串本の生きもの / キビナゴ群れ

キビナゴ大群

水温24~25℃に。。。

朝晩の気温に押される様にじわじわと水温が下がってきていますが(((^^; 今日も穏やかなベタ凪ぎの海況が続いています。

久々の浅地は大物こそ出ませんでしたが、お魚は相変わらず満載で根魚たちがそこら中で群れを作っていました。

名物?のキンチャクガニもポイントのあちこちで出会えます。

近場のエリアは若干透視度が落ちましたが、こちらも相変わらずの魚影の濃さは変わりません(^^)

備前のマツカサウオはすっかり大人サイズに成長。

こちらは近頃よく見るゴシキエビのお子様。体長3cm

そして今日もあちこちでキビナゴの大群と回遊魚たちの戦いが。

襲われた瞬間のキビナゴはこんな感じで密集して回避行動をとります。
キビナゴと回遊魚たちのバトルはまだ当分の間は見られそうですよ~。

以上、本日の写真はSACHIさんにお借りしました~!
どうもありがとうございました~!!!

さて、明日からの週末は天気、海況、共に良くなりそうです。
いったい何が見られるでしょうか?(^^)

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ時々曇り
  • 気温:12~17℃
  • 水温:24~25℃
  • 透視度:10~15m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

ツムブリ群れ、メジナ&ニザダイ群れ、キンギョハナダイ群れ、コガネスズメダイ群れ、ムレハタタテダイ群れ、サザナミヤッコ、クエ、タカサゴ群れ、キンチャクガニ

ホタテツノハゼ、ヒレナガネジリンボウ、ホホスジタルミyg、マツカサウオ、クマドリカエルアンコウyg、キンギョハナダイ群れ、イセエビ、キビナゴ群れ&カンパチ&ハマチ群れ

アカヒメジ群れ、クロホシフエダイ群れ、テングダイ群れ、クエ、ミツボシクロスズメダイyg群れ、ゴシキエビyg、ウミウシカクレエビ、ナガサキニシキニナ卵塊(ワイングラス)、アザハタ&キンメモドキ群れ、キビナゴ群れ&ハマチ&カンパチ群れ、オオモンカエルアンコウ

串本の生きもの

キンチャクガニ, キビナゴ群れ, マツカサウオ, ゴシキエビyg

串本のダイビングポイント

住崎, 備前, 浅地

群れ群れ群れ!

今日はワイドな一日でした~!

今日は今季初の冬型のお天気で、朝の空気はとても冷たく感じましたが、水中は26℃とまだまだ快適温度。
西風でやや波がありましたが水中は穏やかで視界もまずまず(^^) 昨日に続いてキビナゴの大群を中心に、ワイドなネタが盛りだくさんの一日でした。

さて、そんな本日の写真はNAOさんにお借りしたワイドな作品6点です!

まずは若いカンパチの群れ。キビナゴを狙って行ったり来たり。

ハマチの群れもキビナゴを狙ってぐるぐる。

回遊魚たちに追い回されてパニック状態のキビナゴ。

何度も目の前でアタックシーンが繰り広げられました。

キンメモドキの群れもじわじわ増えて今後も楽しみです。

アンドの鼻ではアザハタとクロホシイシモチの群れがいい感じです。

秋深くなってきたここ数日ですが、水中はまだまだ夏の様な賑わいです(^^)

というわけで、NAOさん素敵なワイド写真をありがとうございました。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:12~18℃
  • 水温:25~26℃
  • 透視度:10~12m
  • 波高:1~2m

観察された主な生き物

キビナゴ群れ、ヒレナガカンパチ群れ、ハマチ群れ、ツムブリ、オキザヨリ、キンメモドキ群れ&アザハタ、メジナ群れ、キンギョハナダイ群れ、モンガラカワハギyg、マダラタルミyg、ミナミギンポ

キビナゴ群れ、ヒレナガカンパチ群れ、ハマチ群れ、ツムブリ、クエ、オオモンハタ、マツカサウオ、ホホスジタルミyg、メジナ群れ、キンギョハナダイ群れ、ヨゴレヘビギンポ産卵

アザハタ&クロホシイシモチ群れ、ミナミハコフグyg、ウミウシカクレエビ、イッテンアカタチyg、イロカエルアンコウyg、ケラマハナダイyg群れ、ホカケハナダイyg、タテジマキンチャクダイyg、アカシマシラヒゲエビ、シンデレラウミウシ、イロカエルアンコウyg

串本の生きもの

アザハタ, キビナゴ群れ, キンメモドキ群れ, ヒレナガカンパチ群れ, ハマチ群れ

串本のダイビングポイント

住崎, 備前, アンドの鼻

クローズ明けの海は?

視界8m!  回復進んでます!

昨日は大雨からの大時化で、夕方からものすごい荒れ模様でした(((^^; 港の中はまっ茶色でしたが、一夜明けた今日は朝から穏やかな天気になりました。
海中はうねりが残って底揺れがありましたが、視界は平均8mほどに回復して、生き物たちもすっかり元気でした(^^)

さて、今日はノーカメラだったのでストック写真を何点か(^^)

まずはキビナゴの群れ。今日は濁ってたのでこの写真より至近距離でした。

グラスワールドのタテジマヤッコは3年目に突入しました。

これは何の瞳かわかりますか~?

正解はワニゴチでした。しゃくれ顔がなんとも言えません。

最後はおまけのバブルリング。

早くこれ位の透視度に回復して、水温もぐんと上がって欲しいところです(((^^;

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ時々曇り
  • 気温:19~23℃
  • 水温:18.5℃
  • 透視度:6~8m
  • 波高:2m

観察された主な生き物

キビナゴ群れ、コロダイ群れ、ホウライヒメジ群れ、テングダイ、オイランヨウジ、イラ、アオブダイ、イロカエルアンコウ、ハナイカ、ハリセンボン、ワニゴチ

カゴカキダイ群れ、アオリイカ(産卵)、タツノイトコ、ジョーフィッシュ(口内抱卵)、タテジマヤッコ、アマミスズメダイyg、キンギョハナダイ群れ

クマドリカエルアンコウ、ジョーフィッシュ(口内抱卵)、マツカサウオyg、ハナゴンべ、ハチジョウタツ、キンギョハナダイ(求愛)

串本の生きもの

ワニゴチ, キビナゴ群れ, タテジマヤッコ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前

ヒョウモンダコ

午後はクローズ。ビーチ行ってきました。

今日も予報通り午後から西風が強くなり、ボートエリアは午前のみでクローズに。
なので午前はボートで住崎、イスズミ礁、午後は珍しくマリンセンター前ビーチと、マンツーマンでまったり潜ってきました。

さて、写真の方はビーチのデータ4点を、HURUSAKAさんにお借りしました。

まずはビーチで大発生中のフクロノリ。辺り一面びっしりです。

今日はビーチでもキビナゴの群れを見かけました。

ビーチに多い生物の一つ、コケギンポもあちこちに。

最後はちょっと珍しいヒョウモンダコ。久々に遭遇しました。

以上4点、HURUSAKAさんありがとうございました!

海中はフクロノリをはじめ、春の海草&海藻がよく目につく様になってきました。
また、春濁りの前兆なのか、最近の海中は浮遊生物多めで少し濁りがちですが、それでも遊ぶには十分(^^) 是非春の海を感じにお越しください(^-^;

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:9~17℃
  • 水温:17~18℃
  • 透視度:8~10m
  • 波高:1~3m

観察された主な生き物

マツカサウオyg、クダゴンベ、イボイソバナガニ、キミシグレカクレエビ、アナモリチュウコシオリエビ、クマドリカエルアンコウyg、ヒオドシベラyg、ホウライヒメジ群れ、オイランヨウジ、ゴシキエビyg、ハチジョウタツ、ナンヨウハギyg、サガミアメフラシyg、ウデフリツノザヤウミウシ

カスザメ、フウライチョウチョウウオ、カンムリベラ、イサキ群れ、チョウチョウウオ群れ、ベラギンポ、ホシゴンベyg、ノドグロベラyg、ケヤリ

フクロノリ群生、ハナミノカサゴ、キリンミノ、ヒョウモンダコ、アカゲカムリ、シロウミウシ、アオウミウシ、タカノハダイyg、コケギンポ

串本の生きもの

コケギンポ, キビナゴ群れ, ヒョウモンダコ, フクロノリ

串本のダイビングポイント

住崎, イスズミ礁, マリンセンター前ビーチ

大当たりでした!

台風後初めての浅地へ。

今日も日中のお天気は最高~! 海も穏やかで、最高のダイビング日和でした(^^)

というわけで、午前中は先週末コンディション不良でなかなか入れなかった浅地へ! 透視度は昨日より少し落ちましたが、水中はキビナゴの群れをはじめ、それに突っ込むツムブリ&カンパチ&ツバス群れに、時々カツオの群れと、回遊魚が大当たりでした。

キビナゴの群れは常にこの状態でした。

ツバスとツムブリもボリューム満点。時々アタックシーンも。

また根の上ではベラの集団産卵とその卵を狙うメジナとの攻防や、抱卵中のタコ、ギンポなど、子育てネタも盛り沢山でした。

こちらは抱卵中のワモンダコ。観察しやすい良い場所に居ます(^^)

他にも話題のユウゼンやキンチャクガニなど、マクロも盛り沢山でした。

キンチャクガニはうねりの後もよく見れてます。

ムレハタタテダイも少しずつ増えていい感じです。

近場のエリアもすっかり落ち着いて、新たな発見、新たな生き物が続々登場しています。今後の海中の「実りの秋」も楽しみですね~~~。

というわけで、今日の写真はYaiさんにお借りした浅地の写真5点でした。
どうもありがとうございました。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:23~29℃
  • 水温:25~28℃
  • 透視度:10~15m
  • 波高:1~2m

観察された主な生き物

キビナゴ大群、ツムブリ&ツバス群れ、ヒレナガカンパチ、スマ(カツオ)、コガシラベラ産卵、メジナ群れ、タカサゴ群れ、ワモンダコ抱卵、ムレハタタテダイ、ユウゼン、キンチャクガニ、

ニシキフウライウオ、ナンヨウハギyg、アザハタ&キンメモドキ群れ、ニラミギンポ、ヤッコエイ、ツバス群れ、マツバギンポ、コケギンポ、フタイロサンゴハゼ、メジナ群れ、

ハクセンアカホシカクレエビ、ハモ、ヒレナガハギyg、ミナミハタタテダイyg、ミスジチョウチョウウオyg、トゲチョウチョウウオyg、ヤリカタギyg、トノサマダイyg、キイロハギyg、

串本の生きもの

キンチャクガニ, キビナゴ群れ, ムレハタタテダイ, ワモンダコ(抱卵), ツムブリ&ツバス群れ

串本のダイビングポイント

住崎, 浅地, サンビラ

24.7℃ !!!

今季最高の暖かい潮が届きました!

今日は快晴スタートで午後には曇り、夕方霧雨と移り行くお天気でしたが、夏っぽい乾いた西風で、カラッとしていて、海上も一日とても穏やかでした(^^)

朝イチ便は飛び込んでみて、その高水温にびっくり! ガイドのログデータを見ると24.7℃と、今季最高温度を記録していました。
生き物たちが更に活発化することは間違いありませんが、ウエットのゲストさんも余裕の表情で、ついついたっぷり遊んでしまいました(((^^;

さて、そんな本日の写真はヤマナカさんにお借りした5点です。

まずはキビナゴ群れ。近場エリアで密かに集結中です。

こちらはセナキルリスズメダイ。巣穴で卵のお世話中です。

ハチジョウタツも卵でお腹の大きい個体が良く目につきます。

こちらはキッカミノウミウシ。菊の花の様な綺麗なウミウシ。

最後はオオモンカエルアンコウyg 高水温で成長も加速しそうです。

その他、ガレ場に産卵しそうなアオリイカの行動も確認できました。今季は水温の上りが遅く、季節が遅れて推移している傾向なので、まだまだ産卵あれこれ続きそうですよ~。

そして水温がぐんと上がったので、サンゴの産卵もそろそろ見られるかもしれません! 次の大潮周辺、もしかしたら、もしかするかも!?(^^)

というわけで、ヤマナカさん、お写真どうもありがとうございました。

明日は少し波が出そうですが、近場エリアへ出港予定です(^^)

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れのち曇り
  • 気温:23~28℃
  • 水温:24℃
  • 透視度:12m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

マツカサウオyg、セナキルリスズメダイ、ナガサキスズメダイ(産卵)、アオリイカ(産卵行動)、クマノミ(卵)、アナモリチュウコシオリエビ、ジョーフィッシュ、テンロクケボリタカラガイ、コケギンポ、テンクロスジギンポ

キッカミノウミウシ、ジョーフィッシュ、ハチジョウタツ(抱卵)、クロスジギンポ、ニラミギンポ、オオモンカエルアンコウyg、アザハタ&キンメモドキ群れ、カタクチイワシ群れ、キビナゴ大群、ウデフリツノザヤウミウシ、

串本の生きもの

ハチジョウタツ, キビナゴ群れ, キッカミノウミウシ, セナキルリスズメダイ, オオモンカエルアンコウ(黒)yg

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド

透視度上昇~♪

透視度アップ~! 水温は・・・!?

今日は小雨スタートの肌寒い朝でしたが、風はとても穏やかで海はベタ凪ぎ(^^) 水中は昨晩キレイな潮が入り込んだ様で、透視度がぐんと良くなりました。
特にイスズミ礁サイドの水はよく抜けていて20m近い視界でした。水温が19℃だったのがちょっぴり怖いけど(((((^^;

さて、そんな今日の写真はIさんにお借りした5点です。

まずはワイドな1枚。視界良好!イスズミ礁の風景。

住崎の浅場の根ではキビナゴの群れとハマチの攻防が見事でした。

こちらは今見られるカエルアンコウの最小サイズ。体長1cm!

住崎ではホウライヒメジが大集合中です。産卵行動なのかも!?

最後はイエロージョーフィッシュ。水温下がってもこの子だけは元気です。

年内20℃を掲げたいところでしたが、今年もじわじわ水温が低くなってきました。
外気が冷たい日も多くなってきたので、船上の防寒グッツがかなり活躍します! ご来店の際は是非用意してくださいね~!

というわけで、今日の写真はIさんにお借りした5点でした。
どうもありがとうございました~!

さて、明日はお天気回復! 海もベタ凪ぎになりそうです(^^)

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:くもり
  • 気温:8~12℃
  • 水温:19~21℃
  • 透視度:12~15m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

クマドリカエルアンコウyg、イロカエルアンコウyg、オオモンカエルアンコウ、コケギンポ、ジョーフィッシュ、ハチジョウタツ、イソバナガニ、ミナミギンポ、カゴカキダイ群れ、アカヒメジ群れ、カンザシスズメダイyg

イサキ群れ、タカサゴ群れ、チョウチョウウオ、ハネウミヒドラ、イガグリウミウシ、サラサウミウシ、イソギンチャクカクレエビモドキ、クエ、カゴカキダイ群れ、クログチニザ、コバンハゼ、タスジコバンハゼ、イソバナガニ、ハマチ

ウミウシカクレエビ、アナモリチュウコシオリエビ、オオモンカエルアンコウyg、アカホシカクレエビ(ミノイソギンチャク)、ハチジョウタツ、イソコンペイトウガニyg、ジョーフィッシュ、ホウライヒメジ群れ、キビナゴ群れ

串本の生きもの

ジョーフィッシュ, イロカエルアンコウyg, キビナゴ群れ, イサキ群れ, ホウライヒメジ群れ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, イスズミ礁

アタックシーン

嵐の前の、コンディションアップ?

今日は午後から小雨がパラつくお天気でしたが、海の方は東風で波穏やか。
海中はコンディションがアップしていて、気持ちよく潜れています。

2の根は大物や回遊魚こそ出ませんでしたが、とにかく透視度が抜群!

こちら2の根の風景です。

ガイド自身久々に20m越えの透視度に当たって、テンション上がりました~(^^)
またマクロはアヤトリカクレエビやキンチャクガニなど、2の根の定番ネタで楽しめました。

こちらはタテジマキンチャクダイの成魚。
この数年で激減中で、久々に遭遇してなんか嬉しくなりました(^^)

そして最終便の住崎では群れ群れ群れ! アザハタが従えるキンメモドキの群れ、ダイバーの周囲を取り囲むタカサゴの群れ、そして圧巻だったのはキビナゴの群れに突っ込むツバスとカンパチの群れ。

キビナゴの群れは周囲をグルグル~。

突然ギュッ!密集したかと思うと、

ツバスとカンパチが高速で突っ込んできます。

そんなシーンが延々と続きそうでしたが、時間が来て後ろ髪引かれながらのエキジットでした(^^;

以上、本日のお写真は当店レンタルTG6ご使用のフジイさんにお借りした5点でした。どうもありがとうございました。

嵐の前の何とかってやつで、なんだか海中は上向き調子になりましたが、その嵐はどうやら連休にかけてドンピシャで接近するコースになりそうです(+_+)
ん~!大ピンチ((+_+))

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れのち雨
  • 気温:21~25℃
  • 水温:26℃
  • 透視度:15~25m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

キンギョハナダイ群れ、セミエビ、アヤトリカクレエビ、キンチャクガニ、シンイボテガニ、カグヤヒメウミウシ、トゲトサカテッポウエビ、

チョウチョウウオ群れ、ニザダイ群れ、シチセンチョウチョウウオ、クエ、コロダイ群れ、アマミスズメダイ、

ウミウシカクレエビ、イボイソバナガニ、フチドリハナダイ、ガラスハゼ(卵)、テングダイ、タテジマキンチャクダイ、タテジマキンチャクダイyg、タカサゴ群れ、アザハタ&キンメモドキ群れ、キビナゴ群れ&ツバス群れ

串本の生きもの

キビナゴ群れ, キンギョハナダイ群れ, タテジマキンチャクダイ, ツバス群れ

串本のダイビングポイント

住崎, 2の根, イスズミ礁

ワイド日和

今日は快晴!いいワイド日和でした。

今日は朝から晴れ渡ってとてもいいお天気になりました(^^)

海も穏やかで水中も明るそう。という事でまずは外洋へ。
昨日会えなかったユウゼンを再サーチしに行きましたが、飛び込んで降り立った根の上であっさり遭遇(笑)

今日は根の上で、隠れることなく姿を見せてくれました。

お次は最近売り出し中の「塔の沖」へ。

とにかく群れが多いんですが、キビナゴの大群をかき分けて進むと・・・、

ポイントのシンボルになりつつあるアザハタの根に到着。

キンメ、イシモチ、ネンブツダイのほか、マアジも相当群れてます。
周りではカサゴやハタ、エソの捕食シーンにも遭遇。
時間帯もあるんでしょうが、今日は活性高くて面白かったな~!
塔の沖、今後もますます面白くなりそうですよ~。

そして最後は住崎でのんびりダイブ。
ハッチアウト直後の豆ハナイカをはじめ、今日もマクロが豊富でした。

今季は外洋よりも透視度の回復が早いエリアで、今日一番の青さでした♪

ふとコンピュータを見ると水温も23℃越えていて、夏っぽい潮がますます入ってくれそうな気配です。

というわけで、今日の写真はKISHIさんにお借りしたワイドなお写真でした。
KISHIさん、ナイスフォトありがとうございました~。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:23~27℃
  • 水温:22~23℃
  • 透視度:10~15m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

ユウゼン、キンギョハナダイ群れ、キンメモドキ群れ&ハナミノカサゴ群れ、キビナゴ群れ、クエ、ゴイシウミヘビ、アカゲカムリ、タカベ群れ、テングダイ、

キビナゴ群れ、カサゴ(キビナゴを捕食)、アカハタyg(キビナゴを捕食)、キンメモドキ群れ&アザハタ、ネンブツダイ群れ、マアジ群れ、ビシャモンエビ、ヨセナミウミウシ、ミアミラウミウシ、イセエビ(抱卵)、アカエソ(マアジを捕食)

イエロージョーフィッシュ、ウミテング、テントウウミウシ、ハナイカyg、クマノミ卵、ハナイカ、アザハタ&キンメモドキ群れ、ニラミギンポ、メジナ群れ、

串本の生きもの

ユウゼン, キビナゴ群れ, メジナ群れ, アザハタ&キンメモドキ群れ

串本のダイビングポイント

住崎, 塔の沖, 1の根東

ハナオコゼ

今日も快晴&ベタ凪ぎでした~。

昨日に続き、今日もコンディションは最高の一日になりました。

朝イチ便は少人数だったのでドリフトスタイルで最近当たっている2の根にエントリー。
すると潜降直後にはアオリイカの産卵、移動中は常にキビナゴの大群、時よりハマチの群れ、イワシ大群にタカサゴの子供の群れ、風格あるマダイ老成魚、スジアラ群れ、根の上には常にハナダイが乱舞。。。
ほとんど中層移動で完結する様な爽快な内容でした~(^^) たまにはこういう潜り方も良いもんですね~。

こちらは中層移動中の様子。

キンギョハナダイの群れ。あちこちでボリューム満点でした。

キビナゴの群れ。すごい規模でした。

午後からは珍しく海上に濃霧が発生して、近場のエリアでのんびりダイブ。
今日も産卵ネタ、生態ネタ盛りだくさんでとても楽しめました。

近頃多くなっている水面を漂う「ながれ藻」には、こんなお魚が。

ハナオコゼ。今日は大小2個体と遭遇しました。

すっかり定着したオオモンyg。今日は3回連続大あくびしてました。

テンロクケボリタカラガイ。つぶらな瞳、わかりますか?(^^)

またクマノミやスズメダイ系も、続々と産卵が始まり、キホシスズメ、セダカスズメ、ナガサキスズメなどが確認されています。
魚もエビカニもイカタコ、ウミウシも、すっかり産卵スイッチ入りまくりでとても賑やかになってきました~。

というわけで、今日の写真はなっちゃんにお借りした6点でした~!
どうもありがとうございました。

明日は何が見られるでしょうか?

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:24~28℃
  • 水温:20℃
  • 透視度:10~12m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

アオリイカ産卵、レンゲウミウシ、ガラスハゼ、キビナゴ大群、イワシ大群、ハマチ群れ、テングダイ、タカサゴ群れ、ハナオコゼyg、フジイロウミウシ、ミアミラウミウシ、キホシスズメダイ産卵、コケギンポ、サキシマミノウミウシ

クマドリカエルアンコウyg、オオモンカエルアンコウyg、ボブサンウミウシ、ハナイカ、バサラカクレエビ、ウミテング、ジョーフィッシュ、ハナオコゼyg、キヌハダウミウシ、テンロクケボリタカラガイ

ジョーフィッシュ、コケギンポ、コロダイ、ムチカラマツエビ、ガラスハゼ、アカゲカムリ、ミナミギンポ、イロカエルアンコウyg、ウデフリツノザヤウミウシ、イトヒキベラ、カゴカキダイ群れ

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, キビナゴ群れ, キンギョハナダイ群れ, テンロクケボリタカラガイ, ハナオコゼ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前, 吉右衛門, 2の根(ドリフト)