串本の生きもの / イボイソバナガニ

メガロパ幼生

今日はエビカニ5点盛りです。

今日は東風穏やかで、陸も海も1日とても静かになりました(^^) そんな3月の初日の今日は湾内のポイントで3ダイブ、マクロを中心にゲストとマンツーマンでじっくり遊んできました。

まずはイボイソバナガニとキミシグレカクレエビペアの珍しい同居です。

こちらはウミウシカクレエビとミカドウミウシ。ツートンカラータイプ

ウミウシカクレエビとミカドウミウシ。ドット柄タイプ

珍しいゴシキエビの幼体。定着してくれますよーに。

そして最後はタマオウギガニの降りたてホヤホヤメガロパ幼生。

最近春の潮に乗って、甲殻類の幼生も多数入り込んできている感じがします。
例年よりも変わった種類が時々出ているので、今後の海もますます楽しみです。

以上、本日の写真は西谷さんにお借りしたエビカニ5点でした。
どうもありがとうございました~!!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:14~15℃
  • 水温:17.5℃
  • 透視度:10~12m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

スダレチョウチョウウオ、イロカエルアンコウ、ジョーフィッシュ、ハチジョウタツ、クマドリカエルアンコウ、ウデフリツノザヤウミウシ、アケウス、サガミアメフラシyg、テングダイ、

マツカサウオyg、オオモンカエルアンコウyg、ジョーフィッシュ、ワニゴチ、ルージュミノウミウシ、コケギンポ、ハナゴンベyg、タマオウギガニyg、ホラガイ(捕食)、ウデフリツノザヤウミウシ、ウミウシカクレエビ&ミカドウミウシ

クマドリカエルアンコウyg、イボイソバナガニ、キミシグレカクレエビ、ウミウシカクレエビ&ミカドウミウシ、クダゴンベ、ヒオドシベラyg、スルガリュウグウウミウシ、オイランヨウジ、ゴシキエビyg、ナンヨウハギyg、

串本の生きもの

ウミウシカクレエビ, イボイソバナガニ, キミシグレカクレエビ, ゴシキエビyg, タマオウギガニyg

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前

ナカソネカニダマシ

寒波再来。

暖かかった昨日までと比べ、昨夜から気温がぐんと下がり、再び寒波がやってきました~(*_*) 本州最南端の串本でも、洗い場の桶に厚い氷が張るほどです。

そしてこれ、珍しい上向きの氷柱。アイススパイクと言うそうです。

さて、こんな不思議な自然現象が見られるほど陸上はかなりの冷え込み具合でしたが、水中は18℃前後とこの時期の平均よりは高く、まだまだ生き物もたくさん(^^) 飛び込んでしまえば快適に遊べています。

今日の写真は今日撮りのスタッフ撮影データです。

まずはクマドリカエルアンコウyg 新たに備前に出現中です。

こちらはヒメギンポのメス。ちょうど今が産卵シーズンです。

こちらはムチカラマツエビとイボイソバナガニの珍しい同居セット。

最後はキレイなナカソネカニダマシです。今季多いかも。

以上、撮れたてホヤホヤの5点でした~。

明日も海況は問題なさそうです。何が見られるでしょうか?(^^)

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:2~8℃
  • 水温:18℃
  • 透視度:10~12m
  • 波高:1~2m

観察された主な生き物

マツカサウオyg、ニシキフウライウオ、クマドリカエルアンコウyg、ジョーフィッシュ、イソコンペイトウガニ、ナカソネカニダマシ、ノコギリハギyg、アオウミガメ、

クマドリカエルアンコウ、ハチジョウタツ、マダラタルミyg、ジョーフィッシュ、カゴカキダイ群れ、アカヒメジ群れ、ハナゴンベyg、タテジマヤッコ、ミナミギンポ、アナモリチュウコシオリエビ、

ニシキフウライウオ、ヒオドシベラyg、クダゴンベyg、ハナゴンベyg、イロブダイyg、ミギマキ群れ、イソギンチャクモエビ、コケギンポ、ノコギリハギyg、

串本の生きもの

クマドリカエルアンコウyg, ナカソネカニダマシ, ムチカラマツエビ, イボイソバナガニ, ヒメギンポ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前

猛烈なので。

今日の午後からクローズです。。。

まだ遥か南の海上を北上中の台風19号ですが、予想より少し早く、今朝から大きなうねりが入っています。
今日は午前中のみ何とかダイビングできましたが、海中も一気に揺れて、透視度は一気に落ち込みました。さすが「猛烈」な台風ですね。。。

そんなぎりぎり潜れた今日の海は、底揺れはありましたが魚の活性はとても高く、キンメモドキを襲うハタや、キビナゴに突っ込むハマチの群れなど、あちこちで迫力のアタックシーンが見られました。
うねりのさなかでも魚たちは躍動的で、とてもエキサイティングな中層ダイブにゲストも大満足でした(^^)

さて本日の写真は「住崎深場の最近ネタ」です。

まずは深場のフチドリハナダイ。

イボイソバナガニ。面長の大きいオス。

アナモリチュウコシオリエビや、

美しいウミウシカクレエビ。

猛烈なうねりに、みんなどうか飛ばされませんよーに(^^;)

さて、台風接近に伴い、明日、明後日とお店は戸締り万全で臨時休業とさせて頂きます。
また、明日から13日まで、海はクローズ確定となり、海況の回復次第で14日からダイビング再開の予定です。

紀伊半島は直撃コースから外れましたが、東海、関東エリアは大荒れの天気になりそうです。十分お気を付けください!!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:曇りのち雨
  • 気温:22~25℃
  • 水温:25~26℃
  • 透視度:7~12m
  • 波高:3m

観察された主な生き物

ネンブツダイ群れ、キンメモドキ群れ&アザハタ&オオモンハタ群れ、キビナゴ群れ&ハマチ群れ&ヒレナガカンパチ、カモハラギンポ、コケギンポ、クエ、モンハナシャコ、テングダイ、タテジマキンチャクダイyg、フチドリハナダイ、ジョーフィッシュ

串本の生きもの

ウミウシカクレエビ, アナモリチュウコシオリエビ, イボイソバナガニ, フチドリハナダイ

串本のダイビングポイント

住崎, 備前

甲殻類いっぱい。

お天気最高のダイビング日和でした!

今日から風が東風に変わり、海は一気に落ち着いてべた凪ぎになりました。

という事で、午前中は外洋エリアへ。釣り船がやたら多く、ポイント変更しまくりでしたが、島廻りや北の根で楽しく遊んできました。

今日の写真はそんな外洋エリアで出会った甲殻類あれこれをご紹介します。

まずはイボイソバナガニ。鼻(額)の短いメスです。外洋のあちこちで見れます。
pc250301

お次はアカゲカムリ。カイメンを自分で切り取って背負ってます。
アカゲカムリ

こちらはモンハナシャコyg 人差し指ほどのかわいいサイズでした。
モンハナシャコ

最後はキンチャクガニ。今年は豊作でとても多かったんです。
キンチャクガニ
写真(4点):KANOさん

他にはミカドウミウシ&ウミウシカクレエビ(アイキャッチ画像)や、夏から居ついている巨大フリソデエビのペアなども見れました。

甲殻系は冬の寒さには割りに強いので、今後もまだまだ元気な姿が見れそうです。

KANOさん2日間お写真ありがとうございました!!

さて、明日12月26日(月)、27日(火)は、2日間休業となり、28日(水)から営業再開となります。ご不便をお掛けしますが宜しくお願いします。

この冬の休業日はこちらからご確認下さい。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:8~12℃
  • 水温:20℃
  • 透視度:8~12m
  • 波高:1m

串本の生きもの

テングダイ, キンチャクガニ, ハナゴンベyg, ガラスハゼ, イガグリウミウシ, カゴカキダイ, モンハナシャコ, アカゲカムリ, キンメモドキの群れ, イサキの群れ, キンメモドキ, フリソデエビ(ペア), イボイソバナガニ, イソバナガニ, バサラカクレエビ, アカヒメジ, タカサゴの群れ, ミカドウミウシ&ウミウシカクレエビ, サガミリュウグウウミウシ, サザナミヤッコ, キンチャクガニ(抱卵), コミドリリュウグウウミウシ, ヒプセロドーリスゼフィラ

砂地探検隊!

各ポイントの砂地をくまなく!

今日は泳ぐの大好きゲストとマンツーマンで砂地探索へ!

機動性をフル活用して、3ダイブで倍の6ダイブ分ほど探索してきました。

最初の写真はこちら。北の根の砂地で遭遇。これな~んだ?カスザメ

正解はカスザメ(^^) 冬の底モノの代表格です。
カスザメ
写真:YANAIさん

午後は久々のポイント彦兵衛の砂地へ・・・。お目当てのツバクロエイには会えませんでしたが、でっかいヒラメに遭遇。
ヒラメ
写真:YANAIさん

ラストは備前の砂地で、ホタテツノハゼ、ヒレナガネジリンボウなど、珍ハゼをあれこれ見ながら、ポイント縦断砂地コースで遊んできました。

あ~、おなかいっぱい(笑)

YANAIさん、どうもありがとうございました。

さて、明日も天気は最高♪ 午前中は外洋も出れそうです!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:7~10℃
  • 水温:21℃
  • 透視度:12~15m
  • 波高:2m

串本の生きもの

アオウミガメ, ピカチュウ, ホタテツノハゼ, ヒレナガネジリンボウ, カスザメ, キンメモドキの群れ, ヒラメ, イボイソバナガニ, ヤッコエイ, オニハゼSP④, ハチマキダテハゼ, シンデレラウミウシ(交接), アマミスズメダイ(産卵)

串本のダイビングポイント

備前, 北の根, 彦兵衛

ウミウシ、続々と。

ウミウシの姿が目立つ季節になりました!

今日は昨日までの波が治まり、一日静かな凪ぎになりました。

最近水温がじりじり下がって現在22℃弱ですが、この位の温度になるとウミウシの姿がよく目につく様になってきました。

まずはキカモヨウウミウシ&クラカトア。珍しい2ショット!?です。
キカモヨウウミウシ&クラカトア
写真:隠田さん

こちらはキイロウミウシ&クラカトア(奥)。最近チビクラカトアが多い様です。
キイロウミウシ
写真:隠田さん

最後はこちら、最近個体数が復活しつつあるオトヒメウミウシ。
オトヒメウミウシ
写真:隠田さん

その他、チゴミノウミウシ、ミチヨミノウミウシ、スミゾメミノウミウシ、珍しいモロックニシキウミウシなどなど、冬っぽいウミウシを多数確認してきました。

じわじわ下がる水温を受けて、今後も続々とウミウシが登場しそうな雰囲気です。

隠田さん、お写真どうもありがとうございました!!!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:8℃
  • 水温:21~22℃
  • 透視度:10~12m
  • 波高:1m

串本の生きもの

カゴカキダイの群れ, ハタタテハゼ, ミナミギンポ, イボイソバナガニ, バサラカクレエビ, キカモヨウウミウシ, オトヒメウミウシ, ヤマブキハゼ, セアカコバンハゼ, ヒプセロドーリス・クラカトア, キイロウミウシ, スミゾメミノウミウシ, チゴミノウミウシ, ミチヨミノウミウシ, モロックニシキウミウシ, キンメモドキ大j群

串本のダイビングポイント

グラスワールド, 備前, 北の根

じっくりダイブ!

ウミウシ&甲殻類がたくさん!

本日も昨日に引き続き穏やかな海になりました!!
うねりの方も少し落ち着き、さらに快適に(^^♪
このままのコンデションがずっ~~~~~と続いたら良いな(^^♪

さてさて、そんな今日も外洋&近場でまったり潜ってきました。
どちらのポイントも冬っぽくなってきました!!
その証拠に、ウミウシや甲殻類が少しずつ多くなってきました。
これからは、まったりではなくじっくりのダイビングになっていくのかな(^^♪

そんな今日の写真はコチラ!
アカゲカムリ  外洋には沢山!

ハタタテハゼ(ペア) まだまだ出てますよ(^^♪

コホシカニダマシ 口もぐもぐしてます。

最後はこれ!! ホラガイ&ヒトデ捕食

写真4点:小林さん

有難うございました。

明日は雨予報・・。
でも風は東!!
まぁ潜れるから大丈夫!!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:20℃
  • 水温:23℃
  • 透視度:12~15m
  • 波高:1m

串本の生きもの

ジョーフィッシュ, ミナミハコフグyg, ガラスハゼ, マツカサウオyg, ホタテツノハゼ, ヒレナガネジリンボウ, ハタタテハゼ, イソコンペイトウガニ, アカホシカクレエビ, オルトマンワラエビ, ハナミノカサゴ, アカゲカムリ, キンメモドキ, キンギョハナダイ, イボイソバナガニ, ミカドウミウシ, セミエビ, ムスジコショウダイyg, ヤマブキハゼ, テンクロスジギンポ, キミシグレカクレエビ, コホシカニダマシ, ソメワケヤッコyg, モンガラカワハギ, ミチヨウミノウミウシ, キンチャキガニ

串本のダイビングポイント

グラスワールド, 備前, 北の根, 二の根

珍生物豊富!!

また水温が・・・。

陸の気温が徐々に冬に近づいてきました。
これから先もっと寒くなるので暖かい格好しなければ(^^♪

そんな中、まさかの水温低下(T_T)
今まで温かくて快適だったのに!!
もう一回温かくならないかな~~~~~。
でも、魚は豊富です!!
特に、珍生物が多くフォト派の方もそうでない方も面白い海になってます(^^)
冬に見られる生き物も続々と現れつつあります!
これからが楽しみですね(^^♪

そんな本日の写真はコチラです!!
ヒレナガネジリンボウ ハゼもまだまだ行けますね!!
1-p1030135
ハダカハオコゼ アップ過ぎる~~~!!
1-p1030151
アオウミガメ 最近隙間から出てくること多いな!
1-p1030129
写真3点:柳井さん

有難うございました。

明日も、海況が良さそうです(^^♪
外洋に行っちゃうかな!!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:20℃
  • 水温:23℃
  • 透視度:12~15m
  • 波高:1m

串本の生きもの

ジョーフィッシュ, アオウミガメ, キンチャクガニ, ミナミハコフグyg, クダゴンベ, イロブダイyg, マツカサウオyg, ニシキフウライウオ, ホタテツノハゼ, モンハナシャコ, ハダカハオコゼ, クエ, キンメモドキ, キンギョハナダイ, イボイソバナガニ, スジアラ, ムスジコショウダイyg, ベニヒレイトヒキベラyg, キビナゴ, ニシキヤッコyg, イソバナカクレエビ, サザナミヤッコ, ツルガチゴミノウミウシ, モンガラカワハギ, メンコヒシガニ, ホホスジタルミ

串本のダイビングポイント

住崎, 備前, 二の根

海底砂漠

今月末でクローズ。アンドの鼻の砂地探索へ!

マニアに人気のアンドの鼻は今月末でいったんクローズになります。
今日は今期一度も探索してなかった広大な「海底砂漠」を一人で探索してきました。

何もないように見える海底砂漠ですが、よく見ればあちこちに生物が隠れています。

まずはこちら。ダルマオコゼ。転がってる石ころみたいで可愛いです。
ダルマオコゼ

今日は珍しいシロブチハタygに出会いました。
シロブチハタyg

海底砂漠の各所に点在する定置網のアンカーや、積み上げられた土嚢(どのう)を住処にする生物を多数発見しました。

最後はパンダダルマハゼの様子を見に・・・。もうすぐ見納めかぁ~。
パンダダルマハゼ
写真:iwa

さて、明日は雨も止んで天気が戻ってきそうです。
いったい何が見られるでしょうか?(^^)

串本の海の魅力を詰め込んだ「ウェブマガジン」制作のため、海とダイビングの総合サイト「オーシャナ」より、カメラマンの越智さん、ライターの寺山さんが月末まで町内に滞在中です!期間中(10/24~10/31)はサイトの「ヘッドライン」に、ほぼ毎日記事がアップされます。昨日までに既にアップされた記事もありますので、是非毎日チェックして下さい!

紀伊半島・串本ダイビング特集(2016Autumn)

 

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:雨
  • 気温:22℃
  • 水温:25.5℃
  • 透視度:10~15m
  • 波高:1m

串本の生きもの

フリソデエビ, キンギョハナダイの群れ, ネジリンボウ, キンメモドキの群れ, キビナゴの群れ, イボイソバナガニ, パンダダルマハゼ, アザハタ&クロホシイシモチの群れ, ダルマオコゼ, シロブチハタyg, スマ(カツオ)

串本のダイビングポイント

住崎, アンドの鼻, 北の根

ドリフトしてきました!

北の根からのドリフト。爽快でした!

今日はあれこれ条件が揃ったので、外洋エリアでドリフトしてきました。

エントリー直後、イサキの大群のお出迎えから始まり、中盤はキンメの大群&ハナミノカサゴ、ハナダイの群れ、マクロも楽しみながら、終盤は浅い根の上を流してサンゴの景色を楽しんできました(^^)

これからの時期、条件が揃えばこんな潜り方もできちゃいます。

さて、今日はストック写真から、下野尻さんにお借りした写真をご紹介。

キンメの群れ&ハナミノカサゴ 北の根こんな感じです。
ハナミノカサゴ&キンメモドキ

ハナミノカサゴのアップ 結構な強面ですね。
ハナミノカサゴ

最後はアザハタのどアップ。 鮮やかです。
アザハタ

写真3点:下野尻さん どうもありがとうございました(^^)

午後はアンドでまったり遊んで終了~。

いつ潜っても、生き物探しが楽しいポイントです。

あと半月で閉まっちゃいますよ~!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:曇り
  • 気温:23℃
  • 水温:26℃
  • 透視度:12~15m
  • 波高:1m

串本の生きもの

フリソデエビ, ミナミハコフグyg, ホホスジタルミyg, イロブダイyg, クダゴンベyg, ネジリンボウ, クエ, イサキの群れ, セボシウミタケハゼ, イボイソバナガニ, パンダダルマハゼ, アカハチハゼ, ヤクシマキツネウオ, キンメモドキ大群, ヒゲニジギンポ, キンギョハナダイ大群

串本のダイビングポイント

住崎, アンドの鼻, 北の根