナガサウミウシ、ムラサキウミコチョウ、カグヤヒメウミウシ

カンパチ群れ、タカサゴ群れ、フエダイ、キンチャクガニ、マダラトビエイ、ハタタテダイ

タキゲンロクダイ、クマドリカエルアンコウ、イロカエルアンコウ、ウメイロモドキ群れ、タカサゴ群れ、ホウライヒメジ群れ、ニシキウミウシ、ナンヨウハギ

 

串本の生きもの

キンチャクガニ, マダラトビエイ, カグヤヒメウミウシ, サラサウミウシ

串本のダイビングポイント

住崎, 浅地, 吉右衛門

高水温&視界良好!

黒潮流軸が接近中! 海況安定してます。

荒れ気味のお天気が多い中、今日は1日穏やかな海でした(^^)

季節柄、ダイビング後の冷えはなかなか厳しいですが、水温はこの時期の平均よりぐんと高く、19℃オーバーで安定傾向。視界もとても良く、来られた方は皆さん驚きと共に歓声を上げています(^^)

近頃の海流図を見ると、現在も南方向へ200kmも離れていますが、以前より強く湾曲して、紀伊半島の東側にはかなり接岸しつつあります。
参考→海洋速報(海流図)2022/1/18の海流図(海上保安庁海洋情報)

気が付けば、黒潮の大蛇行は6年目に入りましたが、良い意味で安定して、冬の高水温状態が保たれている様です。

さて、そんな本日の写真はMIYAMOTOさんにお借りした5点です。

まずはエントリー直後に遭遇したマダラトビエイ。証拠写真です(笑)

こちらは永らく住み着いているオオモンカエルアンコウyg

夏から成長を続けている若いタカサゴとハナムロの群れ。

実はあちこちに潜んでいるトラフケボリタカラガイ。

今季とても豊作だったキンチャクガニも健在でした。

最近の安定したコンディションは、どうやらこの黒潮の接岸のおかげの様です。このままいっその事、くびれ部分が繋がってストレートな流れになって、大蛇行が終息してくれたら良いのですが、まぁそううまくはいかないか(((^^;

というわけで、MIYAMOTOさんお写真どうもありがとうございました。

明日は再び西風が強くなりそうです。
何とかホームで潜りきれます様に。。。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:6~9℃
  • 水温:19~20℃
  • 透視度:15~20m
  • 波高:1~2m

観察された主な生き物

カゴカキダイ群れ、ミツボシクロスズメダイyg、アカホシカクレエビ、ホタテツノハゼ、ベラギンポ、ミナミコブヌメリ、クマドリカエルアンコウyg、ウデフリツノザヤウミウシ、ジョーフィッシュ、ワライヤドリエビ、キンチャクガニ

マダラトビエイ、クマドリカエルアンコウyg×2、オオモンカエルアンコウyg×2、クダゴンベ、コケギンポ、サラサウミウシ、オオモンカエルアンコウad、ハチジョウタツ、ハナキンチャクフグ、カンザシスズメダイyg

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, キンチャクガニ, マダラトビエイ, タカサゴ群れ, トラフケボリタカラガイ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド

コガラシエビ出現!

久々に下浅地へ行ってきました。

今日は午前中は良い凪ぎで、鏡の様な穏やかな水面。というわけで、朝イチはザトウクジラサーチもしつつ外洋エリアへ! ゲストのリクエストもあって、下浅地にエントリーしたところ、これが大当たりでした~♪

潜行してすぐにマダラトビエイが悠々と目の前を通過。

深場に降りてみれば、サービス満点のクダゴンベのペア。

そして今季大当たりだったタルミ系の、ホホスジタルミygがこんなに!

フレームアウトしていますが、全部でなんと8匹も居ました(^^)
因みに現在近場ではマダラタルミが6匹居る場所もあります(笑)

下浅地ラストはキンチャクガニ。右隣の物体?はカルイシガニです。

そして、最後は備前に出現中の珍しいコガラシエビ。

ガイド自身10年ぶりの遭遇。今のところ定着してくれています(^^)

そのほか、今日はシロクマ、クロクマ、オオモン、イロカエル、、、カエルアンコウygがなんと7個体、カエル好きなゲストさんも大喜びな内容でした(^^)

以上、本日の写真はMIYAMOTOさんにお借りしました。
どうもありがとうございました~!!!

今夜からお天気が下り坂、、、海も荒れそうでクローズ濃厚です(*_*)

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:9~17℃
  • 水温:21℃
  • 透視度:15~20m
  • 波高:1~2m

観察された主な生き物

マダラトビエイ、テングダイ、タカサゴ群れ、キンギョハナダイ群れ、クダゴンベ、ホホスジタルミyg×8、サガミリュウグウウミウシ、クロユリハゼ、キンチャクガニ、カルイシガニ、アオウミガメ

コケギンポ、クダゴンベyg、クマドリカエルアンコウyg(白)、オオモンカエルアンコウyg(黄)、オオモンカエルアンコウyg(ピンク)、フリソデエビ、ハチジョウタツ、ダルマハゼ、タスジウミシダウバウオ、イソコンペイトウガニ

コガラシエビ、ヤノダテハゼ、クマドリカエルアンコウyg(黒)、クマドリカエルアンコウyg(白)×2、イロカエルアンコウyg、アナモリチュウコシオリエビ、クダゴンベyg、ハナミノカサゴyg、ネッタイミノカサゴyg、カイメンガニ

串本の生きもの

キンチャクガニ, ホホスジタルミyg, クダゴンベ, マダラトビエイ, コガラシエビ

串本のダイビングポイント

住崎, 備前, 下浅地

今日も浅地へ。

大物、大群、盛り沢山でした。

今日も予報より風が穏やかで、午前中は当たっている浅地へ! ゲストのリクエストもありマクロは封印?して大物狙いで廻ってきました!

エントリー直後はマダラトビエイのお出迎えで幸先良くスタート! ハタンポの大群を眺めつつトンネルをくぐった後は、根の上でカンパチ、ツムブリ、イソマグロが交代で現れる最高のシチュエーションでした(^^)

こちらは1匹目のマダラトビエイ。

ちょっと距離がありました~(^^;

後半は更に期待を込めて中層を奥へ出ると、今度は2匹のマダラトビエイ、そしてそしてハンマーも出現!! ほぼ同じ目線でハンマーを目撃したのは今季初! 浅地のポテンシャルが解き放たれた様な楽しい1ダイブでした~(^^)

そして全体的に水中のコンディション回復も進んで、近場のエリアも平均10mほどの視界で快適に遊べています。
また今日は久々に中黒礁にも行ってきました。小魚たちの大群が根を覆いつくさんばかりに群れていて、皆さん大喜びでした~。

イシモチygの大群 向こう側が見えません。

イサキygの群れもボリューム満点でした(^^)

視界良好な南側の砂地ではホシテンスygを発見。

久々の中黒礁は超お魚だらけで、ゲストには大好評だったので、またちょくちょく行っちゃいそうです(^^)

以上、本日の写真はTSURUTAさんにお借りした4点でした。
どうもありがとうございました~!!!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:23~29℃
  • 水温:26~27℃
  • 透視度:10~12m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

マダラトビエイ、ヒレナガカンパチ群れ、ツムブリ群れ、イソマグロ、ハンマーヘッド、メジナ群れ、ニザダイ群れ、ツマグロハタンポ群れ、クエ、スジアラ、ワモンダコ、キンチャクガニ

カゴカキダイ群れ、ジョーフィッシュ、ミナミハコフグyg、タテジマキンチャクダイyg、ウメイロモドキyg、イソギンチャクエビ、イソコンペイトウガニ、マルタマオウギガニ、ハダカハオコゼ

ホシテンスyg、ハナハゼ&ダテハゼ、クロホシイシモチ群れ、イサキyg群れ、マアジyg、カマスyg、キビナゴ群れ、ハナミノカサゴ、ミナミハコフグyg、クチナシイロウミウシ、カイメンガニ

串本の生きもの

マダラトビエイ, クロホシイシモチ群れ, イサキyg群れ, ホシテンスyg

串本のダイビングポイント

グラスワールド, 浅地, 中黒礁

久々の!!

久々に外洋で大物に出会いました〜〜。

連休も今日で最終日。
天気にも恵まれて楽しく連休を潜り切ることができました〜〜♪

今日は外洋からスタート〜〜。
その外洋で・・・・・・久々にマダラトビエイに出会いました!!

しかも、2枚が15分以上目の前をウロウロ〜〜。
こんなラッキーな出会いなかなかないです(^^)

動画をFacebookページにも掲載させていただきます。ご覧になる場合はこちらから。

「極小探し」のイメージが付きつつある僕ですが、ワイドなガイドもできるんです笑

といいつつ、2本目からはマクロ中心で近場エリアへ(^^;)

いよいよ12月から始まるイベント「ウミウシサーチ」に向けて少しずつウミウシを探しています。

今日は、アオセンミノウミウシをGET!!

大きさは5mmくらいかな〜〜??
今年は水温が高くウミウシが増えにくいようですが・・・・それでも結構な数がいるようです(^^)

ご参加いただける方大募集!!!!ぜひ参加してくださいね〜〜。

幼魚もここにきて増えています。
たくさんの幼魚を確認しましたが・・・その中から2種類をご紹介します!!

最初は、マツカサウオyg。

そして、南方種のチョウチョウウオ「ミカドチョウチョウウオyg」一際目立っていました〜〜。

ウミウシ探しイベントや須江遠征イベントなどなど食事関係にイベントができないご時世の分、ダイビングでのイベントを色々して行きたいと思います(^^)

明日は少人数でのんびりとダイビングの予定。
隙きあらばウミウシも調査してみよっ!!

本日のお写真を提供してくださった2名様ありがとうございます!!!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:14〜18℃
  • 水温:22〜23℃
  • 透視度:10〜15m
  • 波高:1.0m

観察された主な生き物

キビナゴの群れ、キンギョハナダイの群れ、マダラトビエイ、ハタタテハゼ、ハナミノカサゴ、キンチャクガニ、キホシスズメダイの群れ、シラコダイの群れ

ホタテツノハゼ(ペア)、オニハゼ、ヒレナガネジリンボウ、タテジマヤッコyg,ニシキフウライウオ、スルガリュウグウウミウシ、ガブリエラウミウシ、マツカサウオyg、アオセンミノウミウシ

シロオビハゼ、レッドフィンエンペラー、ジョーフィッシュ、クマドリカエルアンコウyg、ベニカエルアンコウ、カゴカキダイの群れ、アカヒメジの群れ、マダラタルミyg、

イソギンチャクモドキカクレエビ、ソラスズメダイの群れ、セボシウミタケハゼ、クロユリハゼ、ミカドチョウチョウウオyg、アサドスズメダイyg、キンチャクガニ、ゴマハギyg、ヒレナガハギyg

串本の生きもの

マツカサウオyg, マダラトビエイ, アオセンミノウミウシ, ミカドチョウチョウウオyg

串本のダイビングポイント

グラスワールド, 備前, 浅地, サンビラ

大物も小物も♪

やっぱり浅地は楽しいな。

今日も穏やかな天気&海況が続いています(^^) 1日中無風でベタ凪ぎなんてホント珍しいんですよ~。

さて、そんな今日の写真は、なっちゃんさんにお借りした5点です。

朝イチは肩慣らしにアンドの鼻へ。ニシキフウライウオやカエルアンコウなど、アンドらしい生物満載でした。今日でクローズなのが残念過ぎます。

そして2本目は久々の浅地へ。透視度はイマイチでも、やっぱりポテンシャルの高さはピカイチでした。飛び込んですぐにマダラトビエイが目前に。

優雅に飛ぶ姿をかなり間近で観察できました~。

魚待ちしている間は、キンギョハナダイ、ニザダイ、メジナ、タカサゴの群れがぐるぐると回る中、50~60匹ほどのムレハタタテダイも時々加わっていい感じでした。

大群を堪能した後は、根の上をのんびり流します。

最後は抱卵中のキンチャクガニをじっくり観察して終了~。
これ、直上のカメラに向かって必死に抵抗しているとこです。

ラスト3本目は住崎でのんびりダイブ。旬ネタ中心にたっぷり遊んできました。

発見から数日のオオモンカエルアンコウyg
今日は小さい体で大きなあくびを披露してくれました。

こちらはアオヒトデ背景のヒトデヤドリエビ。久々に発見。

そんな感じで大物も小物も、盛りだくさんな1日でした。

というわけで、なっちゃんさん、素敵なお写真どうもありがとうございました。

明日も良い海況が続きそうです♪ 何が見られるでしょうか?(^^)

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ時々曇り
  • 気温:14~22℃
  • 水温:23~24℃
  • 透視度:10~12m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

アザハタ&クロホシイシモチ群れ、ケラマハナダイ、ニシキオオメワラスボ、オトヒメエビ、カモハラギンポ、ニシキフウライウオ、イロカエルアンコウ(捕食)、アシビロサンゴヤドリガニ、アカスジウミタケハゼ、セボシウミタケハゼ、ミナミハコフグyg、ワモンダコ

マダラトビエイ、スジアラ、クエ、メジナ&ニザダイ&タカサゴ群れ、ムレハタタテダイ、スジアラ、キンギョハナダイ群れ、キンチャクガニ

クロホシフエダイ群れ、クエ、ヒトデヤドリエビ、タテジマキンチャクダイyg、アザハタ&キンメモドキ群れ&カマス群れ、ムスメウシノシタ、オオモンカエルアンコウyg、アオリイカ、ニラミギンポ、イソコンペイトウガニ、

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, キンチャクガニ, ヒトデヤドリエビ, マダラトビエイ, ムレハタタテダイ

串本のダイビングポイント

住崎, 浅地, アンドの鼻

最近ツイてる〜〜♪

今日は朝から終わりまでツイていました〜〜(^^)

週末のクジラブームに湧く串本エリア。
残念ながら連日見られる事はなく、どこかへ行ってしまったようです。
ただ、クジラがいなくても、今の串本の海はアツい!!!!

朝一は回遊魚&大物に遭遇!!!!ヒレナガカンパチからハマチ、そしてキビナゴの群れなど終始魚影が濃く、さらに、移動した先ではマダラトビエイが登場!!!!しかも1回去った後に戻ってきてくれる大サービス付き〜〜。

外洋らしい海を体感してきました〜〜♪
最近マダラトビエイよく会うな〜〜(^^)そのうち黒潮に乗って珍客が再びくるかもしれません(^^)

ワイドを堪能した後は、今年増え始めたキンチャクガニも発見!!

ワイドにマクロにお腹いっぱいな外洋1ダイブでした〜〜♪

2本目からは近場でのんびり〜〜。

ようやく、本来の串本の海が戻って来たようで、久々にタテジマキンチャクダイの成魚がいたり、ソメワケヤッコygがいたりと、カラフルな魚が増えてきています!!

最終便では、レアな生き物がトントンっと登場!!
台風で飛んでいってしまったニシキフウライウオですが、また別の場所で発見しました!!!!

ニシキフウライウオの前には、ウミウシカクレエビ&ニシキウミウシも見つけ、めちゃくちゃツイてる1日とりました〜〜♪

この写真、綺麗な絨毯の上にいるエビって感じで綺麗〜〜。
台風のうねりを耐えて欲しいな〜〜。

ここまで順調すぎたので、クジラも!?って思わず欲が出ちゃいましたが、
そこまでの運はなかったみたい・・・(^^;)欲出すとダメですね〜〜笑

でも、トータルしたら、大物、回遊魚そして、マクロのレア種まで見れてクジラに匹敵する位の楽しさだったと思います!!(ゲストさんもそう思ってくれているはず!!!)

明日以降はやや台風のうねりが届く予報ですが、まだまだ、マクロは撮れる位。
今アツい串本の海にぜひ遊びにきてくださいね〜〜。

本日のお写真はDAIMONさんにお借りしました。
素敵なお写真ありがとうございました。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:24〜28℃
  • 水温:26〜27℃
  • 透視度:8〜10m
  • 波高:0.5m

観察された主な生き物

メジナの群れ、イワシの群れ、ヒレナガカンパチ、ハマチ、ビンチョウマグロyg、キビナゴの群れ、タカサゴの群れ、ニザダイの群れ、ハナオトメウミウシ、キンチャクガニ、マダラトビエイ、ナマコマルガザミ、ソメワケヤッコ、クロホシイシモチの群れ、オオモンハタの群れ、コガネミノウミウシ、アザハタ、クリアクリーナーシュリンプ、ダテハゼ(喧嘩)、タテジマキンチャクダイ、スミゾメミノウミウシ(産卵中)、ウミウシカクレエビ&ニシキウミウシ、シロイバラウミウシyg、ウデフリツノザヤウミウシ、ガラスハゼ、ニシキフウライウオ、テングダイ

串本の生きもの

キンチャクガニ, ニシキフウライウオ, マダラトビエイ, ウミウシカクレエビ(ニシキウミウシ), ソメワケヤッコyg

串本のダイビングポイント

住崎, 浅地, アンドの鼻

正月早々大当たり〜〜。

幸先のいいスタートを切りました!!

明けましておめでとうございます。僕個人としては、新年最初のブログ投稿となります。本年もよろしくお願い申し上げます。

さて、お正月の賑わいもひと段落し、今日はのんびり〜〜。
朝一は波も落ち着き、新年1発目の外洋へ〜〜。

外洋の初潜りは大当たり〜〜。

マダラトビエイが3枚登場し、テンション急上昇!!!
幸先のいい外洋ダイビングとなりました!!!

同じ場所をぐるぐるしているようで、全チーム見ることができ、最高のスタート!!!そして、今日はこれだけではなくサメも登場!!

大型の・・・・・コバンザメです笑
安全停止中に大きなメジロザメっぽい影も見えた気がしたのですが、僕しか見れず、確証がなし。

でもこのコバンザメがすぐそばを泳いでいたので、おそらくいたはずです!!!
いや、いたに違いないと思っています笑

大物で幸先のいいスタートを切った今日は、マクロも充実していました。
串本では珍しいアヤトリカクレエビも登場しました。


写真3点:橋本さん

しばらくいてくれると思います。
さらに、これからの時期人気が出てくるクロヘリアメフラシも外洋ではたくさん。

嚢胞がついているアヤニシキについていると最高なんだけどな〜〜。
これから楽しみな被写体が増えました!!!

そして、ウミウシ好きなゲストさんも大満足できるくらいウミウシが増えてきました!!!1mmサイズから大きなサイズまで選り取り見取りです♪

昔は、ヒプセロドーリス・ゼフィラという呪文のような名前だったウミウシ。
今はソヨカゼイロウミウシという和名が付いています。今日は正月早々イチャイチャしていました笑

そして、今日の一番ヒットはこちら。


写真3点:小林さん

指との大きさを比べてもらうと小ささがわかるかな??
小さすぎてピントがなかなか合わず、なんとか時間の少ない中で撮っていただきました!!!

これは自分も撮りたいな〜〜〜〜。

とこんな感じでワイドにマクロに盛りだくさんの1日となりました〜〜。
明日は風もより穏やかになる予報です。

まだまだ、ノンストップで潜り続けます!!

そして、新年1発目の「串本・古座ガイド」。僕が担当させていただいております。今年から新メンバーも加わりますので、本年も応援よろしくお願いします。

そして、1月19日には新年会が開催されます。
まだ空きもありますので、是非ご参加くださいませ〜〜。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:6〜11℃
  • 水温:18℃
  • 透視度:10〜12m
  • 波高:1.0m

観察された主な生き物

マダラトビエイ、アヤトリカクレエビ、コバンザメ、サメジマオトメウミウシ、ニシキウミウシyg、マダラエイ、クエ、タカサゴの群れ、ヒメセミエビ、イセエビ、イタチウオ、クロヘリアメフラシyg

オオモンカエルアンコウyg、クダゴンベyg、ウデフリツノザヤウミウシ、ソヨカゼイロウミウシ、テングダイ、ツバメウオ、チョウチョウコショウダイyg、アザハタ、キンメモドキ、クロホシイシモチ、コケギンポ、ミナミハコフグyg

ジョーフィッシュ、アカゲカムリ、カゴカキダイの群れ、イサキの群れ、ウデフリツノザヤウミウシ、ミスガイ、ミアミラウミウシ、イソコンペイトウガニ

串本の生きもの

マダラトビエイ, アヤトリカクレエビ, アヤニシキ&クロヘリアメフラシyg, ソヨカゼイロウミウシ, ウデフリツノザヤウミウシ(ピカチュウ), コバンザメ

串本のダイビングポイント

住崎, 2の根

高確率〜〜♩

またまたいました〜〜。

今日も海は穏やかで、お店の前の駐車場では暑いくらいの気候でした〜〜。

朝一は、外洋へ。
外洋も透明度は10mほどで若干濁りが入っていましたが、そよそよと流れていて、前半はいい感じ〜〜。
後半は流れが早くなり、少々ハードでしたが、その流れのおかげでまたまた出会えました〜〜〜マダラトビエイ!!!!


写真:YAMAMOTOさん

1枚だけかと思ったら、すぐに2枚目も登場!!!
テンションがみなさんうなぎ登り〜〜〜。

1枚目のマダラトビエイはぼーっとしていたのか、何故か僕の方へどんどん近づいてきて、もう少しで激突しそうでした汗
後になって激突しておけば話のネタになったのに〜〜と後悔・・・。z

その後は近場でのんびり〜〜。
例年より時期は遅いですが、クロヘリアメフラシも徐々に数が増えて来たような気がします。

 

その表情やっぱり可愛いですね〜〜。
増えているといえば、アミメジュズベリヒトデの赤ちゃんも増殖中!!!!

この構図、めっちゃ好き〜〜。海藻がいい感じです♩

そして、個人的に今季初のボブサンウミウシ〜〜。

写真3点:OBANさん

ケヤリソウの側にいてくれてめっちゃいい被写体でした〜〜。

最終便では、沖からの潮が入り、水温が17度台に上昇〜〜。
このまま水温が上昇してくれたらいいなあ〜〜〜〜。

明日も穏やかな海なので、がっつり楽しんで来ま〜〜す!!!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:8〜18℃
  • 水温:14〜17℃
  • 透視度:5〜10m
  • 波高:0.5m

観察された主な生き物

ベニキヌヅツミ、オルトマンワラエビ、アオウミウシ&アヤニシキ、マダラトビエイ×2、クロヘリアメフラシyg、マツカサウオyg、アカホシカクレエビ、アミメジュズベリヒトデyg、サガミリュウグウウミウシ、ゾウゲイロウミウシ、ヒロウミウシ、イロカエルアンコウyg、ボブサンウミウシ、メジロダコ、アラリウミウシyg、オニヒトデ

串本の生きもの

ボブサンウミウシ, マダラトビエイ, アヤニシキ&クロヘリアメフラシyg, アミメジュズベリヒトデyg

串本のダイビングポイント

グラスワールド, 備前, 2の根