串本の生きもの / ナガサキスズメダイ(卵)

うねり継続・・・

台風6号・8号どっちのだ!?

4連休も終了!!
連休中お越しいただいた皆様ありがとうございました。

夏休みシーズンとなり平日もゲストさんの数も増えてきています。
ありがたい事です(TT)

水中はうねりがあるものの透明度はいい感じ〜〜♪
揺れていても水が綺麗であればまだまだ遊べますね。

今週にはサンゴの産卵予想もあるので早くうねりが収まってほしいものです・・・。

人間にとっては大きな揺れでも魚達は耐え忍び生活しています。
特にたくましいのは、スズメダイの父。

巣穴に入ってくる砂やゴミを出しながら・・・・
卵も守っているタフさを持っています。

魚達は避難場所を知っている。

各種幼魚は寄り添う生え物を探して懸命に泳ぐ姿は可愛い〜〜。

そして、水温の上昇に伴って増えてきたミナミハコフグyg。

可愛い幼魚が増えてきた〜〜♪

そして、小さいといえば・・・・
ウミウシも。

今日はミリ単位のピカチュウがたくさん。

さらに、今日はハナイカが集団でハッチアウトしたようです。

卵を見に行こうとしたら、下に稚イカが。
めっちゃ可愛かった〜〜(^^)

明日以降はうねりがどうなるのか・・・・・。
もう予測不能です(〜〜;)

なんとかうねりが落ちますように。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:26〜30℃
  • 水温:24〜26℃
  • 透視度:10〜12m
  • 波高:1.0m

観察された主な生き物

カモハラギンポ(保育)、ミナミハコフグyg、アオサハギyg、マルタマオウギガニ(抱卵)、ウデフリツノザヤウミウシyg、ウミカラマツエビ、クマノミ(卵)、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ

ミナミギンポ、シロタエイロウミウシ、ハナイカyg、イロカエルアンコウyg、ベニカエルアンコウyg、イラ、コロダイの群れ、アザハタ、キンセンイシモチ(口内哺育)

ジョーフィッシュyg、カゴカキダイの群れ、タツノイトコ、カンザシヤドカリ、ニシキカンザシヤドカリ、オビテンスモドキyg、ウデフリツノザヤウミウシyg、シロハナガサウミウシ、ナガサキスズメダイ(卵)、ベニホンヤドカリ

串本の生きもの

ミナミハコフグyg, アオサハギyg, ナガサキスズメダイ(卵), ハナイカyg, ウデフリツノザヤウミウシyg

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前

子育てモード全開です。

台風の影響無く、快適な週末でした。

今日は小雨の降る天気でスタートしましたが、海の方はとても静か(^^)
台風のうねりもほとんどなく、今日も浅地に入れるほどでした。
水中は水温24℃前後、視界は平均15mほどで、あちこちで求愛や産卵、抱卵シーンなど、子育てモード全開な様子が観察されています。

さて、そんな本日の写真は、マクロ生物&子育てシーンを。

まずは浅地のキンチャクガニ。今季も多数出てます。

写真:YOUSETSUYAさん

マツカサウオygは、近場のポイントで多数出現中。

写真:タナカさん

ミナミギンポは巣穴で卵のお世話中です。

写真:YOUSETSUYAさん

アオスジテンジクダイは口の中で子育て中。

写真:YOUSETSUYAさん

こちらはセナキルリスズメダイの保育シーン。

写真:タナカさん

最後はそこら中で始まった、ナガサキスズメダイの保育シーン。

写真:タナカさん

以上、YOUSETSUYAさん、タナカさん、素敵なお写真をどうもありがとうございました(^^)

夕方にはすっかり晴れてカラッとしましたが、明日は再び梅雨空に戻る予報。
ひとまず海は凪ぎの予報なので、明日ものんびり潜れそうです(^^)

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:雨のち晴れ
  • 気温:18~23℃
  • 水温:22~25℃
  • 透視度:12~25m
  • 波高:1~2m

観察された主な生き物

ムレハタタテダイ群れ、スジアラ群れ、メジナ群れ、ニザダイ群れ、タカサゴ群れ、アオブダイ産卵、コガシラベラ産卵、ツマグロハタンポ群れ、イセエビ群れ、カンムリベラyg、キンチャクガニ

ジョーフィッシュ、セナキルリスズメ(抱卵)、ナガサキスズメダイ(抱卵)、クボミサンゴヤドリガニ、タツノイトコ(抱卵)、アオスジテンジクダイ(口内抱卵)、カゴカキダイの群れ、

イサキ大群、ミスジスズメダイ、ホタテツノハゼ、ダンダラダテハゼ、マツカサウオyg、サガミミノウミウシ、ハナゴンベyg、ミナミギンポ(抱卵)、ハチジョウタツ(抱卵)、アナモリチュウコシオリエビ、フリソデエビ、アオウミガメ

串本の生きもの

キンチャクガニ, マツカサウオyg, ミナミギンポ, アオスジテンジクダイ(口内抱卵), ナガサキスズメダイ(卵), セナキルリスズメダイ(卵)

育児に励むお父さんたち。

夏の海!コンディション良好です!

今日は1日東風で波の無い穏やかなお天気で、抜群のダイビング日和でした。
遥か洋上に2つの台風が発生していますが、水中も今日は平穏そのもの。

水温は幾分低めの場所もありますが、水底でも平均24~25℃とようやく夏らしい快適な温度になってきました。
ここ数日は毎晩潮も入れ替わり、透視度もぐんぐん良くなっていて、今日も最終便では暖かくてキレイな潮がぐぐっと入り込んでます。

さて、今日の写真は久々登場の福ちゃんさん、モリタニさんペアにお借りした「保育シリーズ」から。

まずはナガサキスズメダイ。卵の世話にお忙しのお父さんです。

撮影:福ちゃんさん

こちらも同じお父さん。お世話しながら次の産卵床のお手入れもします。

撮影:福ちゃんさん

イソギンポのお父さんたちはフジツボの中の卵を守っています。

撮影:福ちゃんさん

ジョーフィッシュは今がピークかも。あちこちで観られますよ~。 
撮影:モリタニさん

こちらはキンセンイシモチのお父さん。口が卵でパンパンです。

撮影:モリタニさん

最後はアオサハギの赤ちゃん。ミリサイズが続々登場中です。

撮影:モリタニさん

そんな感じで、近頃の海中は子育てモード全開です。
なにやら慌ただしく、微笑ましく、ますます楽しくなってきましたよ~。

福ちゃん、モリタニさん、お写真どうもありがとうございました。

さて、明日も海況良さそうです。何が見られるでしょうか?

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:26~30℃
  • 水温:24~27℃
  • 透視度:10~15m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

イセエビ、クエ、イシダイ、クマノミ(卵)、コケギンポ、ミナミハコフグyg、カモハラギンポ(卵)、アカゲカムリ、イソコンペイトウガニ、ニシキウミウシyg、イラ、ニシキベラ(産卵)

ウデフリツノザヤウミウシ、クロウミウマ、ジャパニーズピグミーシーホース、ジョーフィッシュ(卵)、テングダイ、クマノミ(卵)、キイボキヌハダウミウシ、コケギンポ、イソギンポ

カゴカキダイの群れ、キンセンイシモチ(卵)、カモハラギンポ(卵)、ジョーフィッシュ(卵)、ナガサキスズメダイ、モンハナシャコ、ハナイカ、イロカエルアンコウ、ジャパニーズピグミーシーホース、アオサハギyg、コケギンポ、イソギンポ

串本の生きもの

アオサハギyg, ジョーフィッシュ(口内抱卵), ナガサキスズメダイ(卵), イソギンポ, キンセンイシモチ(口内抱卵)

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前

よく揺れた〜〜〜。

台風のうねりが残念ながら落ちず・・・。

台風10号のうねりが昨日から入って来ましたが、今日も残念ながらうねりは継続。朝は静かな感じだったのですが、時間の経過と共に、うねりが逆戻り。

なんとか、1日船は出せましたが、揺れる海を堪能する1日となりました。
天然のゆりかごを超えてアトラクションの様な海でした笑

そんな揺れの中でも生き物達は健気に生活をしています。
ナガサキスズメダイもうねりの中、卵をしっかりと守っていました。

魚達は台風にも負けずに頑張っているんですね〜〜。
魚の世界では父は強しです!!

うねりに耐えるといえば、小さな体のこいつもじっと耐え忍んでいました!!
ジャパニーズピグミーシーホース。

小さいけど根性のある子ですね。体が小さい分うねりの影響も受けにくいのかな??ジャパピグみたいに、止まれたら水中楽なのにな〜〜。

台風の影響も悪いことばかりではない様で、うねりに乗って、ミナミハコフグygなどの南方種も徐々に数を増やしています。


写真:スタッフ小池

1cmサイズの個体も出てきているので、これから幼魚シーズンも始まっていきそうです。

さて、明日はうねりも減っていく予報。
明日は快適に潜れます様にと祈るばかりです。

そして、遥か彼方に台風11号・・・・。
もう台風やめてくれ〜〜〜。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:28〜31℃
  • 水温:23〜25℃
  • 透視度:8〜10m
  • 波高:0.5m

観察された主な生き物

クマノミ(卵)、ヒレナガカンパチの群れ、クロウミウマ、コケギンポ、ウデフリツノザヤウミウシ、イソコンペイトウガニ、テングダイ、ワモンダコ、ジョーフィッシュ、ハナミノカサゴ、ジャパニーズピグミーシーホース、イロカエルアンコウ、ソラスズメダイ(抱卵)、

串本の生きもの

ミナミハコフグyg, ジャパニーズピグミーシーホース, ナガサキスズメダイ(卵)

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前

卵祭り

今旬の卵ネタで3本潜ってきました!!!

今日は、常連さんの3人で1チーム。
今旬の卵ネタ中心に60分越えを3本とがっつり遊んできました!!!

前回の嵐の影響でいなくなってしまった子もいましたが、
嵐にも負けず、懸命に卵を守っている姿を見せてくれる生き物たちがたくさん。

まずは、カモハラギンポと卵。
死んでしまったカキなどの2枚貝を利用して卵を産み付け、あとはお父さんが
見張り番。

そして、同じくイクメンのナガサキスズメダイ。
気の強いお父さんの場合には、ダイバーに突っ込んでくるときも(;^ω^)

魚の世界では父は強し!?

お次は口内哺育シリーズ。
ガンガゼモドキなどの針の隙間をうまく利用して暮らしているマジマクロイシモチ。この口内哺育は個人的に初めて見ました!!!

そして、アオスジテンジクダイも口内哺育中。

全体的に産んだばかりの卵が多かった気がします。
新たなクールになるタイミングだったのかもしれません。

さて、今夜はクマノミのハッチアウトを狙い、ナイトに行った方もいらっしゃいます。無事に生まれるといいなあ~~。

サンセットやナイトなど生態シーンがたくさん見られる今の時期は、昼も夜もとダイバーも魚たちも大忙しです(笑)

明日も引き続き東風で海も穏やかそうなので、がっつり3本いってきます!!!

本日のお写真はキリンさんにお借りしました。
素敵なお写真ありがとうございます。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:曇り時々雨
  • 気温:21~23℃
  • 水温:22℃
  • 透視度:10m
  • 波高:0.5m

観察された主な生き物

カモハラギンポ(卵)、アザハタ、ジョーフィッシュ、アオリイカ(卵)、クマノミ(卵)、アナモリチュウコシオリエビ、ナガサキスズメダイ(卵)、ガラスハゼ(卵)、クダゴンベ、コケギンポ、サツマカサゴ、ハナキンチャクフグyg、ナカソネカニダマシ、マジマクロイシモチ(口内哺育)、ジョーフィッシュ(口内哺育)、アオサハギyg、アオスジテンジクダイ(口内哺育)、ミヤケテグリ(ペア)

串本の生きもの

アオスジテンジクダイ(口内抱卵), ナガサキスズメダイ(卵), カモハラギンポ(抱卵), マジマクロイシモチ(口内哺育)

ハゼ探索&群れを堪能。

絶好のダイビング日和でした!!

今日は、梅雨の中休み??
スカッと晴れて絶好のダイビング日和となりました!!!

水中も24℃~25℃ととても快適(^◇^)
透明度も表面を除けば良好です♪

そんな今日は、備前とグラスワールドへ。
備前では、魅惑のハゼエリアへ行ってきました!!!

昨日の水温低下の影響か一部のハゼは休業でしたが、ヒレナガネジリンボウや

ヒレナガネジリンボウ

ヤノダテハゼなど多くのハゼを観察する事ができました!!

ヤノダテハゼ

2本目はグラスワールドへ。
昨日大当たりだったヒレナガカンパチの群れを狙いに行ってきました!!
結果は大当たり(^^♪

ヒレナガカンパチ

僕たちのそばに来て、キビナゴにアタックしに行っての繰り返し。
写真は再度キビナゴの群れにアタックしに行く時の一枚です。
カンパチに遊んでもらった後には、キンメモドキygの群れを撮影。

ハナミノカサゴ&キンメモドキyg

外洋のような雰囲気でとてもきれいでした♪
最後はここ最近増えてきたミナミハコフグygと遊んできました。

ミナミハコフグyg

大・小のコンビ。遠近法で同じサイズに撮れないかな~とか考えていました!!
そんな上手いこと行かないですね・・・(笑)

本日のお写真は石倉さんにお借りしました。ありがとうございました。

明日は何が見られるでしょうか?

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:25~28℃
  • 水温:24~25℃
  • 透視度:10~15m
  • 波高:1m

串本の生きもの

ミナミハコフグyg, ピカチュウ, ハナゴンベyg, ヒレナガネジリンボウ, イザヨイベンケイハゼ, ジョーフィッシュ(口内抱卵), キビナゴの大群, ヒレナガカンパチの群れ, ヤノダテハゼ, セアカコバンハゼ, ナガサキスズメダイ(卵), クビナシアケウス, オニハゼSP③と④

串本のダイビングポイント

グラスワールド, 備前

今日は串本でがっつり潜れました~~♪

昨日の大時化の影響もなく、透明度良好でした~~♪

昨日はなんとか潜れたものの、雨が降ったりで透明度など心配していましたが、
今日は透明度良好!!!

1本目はうねりはあったものの、2の根にも行くことができました!!!

近場でも透明度は10m~15mほど。
最終便には、イワガキの放精があり、透明度がやや落ちてきましたが、明日にはまた回復しているはず。

明日に期待します。

さて、今日の写真はうみぶたいさんにお借りしたお写真です。

最初は、備前ですくすくと成長しているハナゴンベyg。

20160626ハナゴンベyg

そして、今年は当たり年の様子。ミアミラウミウシ。
3色同時に見られたらいいのにな~~。

20160626ミアミラウミウシ

最後はちらほら見られてきた幼魚たち。
1円玉サイズのフタスジリュウキュウスズメダイygが出現!!!めっちゃ可愛いです♪
20160626フタスジリュウキュウスズメダイyg

明日は穏やかな海になりそう。
いい海況だといいなあ~~。

お写真を提供してくださったうみぶたいさん、ありがとうございました。

明日は何が見られるでしょうか?

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:28℃
  • 水温:23~25℃
  • 透視度:10~15m
  • 波高:1~2m

 

串本の生きもの

ハナゴンベyg, ミアミラウミウシ, ホタテツノハゼ, ネジリンボウ, クマノミ(卵), ヒョウモンウミウシ, ザラカイメンカクレエビ, オルトマンワラエビ(抱卵), カモハラギンポ(卵), ナガサキスズメダイ(卵), クマノミ(産卵直前), ケサガケベラyg, ホタテツノハゼSP-4, ホクヨウウミウシ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前, 2の根

コンビネーション

海の中でも色々なコンビ&ペアがいるみたいです。

昨日は大雨で国道が冠水している部分も((+_+))
でも、今日は朝から晴れて、海も穏やか~~♪嵐の前の・・・って感じでした。
そんな今日は、近場エリアで3本行ってきました!!

備前では、イザヨイベンケイハゼに会ってきました!!

イザヨイベンケイハゼ&オトヒメエビ
いつもながら、写真を撮ろうとするとタレントさんのマネージャーのように
「写真はやめてください」と言わんばかりにエビたちが前に・・・

イザヨイベンケイハゼ

でも負けずにしっかり正面顔頂きました!!!イザヨイ撮るにはには事務所通さないといけないのかな??(;^ω^)

そして、決してやらせではありません!!!めったにない2ショット。

オルトマン&ピカチュ

オルトマンワラエビの家にピカチュウが遊びに来ていました!!!この2匹仲がいいのかな??

反対にケンカ中のペアも・・・

アカホシカクレエビ

メスが中央を陣取りオスは隅っこに・・・オスが近づくとメスがオスをハサミでバシッ!!!
この光景が普通なペアなのかな!?(笑)

最後は片思いシリーズ。
ピカチュウ2匹のやり取り。最初は仲良く寄り添いいい感じ♪

ピカチュウ1

すると1匹が交接管を出してやる気満々!!!笑
交接の体制に移行していきます。しかし・・・・

ピカチュウ2

もう1匹は全くその気なし!?儚い片思いの1シーン。

ピカチュウ3

寂しそうに帰っていくのを見届け船に上がりました(;^ω^)
ウミウシにも失恋があるんですね・・・。(あくまで想像ですが・・・(笑))

明日はクローズ濃厚。大時化となりそうです・・・汗
昨日の奇跡よ再び起これ~~~!!!!週末に荒れるのはやめてほしいな・・・・。

 

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れのち曇り
  • 気温:24℃
  • 水温:23~24℃
  • 透視度:15m
  • 波高:1m

 

串本の生きもの

ジョーフィッシュ, テングダイ, ピカチュウ, ミアミラウミウシ, タツノイトコ, イロブダイyg, アカホシカクレエビ, オルトマンワラエビ, ネジリンボウ, ヒオドシベラyg, イソギンチャクエビ, ナガサキスズメダイ(卵), ガラスハゼyg, イザオイベンケイハゼ, ケサガケベラ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前

マクロネタ沢山♪

1・2本目は生き物観察、3本目はがっつりフォトダイブ!!

すかっと晴れない日が続きますが、水中はとても穏やか~~♪
今日は近場で3本行ってきました!!!

1・2本目は備前・グラスでじっくり生きもの観察。ウミウシやエビカニ、さらにはスズメダイの保育など盛りだくさんの2本でした~~。

3本目はがっつりフォトダイビング。
イトヒキベラの婚姻色やハナダイの求愛・そして久々確認したタスジウミシダウバウオなどがっつり60分コースで行ってきました。

そんな今日の写真を掲載します。

20160530キンセンイシモチ

キンセンイシモチが各所で口内哺育を始めています。
目が出始めている卵を持っている個体も多くなってきています。

そして、個人的に久々確認したタスジウミウシだウバウオ。

20160530タスジウミシダウバウオ

ハナウミシダのそばにいてくれているので、とても絵になります。

最後は、シロタスキウミウシ20160530シロタスキウミウシ

ゲストさんが見つけてくださったのですが、5mm程の極小個体でした。
すごい綺麗な色合いで見入ってしまいました。

本日お写真を提供していただいたayumuさん、ありがとうございました。

明日は何が見られるでしょうか?

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:曇り
  • 気温:19~21℃
  • 水温:22℃
  • 透視度:15m
  • 波高:0.5m

串本の生きもの

ピカチュウ, カゴカキダイの群れ, ミアミラウミウシ, タツノイトコ, アカヒメジの群れ, ボブサンウミウシ, ジョーフィッシュyg, アマミスズメダイyg, オルトマンワラエビ(抱卵), ナガサキスズメダイ(卵), ハタタテハゼyg, ハナゴイ(求愛), キンセンイシモチ, シロタスキウミウシ

串本のダイビングポイント

グラスワールド, 備前