串本の生きもの / ホタテツノハゼ

ハナイカの赤ちゃん

今日も楽しく潜れました。

数日前の嵐と大量に流れ込んだ雨水の影響が残り、今日も水中はやや視界不良気味で透視度は6~7mほど(((^^; そんなモヤがかかった様な水中でしたが、見られる生き物は超盛りだくさんで、とても楽しく遊べています(^^)v

そんな本日の写真はDAIMONさんにお借りしたマクロ4点です。

まずはリクエストを頂いたホタテツノハゼ。ご機嫌で超接近に成功(^^)

ベンケイハゼは、よーく見るとコペポーダ(寄生虫)4匹付き。

嵐の後で激減中のウミウシですが、超極小3ミリのピカチュウも発見。

そして今日は生まれたてハナイカの赤ちゃんも発見。

まだ体長1cmですが、いっちょ前に体色変化も出来ちゃいます。
ハナイカの卵はまだまだ多数残っているので今後も経過観察が楽しみ~(^^)

というわけで、DAIMONさんナイスフォトをありがとうございました。

水温はすっかり24℃台に上がってきたので、このまま安定&透視度回復が進んでほしいところですね~。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:曇り
  • 気温:22~27℃
  • 水温:23~24℃
  • 透視度:5~8m
  • 波高:1~2m

観察された主な生き物

コロダイ群れ、テングダイ、ヤッコエイ、ハナイカyg、モンガラカワハギ、クロホシフエダイ群れ、オオモンカエルアンコウ(ペア)、オイランヨウジ、ホタテツノハゼ、サクラダイyg、ベンケイハゼ(コペポーダ)、ウデフリツノザヤウミウシyg、ナガサキスズメダイ(卵)、ジョーフィッシュ、アカゲカムリ

アオウミガメ、サガミミノウミウシ、ハナゴンベyg、ミナミギンポ、ニラミギンポ、クマノミ卵、ブリ、イラ、ヒョウモンウミウシ、タテジマキンチャクダイyg、イソコンペイトウガニ、イガグリウミウシ、キンギョハナダイ群れ

串本の生きもの

ホタテツノハゼ, ハナイカyg, ウデフリツノザヤウミウシyg, コペポーダ, ベンケイハゼ

串本のダイビングポイント

住崎, 備前

砂地エリア

ハゼ類を確認してきました!

今日も穏やかな串本!
なので、朝は外洋に行ってきました。

ポイントは浅地に潜ったんですが、まさかのやや激流の下り潮
そのおかげで、魚影が盛り沢山&透明度良好!
メジナはあちこちに居るし、アオブダイも産卵行動なのか集まっているし
もぉ様々な魚が群れてて潜ってる際中、終始ワクワクでした(^^♪

後半は近場へ
水温も上がってきたので、砂地のハゼ達の確認をしにいってきました。
結果、去年居た個体たちは健在でした(^^♪
これから元気に出てくるのが楽しみです(^^)

そんな本日の写真は確認ができたハゼ達を載せたいと思います。

ホタテツノハゼと

ヒレナガネジリンボウ どっちも共生エビが写っています。

それと綺麗なヤノダテハゼ

おまけにウミウシカクレエビ

写真4点貸して下さった
MIKAさんありがとうございました。

陸も海も夏らしくなってきましたね~~。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れのち曇り
  • 気温:25℃
  • 水温:21℃
  • 透視度:10~12m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

ムレハタタテダイ、メジナ、アオブダイ、タカサゴ、キホシスズメダイ、キンギョハナダイ、クエ、コガネスズメダイ、ブリ、タカベyg

ホタテツノハゼ、ヒレナガネジリンボウ、ヤノダテハゼ、クマドリカエルアンコウ、マツカサウオyg、ウミウシカクレエビ、ヒョウモンウミウシ、オニカサゴ

イセエビ、アジyg、アザハタ、クロホシイシモチ、キンメモドキオオウミウマyg、オランウータンクラブ、イラ、オオモンカエルアンコウ、テングダイ、コロダイ、ヤッコエイ

串本の生きもの

ウミウシカクレエビ, ホタテツノハゼ, ヒレナガネジリンボウ, ヤノダテハゼ

串本のダイビングポイント

住崎, 備前, 浅地

冬と夏

様々な生き物たち!!

今日も穏やかな串本。
若干、うねりが残っていましたが
撮影などに支障が無いぐらいなのでとっても快適でした(^^♪

そんな本日はゲストとマンツーマンダイビング!
3ダイブともロングコース&ロングダイブでとっても濃いダイビングでした。
しかも、今の串本の海は冬の生き物だけではなく様々な生き物に溢れています。

まずはウミウシです。
ニシキウミウシとキイボキヌハダウミウシのセット

次にミカドウミウシ&ウミウシカクレエビ

クマドリカエルアンコウygとnew個体のニシキフウライウオ

昨日まではオスも居てペアだったのにな~~

また、南方種系のハゼも健在!

そしてラストはこの時期ならではのカスザメ

以上!!盛り沢山でした(^^♪
写真提供して下さったS.Iさんありがとうございました。

そして、お知らせです!!!
明日からシーマンズクラブは4日間の冬季休暇に入ります。
再開は金曜日から致しますのでよろしくお願い致します(^^♪

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れのち曇り
  • 気温:17~15℃
  • 水温:17~18℃
  • 透視度:15m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

ホタテツノハゼ、カスザメ、マツカサウオyg、オオモカエルアンコウyg、ミナミギンポ、クロスジギンポ、ニラミギンポ、コホシカニダマシ、アオリイカ

ニシキフウライウオ、ボブサンウミウシ、クダゴンベ、クマドリカエルアンコウyg、ミカドウミウシ&ウミウシカクレエビ、ニシキウミウシ&キイボキヌハダウミウシ、ヒラメ、ホウライヒメジの群れ

ジョーフィッシュ、カミソリウオ、クマドリカエルアンコウ、アカゲカムリ、ヤッコエイ、ムチカラマツエビ、イソバナガニ

串本の生きもの

クマドリカエルアンコウyg, ニシキフウライウオ, ホタテツノハゼ, カスザメ, ニシキウミウシ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前

お正月

水中の魚達は賑やかです!!

毎年、お正月はどこも人で賑わっていますが
今年はコロナの関係上そんな風景が見れませんでしたが
水中の魚達にはそんな事関係なし!!どのポイントもかなりの魚影で賑やかです。
これも例年に比べ、水温が高く維持されている証拠ですね(^^♪

まず、ワイドならカゴカキダイやアカヒメジそれと冬定番のテングダイがお勧め!マクロならニシキフウライウオや大人気のマダラハナダイの他に
南方種のヒレナガネジリンボウやホタテツノハゼなどのハゼも健在ですよ。

3ダイブでは物足りないぐらい海の中が面白いです!!
そんな本日の写真はこちらになります。

スジアラ&ホンソメワケベラ 警戒心無くされるがままでした

ヒレナガネジリンボウ  はじめ見たときはペアでホバリングしてました。

ホタテツノハゼ 共生エビもちらほら出てきてくれました。

写真3枚:TTさん
貸して頂きありがとうございました。

明日からまた寒波が到来!
そして西風がかなり吹く予報にもなっています。
週末大丈夫かかな・・。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:11℃
  • 水温:18~19℃
  • 透視度:12m
  • 波高:1.5~2m

観察された主な生き物

ナガサキスズメダイ、ベラギンポ、ハナミノカサゴ、イガグリウミウシ、ヒオドシユビウミウシ、ゴシキエビyg、アマミスズメダイyg、チョウチョウウオ、オトメハゼ

カゴカキダイ、アカヒメジ、スジアラ、ミナミギンポ、テングダイ、クマドリカエルアンコウ、マダラタルミyg、ゾウゲイロウミウシ、アオサハギ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、ヤセアマダイ

ホタテツノハゼ、ヒレナガネジリンボウ、ニシキフウライウオ、アジアコショウダイ、オオモンカエルアンコウyg、ニシキウミウシ、ヒョウモンウミウシ、ミドリリュウグウウミウシ、ソヨカゼイロウミウシ、アオリイカ

串本の生きもの

ホタテツノハゼ, ヒレナガネジリンボウ, スジアラ

串本のダイビングポイント

グラスワールド, 備前, イスズミ礁

冬の海

荒れてるのは見た目だけ!

昨日の予報では、クローズ級の海況になる予報でしたので少し心配でしたが
実際、船を出して行ってみたら海の中は問題無し!!荒れてるのは見た目だけ!
まさに冬の海って感じでした。

でも、住崎エリアは前半だけで後半はサンビラへ避難。
やっぱこの時期のサンビラ側エリアは安定感抜群ですね(^^♪

それでは本日の写真です。
ホタテツノハゼ(ペア)&コトブキテッポウエビ
ヒレナガネジリンボウ

キクチカニダマシ

マツウカサウオyg

写真:STAFF川嶋

明日も予報を見る限りかなり吹くみたいです。
奇跡的にまた潜れると良いな~。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:9℃
  • 水温:21℃
  • 透視度:12m
  • 波高:2m

 

串本の生きもの

マツカサウオyg, ホタテツノハゼ, ヒレナガネジリンボウ, キクチカニダマシ

串本のダイビングポイント

住崎, サンビラ

じっくり共生ハゼ

今日もコンディション良好でした~。

今日は曇りがちなお天気でしたが、風は穏やかで海もとても静かでした。気温が低いせいもあり、水温はポイントによって21℃台の所もありましたが、水中の状態も引き続き良好で楽しく遊べています。

さて、写真の方はHOLYさんにお借りした、朝イチの備前&午後の吉右衛門からマクロ5点です。

まずはリクエストを頂いた「じっくり共生ハゼシリーズ」
ダテハゼ&ニシキテッポウエビ

続いてヤノダテハゼ。キレイにヒレ全開です~。

ホタテツノハゼは、かなり慣れてきて接近撮影できますよ~。

こちらはヒトデヤドリエビ。マンジュウヒトデ背景が美しい。

こちらもキレイな組み合わせ。
白化イソギンチャクとミツボシクロスズメダイyg

今日は「最近行っていないポイント」のリクエストもあり、イスズミ礁と吉右衛門に行ってきましたが、見慣れない景観や予期せぬ珍生物との遭遇に、ゲストさんは皆さん大喜び(^^) ガイドにとっても実りある2ダイブでした。
たまには潜ってみなくちゃいけませんね~!!(^-^;

というわけで、HOLYさん、どうもありがとうございました。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れのち曇り
  • 気温:13~19℃
  • 水温:21~22℃
  • 透視度:15m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

ヤノダテハゼ、ホタテツノハゼ、ダテハゼ&ニシキテッポウエビ、ハナゴンベyg、テングダイ、タテジマキンチャクダイyg、ヒメウツボ、ウメイロモドキyg、キホシスズメダイ(産卵)、ハナミノカサゴ、ツバス

マダラタルミyg、カゴカキダイ&アカヒメジ群れ、ミヤケベラyg、アマミスズメダイyg、オトメハゼ、イサキ群れ、チョウチョウウオ、トノサマダイ、ホシゴンベyg、キンギョハナダイ群れ、ニザダイ群れ

イサキ群れ、タカサゴ群れ、イシダイ、アオウミウシ、タカサゴスズメダイyg群れ、ムラサキウミコチョウ、ヒトデヤドリエビ、テンロクケボリタカラガイ、アカマツカサ群れ、ミツボシクロスズメダイyg

串本の生きもの

ホタテツノハゼ, ヒトデヤドリエビ, ヤノダテハゼ, ミツボシクロスズメダイyg, ダテハゼ&ニシキテッポウエビ

串本のダイビングポイント

備前, イスズミ礁, 吉右衛門

透明度抜群♪

水温&透明度共に最高です♪

ここ数日天気もよく小春日和が続いています(^^)
今日は透明度もグン!!ってアップ!!!

20mオーバーの透明度で気持ちよ〜〜くダイビングができました♪

水中の生き物も今日は昨日よりも元気な様子!!
ハゼエリアでは各種ハゼ達も機嫌よ〜〜く出てくれていました!!

途中では中層にイサキの群れが!!!
思わずウミウシ調査の合間にコンデジで撮っちゃいました!!

水めっちゃ青くないですか?!
これぞ串本ブルー!!!このままこの海況が続いて欲しいな〜〜。

この青さはやっぱりテンション上がりますね〜〜。

もちろん今日もウミウシ調査は継続!!
今日は目移りもしちゃってあまり探せませんしたが、小さいウミウシ達がたくましく成長しているようです。

今日出会ったウミウシを一部ご紹介します。
今までスルーしていたウミウシってこんなにもいたんだな〜って日々痛感してます(^^;)

今日初めて出会った種類。フジタウミウシSP-6です!!
新しい種類をゲットすると嬉しい♪

トンプソンコトリガイ。

他にもいましたが、今日はこれくらいに笑

透明度もいいので、ワイドも楽しいですよ〜〜。

明日までは晴れの予報!!!
明日も全力で楽しむぞ〜〜〜〜!!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:18〜23℃
  • 水温:23℃
  • 透視度:20m
  • 波高:0.5m

観察された主な生き物

マダラタルミyg、ソラスズメダイ、クマドリカエルアンコウyg、イソバナガニ、ミナミギンポ、ジョーフィッシュ、ミヤケベラyg、イサキの群れ、カゴカキダイの群れ、アカヒメジの群れ、スジアラ、ヘラヤガラ

ニシキフウライウオ(ペア)、クダゴンベyg、ノコギリハギyg、クロホシフエダイの群れ、テングダイ、ミドリリュウグウウミウシ、サザナミフグ、ムチカラマツエビクエ、ヤッコエイ

串本の生きもの

ホタテツノハゼ, イサキの群れ, トンプソンコトリガイ, フジタウミウシSP-6

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド

砂地最高~。

スナジーさんと砂地探索へ。

今日はやや強い東風でしたが、秋晴れで水中はとても穏やか。
相変わらず透視度も良く、とても気持ちよく潜れています(^^)

そんな今日の写真は、本日2000本達成の砂地大好きスナジーさんにお借りした砂地のハゼ5点盛りです。

まずは今季多いヤノダテハゼ。あちこちに出現中です。

こちらも複数定着中のホタテツノハゼ&コトブキテッポウエビ。

ハチマキダテハゼもチラホラ見かけます。

地味珍系のホタテツノハゼSP3のペア。スナジーさんの宿敵です。

同じく地味珍系、スナジーさんのラスボス、ヒメオニハゼ(^^)

そのほかヒレナガネジリンボウ、ホタテツノハゼSP4など、共生ハゼ探索を満喫していただきました。最終ダイブでは彦兵衛~サンビラのディープな砂地も探検して堪能して頂き、見事2000本達成のスナジーさんでした(^^)

というわけでスナジーさん、2000本おめでとうございました&お写真ありがとうございました。

明日は波の様子をみて、外洋も行ってみましょうかね~!!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:17~23℃
  • 水温:24~25℃
  • 透視度:12~20m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

ヤノダテハゼ、ホタテツノハゼ、ハチマキダテハゼ、ヒメオニハゼ、ホタテツノハゼSP3、オニハゼ、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、アナモリチュウコシオリエビ、アオウミガメ、イソギンポ

テングダイ、クロホシフエダイ群れ、ホラガイ(捕食)、アカハチハゼyg、アカゲカムリ、キビナゴ群れ&ソウダガツオ、ヤッコエイ、オビテンスモドキyg、ナンヨウハギyg、ニシキフウライウオ

タテジマヤッコ、ヤセアマダイyg、オニハゼ、ハナアナゴ、タレクチウミタケハゼ、イサキ群れ、ミスジチョウチョウウオyg、トノサマダイyg、シマハタタテダイyg、ツノハタタテダイyg、カンムリベラyg

串本の生きもの

ホタテツノハゼ, ヤノダテハゼ, ヒメオニハゼ, ハチマキダテハゼ, ホタテツノハゼSP3(ペア)

串本のダイビングポイント

住崎, 備前, サンビラ

ハゼ

今日もハゼへ!!

今日は朝からハゼリクエストがあったので
今、串本で見れるハゼ達を確認がてら見に行ってきました!!

台風の影響で砂地もだいぶ雰囲気が変わってはいるものの
ハゼ達は変わらず元気に出てくれていました。
ホタテツノハゼからヒレナガネジリンボウまで南方種が勢揃い(^^♪
運が良ければ共生エビも一緒に見れるちゃいますよ。

今の水温だからこその見れる生き物って貴重です。
これを逃したら来年までお預けになってしまうので
見に来るならお早目に~~~~(笑)

では、こちらが今回撮って頂いたハゼになります。
ホタテツノハゼとコトブキテッポウエビ

ヒレナガネジリンボウ

写真2点:モリタニさん
それと今限定で潜れるアンドの鼻ではネジリンボウを発見!!
久々に出会いました!!

写真1点:西川さん
お二人の方有難うございました。

明日も穏やかな海になりそうです。
しかも天気も晴れマークです(^^♪

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:雨のち曇り
  • 気温:24℃
  • 水温:26℃
  • 透視度:10~12m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

ホタテツノハゼ、ヒレナガネジリンボウ、テングダイ、アナモリチュウコシオリエビ、ノコギリハギ、イガグリウミウシ、アオウミウシ、マツバギンポ、キンギョハナダイ

アザハタ、キンメモドキ群れ、ニラミギンポ、イソギンチャクモエビ、ミツボシクロスズメダイyg、コケギンポ、ナンヨウハギyg、ニシキフウライウオ

ハナミノカサゴ、ミナミハコフグyg、タキゲンロクダイyg、コマチコシオリエビ、タテジマキンチャクダイyg、、キリンミノカサゴyg、イソコンペイトウガニ、ネジリンボウ

串本の生きもの

ホタテツノハゼ, ヒレナガネジリンボウ, ネジリンボウ

串本のダイビングポイント

住崎, 備前, アンドの鼻
コトブキテッポウエビ

コトブキテッポウエビ

共生エビを求めて砂地探索へ。

朝晩は風が涼しく感じる日も増えてきましたが、日差しが出ている日中はまだまだ汗ばむ陽気になります。
今日もお天気は気持ちよい秋晴れになり、海もとても静かで快適なダイビングが楽しめました~(^^)

今日は砂地の共生ハゼのリクエスト、ではなく、共生エビのリクエストを頂き(((^^; いざ砂地へ出掛けてみました。

話題のホタテツノハゼや、

ヤノダテハゼなどの南方種と共生するコトブキテッポウエビ。

紅白主体のカラーで、名前のコトブキ(寿)が、めでたい感じ(^^)
コトブキテッポウエビ

普通種のクビアカハゼとコシジロテッポウエビも多数。

といった感じで共生ハゼ&エビ観察で楽しく遊べました~。

そのほか、あちこちで出現中のマダラタルミygや

表情豊かなヒメゴンベ。

アオスジテンジクダイの口内抱卵など、

秋の旬ネタが盛りだくさんの一日でした(^^)

というわけで、今日のナイスフォトは、福ちゃん&モリタニさんのお二人にお借りした7点でした。どうもありがとうございました~!!!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:22~26℃
  • 水温:25~27℃
  • 透視度:8~12m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

ユウゼン、メジナ&ニザダイ群れ、タカサゴ群れ、コガシラベラ産卵、スジアラ、クエ、アオブダイ、マツバギンポ、ハマチ、ムレハタタテダイ、ナンヨウハギyg

オオモンカエルアンコウyg、アカホシカクレエビ、オドリカクレエビ、ホタテツノハゼ、ニシキオオメワラスボ、ヨセナミウミウシ、テングチョウチョウウオyg、アオサハギyg、アオウミガメ、マダラタルミyg

クマドリカエルアンコウyg、キンメモドキ群れ&アザハタ、ニラミギンポ、キビナゴ群れ、ホタテツノハゼ、ヤノダテハゼ&コトブキテッポウエビ、アカホシカクレエビ、クマノミ(産卵)、ソメワケヤッコyg

ジョーフィッシュ、コケギンポ、カゴカキダイの群れ、アカヒメジ群れ、ハタタテハゼyg、マダラタルミyg、アオスジテンジクダイ(口内抱卵)、マルスズメダイyg、シコクスズメダイyg、ヒレグロスズメダイyg、ササスズメダイyg、

串本の生きもの

ホタテツノハゼ, マダラタルミyg, ヤノダテハゼ, アオスジテンジクダイ(口内抱卵), ヒメゴンベ, コトブキテッポウエビ, コシジロテッポウエビ

串本のダイビングポイント

グラスワールド, 備前, 浅地, アミハタ