串本のダイビングポイント / 2の根

土砂崩れ発生!

国道42号線通行止め中です。

昨日朝の大雨の影響で、お店近くで土砂崩れが発生!! 昨夜から国道42号線が寸断されています((+_+)) →紀伊民報記事

この影響で、いつもは5分の駅前までの道のりが、丘を越え山を越え古座川を渡り、大きく古座エリアまで迂回するルートしかなく、なんと50分もかかってしまいます((+_+)) 夜通しで復旧工事中ですが、簡単にはいかない模様で、迂回ルートしか使えない日々がしばらく続くかもしれません。
数日で復旧するという声もあれば、数週間かかるという声もあり(^^; ホテルやお店が多い町の中心部と、クラブハウス間の移動が非常に不便になっていますので、各地からご来店の際は、ルートや所要時間などにご注意の上お越しください(((^^;

さて、そんな今日もダイビングはバッチリ楽しめました! 外洋1本、近場で2本、冷水の影響が続いていますが生き物もダイバーも元気です(^^)

本日の写真はTKTKさんにお借りした2の根の生き物マクロ5点です。

まずは2の根の深場にいるスジハナダイ(オス)
近くでアカオビハナダイのオスも発見♪

こちらも深場の生き物、カグヤヒメウミウシ。

根の上ではミチヨミノウミウシにも遭遇。

同じくイソコンペイトウガニ。今季豊作です。

ラストはガレ場でゲストさんが遭遇したウルマカエルアンコウyg

あらゆる環境で、生き物大増殖中で探すのが楽しいですよ(^^)
明日も新しい発見がありますように~。

というわけでTKTKさん、どうもありがとうございました~!!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ時々濃霧
  • 気温:20~27℃
  • 水温:20~23℃
  • 透視度:12~20m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

キンギョハナダイ群れ、スジハナダイ(婚姻色)、アカオビハナダイ(婚姻色)、ヤシャハゼ、アヤトリカクレエビ、ハタタテハゼ、カグヤヒメウミウシ、ミチヨミノウミウシ、アカゲカムリ、ウルマカエルアンコウyg、ソバガラガニ、タカサゴ群れ、キホシスズメダイ群れ

ハナヒゲウツボyg、クマドリカエルアンコウyg、コケギンポ、カモハラギンポ(卵)、クマノミ(卵)、ミナミハコフグyg、キビナゴ群れ、イラ、マルタマオウギガニ

コスジイシモチ(口内抱卵)、ソラスズメダイ群れ、カンパチyg群れ、ハナゴイ群れ、ワモンダコ、ハタタテハゼ、イソコンペイトウガニ、ベニワモンヤドカリ、ウスイロサンゴヤドカリ

串本の生きもの

イソコンペイトウガニ, ウルマカエルアンコウyg, カグヤヒメウミウシ, ミチヨミノウミウシ, スジハナダイ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 2の根

クマノミの産卵

一気に凪ぎになりました。

昨日の時化が嘘のように、今日は穏やかな東風に変わり、海もすっかり静かになりました(^^) 水中はコンディションそのまま、生き物も変わらず盛りだくさんで、外洋、近場、それぞれ楽しく潜ってきました~。

午前中は当たっている外洋「2の根」へ。カンパチがちょくちょく現れてくれたほか、根の上はキンギョハナダイの群れがわんさかいて、求愛のダンスしまくりでした。

コンデジの画角でもこのボリュームです。

深場ではちょっと珍しいシテンヤッコygにも遭遇。

近場では新たなタスジウミシダウバウオの発見があったり、

子育てシーズン中のミナミギンポ、

そしてクマノミの産卵シーンにも遭遇。ラッキーでした(^^)

ここ数週はコンディションが不安定な状態が続いていて、関西も間もなく梅雨入りですが、水中は着々と夏に向かって推移しています。
とにかく水温上がって欲しいところですね~!!

以上、本日の写真はSHOKOさんにお借りした、レンタルTG6の写真5点でお送りしました。どうもありがとうございました~。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:19~24℃
  • 水温:22~23℃
  • 透視度:8~12m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

キンギョハナダイ群れ、コガネスズメダイ群れ、タカサゴ群れ、ヒレナガカンパチ、クダゴンベ、イタチウオ群れ、イセエビ群れ、アカゲカムリ、キンチャクガニ、ソバガラガニ

コケギンポ、クロアナゴ、オオモンカエルアンコウyg、アザハタ&クロホシイシモチ群れ、ハナミノカサゴ、クロスジギンポ、ミナミギンポ、タスジウミシダウバウオ、クマノミ(産卵)、ミナミハコフグyg、ナンヨウハギyg

串本の生きもの

タスジウミシダウバウオ, ミナミギンポ, キンギョハナダイ群れ, クマノミ(産卵), シテンヤッコyg

串本のダイビングポイント

住崎, 2の根

ハゼも出始めました!!

ハゼエリア盛り上がってきました。

黒潮が少し離れて水温が乱高下していますが、ハゼや産卵行動など水中は賑やかです(^^)外洋は冷水塊が・・・・・汗
ウエットの方は今後の情報に注意が必要かもです(^^;)

さて、今日は久々にハゼエリアへ。
散策をしてみると、ホタテツノハゼやヒレナガネジリンボウなどなど結構ハゼが出てました〜〜。

このあたりのハゼが出てくると夏が近いな〜〜って感じますね。

産卵系では卵の保育が今旬。

アオスジテンジクダイがあちらこちらで口内哺育中。
銀色になってきてそろそろハッチアウトが近いのかな??

クマノミもそろそろハッチアウト間近のようです。
ビーチのクマノミを調査しに行かなければ!!

これからの時期、タイミングが合えばクマノミのハッチアウトをナイトダイビングで見ることができます。リクエストお待ちしています。

そして、ここからは小さいシリーズ(笑)
夏になるとミクロな生き物の紹介が減ってくるんです(〜〜;)

ということで今日はマクロサイズ(5mm〜1cm)を3種類ご紹介しま〜〜す。

さて、明日は晴れ予報。
海が昼から荒れそうな感じですが、行けるとこまで行ってみます!!!

なんとか1日潜れますように〜〜。
本日のお写真はDaimonさんにお借りしました。

素敵なお写真ありがとうございました。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:曇りのち雨
  • 気温:20〜24℃
  • 水温:19〜23℃
  • 透視度:12〜15m
  • 波高:0.5m

観察された主な生き物

クダゴンベ、アヤトリカクレエビ(ペア)+1匹、ヒレナガカンパチの群れ、ハマチの群れ、キンギョハナダイの群れ、キンチャクガニ、タマオウギガニ

ホタテツノハゼ、ヒレナガネジリンボウ、ハダカハオコゼ、オニハゼ、チンアナゴ、アオリイカ(産卵)、オランウータンクラブ(ミナミクモガニ)、ハチジョウタツ、ツノガニ、ヒレナガカンパチ

ジョーフィッシュ、ワライヤドリエビ、カゴカキダイの群れ、アオリイカ(卵)、タツノイトコ(ペア)、アオモウミウシyg、アオスジテンジクダイ(口内哺育)、クマノミ(卵)、キイロテンテンエビ、テングダイ

串本の生きもの

ハチジョウタツ, ヒレナガネジリンボウ, ホタテツノハゼ, クマノミ(卵), アオモウミウシ, アオスジテンジクダイ(口内哺育), キイロテンテンエビ

串本のダイビングポイント

グラスワールド, 備前, 2の根

ウルマカエルアンコウyg

産卵、抱卵、幼魚、盛りだくさん。

今日も東風でとても穏やかな海況が続いています(^^)
超絶キレイな潮が入った昨日よりも透視度は若干落ちましたが、それでも十分視界良好で、今日も楽しく快適に遊べています~!!

今日は朝イチの外洋2の根の写真を、ヨシムラさんにお借りしました!

まずは深場ねた、アヤトリカクレエビ。抱卵中のペア健在です。

根の上、ガレ場ではキンチャクガニや、

ウルマカエルアンコウygにも遭遇~! 体長15ミリ

マクロが盛りだくさんの内容ですが、ワイドもあれこれ出ています(^^)d キビナゴの群れをはじめ、潮上ではカンパチやハマチの群れも目撃されています。他のポイントではハンマーの群れも出た様です! 黒潮様様ですね。

その他、近場エリアでは今日もアオリイカ産卵をはじめ、イシモチの口内抱卵、クマノミの卵保育など、夏らしい産卵行動ネタがたくさん観察されています。

水温上昇で生き物も高活性! ウエット姿のダイバーも急増中です~♪

というわけで、ヨシムラさん、今日もお写真ありがとうございました。

明日は雨予報ですが、水中は引き続き楽しそうです(^^)

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:20~26℃
  • 水温:23~24℃
  • 透視度:15~20m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

タカサゴ群れ、キンギョハナダイ群れ、マアジyg群れ、アヤトリカクレエビ(抱卵)、トゲトサカテッポウエビ(抱卵)、ヒトデヤドリエビ、イソコンペイトウガニ、アカゲカムリ、キンチャクガニ、オオカイカムリ、ウルマカエルアンコウyg

ジョーフィッシュ、カゴカキダイ群れ、クロホシフエダイ群れ、アオスジテンジクダイ(口内抱卵)、アオリイカ、アオウミガメ、タツノイトコ(ペア)、クマドリカエルアンコウyg

アオリイカ(産卵)、チンアナゴ、クダゴンベ、ホウライヒメジ群れ、メジナ群れ、クマノミ(卵)、キホシスズメダイ(卵)、クエ、スジアラ、キンギョハナダイ群れ(求愛)

串本の生きもの

キンチャクガニ, クマドリカエルアンコウyg, ウルマカエルアンコウyg, アヤトリカクレエビ

串本のダイビングポイント

グラスワールド, 備前, 2の根

産卵ラッシュ!

今日も子育てスイッチ入りまくり!

お天気は下り坂の今日でしたが、海は変わらず穏やかでコンディションは安定傾向~♪ 大潮、曇天、22℃オーバー! こんな日はアオリイカの産卵をはじめ、産卵行動が一気に加速します。

まず当たっているアオリイカの産卵は、グラスワールドで今日も大産卵が継続中!そしてなんと、備前の産卵床でも新たに大規模な産卵が確認されています。今季はイカ多いのかなぁ~(^^)d

また外洋では渡り鳥のミズナギドリが飛び始め、水面はトビウオが飛びまくり、水中はキビナゴの群れと、若いカンパチやツムブリの群れも出始め、春から初夏の海に変化しつつあります(^^)

こちらは2の根のビシャモンエビ。あちこちに抱卵中のペアが居ます。

近場ではミナミハコフグygが急増中! 今年は当たり年の様です。

そしてこちらも当たり年で在庫豊富なハチジョウタツ。

越冬組2年目のモンガラカワハギygも元気に動き出してます。

じつは過去に越冬例はなかった!? ドリーことナンヨウハギygも、しれっと越冬していて、最近は元気になってきた気がします(^^)

そして水温が22℃を超えて、一気に産卵スイッチが入ったお魚達が多数! イシモチ系や、ジョーフィッシュ、クマノミ達もあっちこっちで産卵・抱卵しています。

こちらはアオスジテンジクダイ。産みたて色の卵です。

サービス満点(良く見せてくれる)のお父さんも発見(^^)

今年は水温の上りが遅いと心配していましたが、この1週間で一気に上昇してすっかり遅れを取り戻してくれました。ダイバーの為にも、このまま更に加速して水温上昇して欲しいところですね~(^-^)

というわけで、本日の写真もナースさんにお借りしたマクロ6点でした。
3日間どうもありがとうございました~!!!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:雨のち曇り
  • 気温:16~22℃
  • 水温:22~23℃
  • 透視度:12~15m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

タカサゴ群れ、キンギョハナダイ群れ&ソラスズメダイ群れ、キビナゴ群れ、ハマチ&カンパチ&ツムブリ群れ、ビシャモンエビ(抱卵)、イセエビ(抱卵)、トゲトサカテッポウエビ(抱卵)

カゴカキダイの群れ、クロホシフエダイ群れ、アオスジテンジクダイ(口内抱卵)、タテジマヤッコ、ジョーフィッシュ、ワライヤドリエビ、クボミサンゴヤドリガニ、アオリイカ産卵

クマドリカエルアンコウyg、クダゴンベ、コケギンポ、ハチジョウタツ、モンガラカワハギyg、イソコンペイトウガニ、クラカトアウミウシ、ナンヨウハギyg、ミナミハコフグyg、イラ、テングダイ群れ、ホウライヒメジ群れ

アオリイカ産卵、チンアナゴ、ハダカハオコゼ、ハチジョウタツ、キツネベラyg、アオウミガメ、クダゴンベ、ミナミギンポ、アナモリチュウコシオリエビ、キンギョハナダイ群れ、ホウライヒメジ群れ、タカサゴ群れ

串本の生きもの

ミナミハコフグyg, ハチジョウタツ, ビシャモンエビ, アオスジテンジクダイ(口内抱卵), モンガラカワハギyg

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前, 2の根

大当たり〜〜♪

大物から群れまで大当たり〜〜。

GWも中盤戦。
やっと陸上でジャケットを着ていなくても、寒くな〜〜い(^^)

やっと日焼けの季節が到来しました〜〜♪
毎年のごとく黒光りするのも時間の問題です!!笑

さて、今日は久々に午前中外洋で2ダイブ(^^)
朝イチでは、水中でボラの大群、通称ボラクーダに遭遇!!

それだけでも大興奮なのに、群れが去ると・・・・・
今度はなんと!!!!!ハンマーヘッドシャークが登場!!!

朝から大興奮(^^)♪
その様子は当店のSNSにてご覧ください!!

https://www.instagram.com/reel/CdIXaSLFO98/?igshid=YmMyMTA2M2Y=

マクロも今日は豊富で、転石をめくるとウルマカエルアンコウが登場!!!

さらにアヤトリカクレエビのペアも。

透明度に関係なく、楽しめるのが今の外洋かもしれません♪

深場では、パイナップルウミウシがいたり、マクロも充実中です♪

今日は透明度が春らしくアオリイカの産卵の大爆発写真が撮れなかったのですが、
今日も継続して産卵をしています!!!

継続といえば、キイロテンテンエビのペアも健在。

メスは卵を持っているので、しばらくはいてくれそうです(^^)

さて、明日も天気は最高〜〜!!!
まだまだGWは続きます!!!まだまだ楽しむぞ〜〜。

本日の写真はTakesakiさんにお借りしました。
素敵なお写真ありがとうございました!!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:13〜22℃
  • 水温:16〜19℃
  • 透視度:5〜8m
  • 波高:0.5〜1.5m

観察された主な生き物

クダゴンベyg、アヤトリカクレエビ(ペア)、キンギョハナダイの群れ、ウルマカエルアンコウyg、コマチガニ、ミツイラメリウミウシyg、ボラの大群、ハンマーヘッドシャーク

メジナの群れ、タカサゴの群れ、キンギョハナダイの群れ、イサキの群れ、ムレハタタテダイの群れ、ヒレナガカンパチ、キンチャクガニ、パイナップルウミウシ、ツマグロハタンポの群れ、アオブダ(産卵&求愛)

アオリイカ(産卵)、ジョーフィッシュ、ヤッコエイ、キイロテンテンエビ、タツノイトコ(ペア)、ソラスズメダイの群れ、ハシナガウバウオ

串本のダイビングポイント

グラスワールド, 備前, 浅地, 2の根

快晴☆

アオリイカDay!

こんにちは!最近とくに、髪のパサつきが気になります、ヒトミマリです( *´艸`)

さて、こちらは昨日とは打って変わって快晴の串本です。昨日は夕方~一時、台風の様に強い雨風が吹き荒れ、海も激しく荒れ狂って、袋港内の水が、またまたお味噌汁状態になりましたが、今日はまた青くて透視度の良い海へと状態改善してました!自然ってすごいなぁ~!!

そして、朝イチは外洋へもトライ!

まずは、2の根で出会った、キンチャクガニの抱卵!!強くて元気な子ガニがたくさん無事に生まれて、無事に育ちますように☆

ダイナミックな地形も楽しめる外洋は、キンギョハナダイの群れが圧巻です!下のサンゴが良い感じ☆今日は海も青かったので、オレンジ色がとってもキレイでした!

アヤトリカクレエビは、ナシジイソギンチャクでかくれんぼ♪実はペアで隠れているのが見えるかなぁ~?

アカゲカムリはカメラ目線でGETだぜ!かーわーいーい!

近場だって全然負けてない面白さ☆

近場はグラスのアオリイカの産卵床へ、様子を見に行くと、いるいるいるいr・・・!!全部で5~6匹くらい!オスが産卵床をまず偵察「ここは無事に産卵できる場所かな?」と。そして、大丈夫、と判断されたら、少し離れた所で待機しているメスに合図を送って呼び寄せます!そのサインが、白黒白黒白黒・・・!!一瞬ごとにオスの体色が変化して、キレイ―!!そして、かっこいいー!!\(^o^)/

間近で観察できちゃいました!!でっかーい!!そして、目が特徴的~\(◎o◎)/!

産卵してあった卵も、そーっと観察してきました!え!?もちろん触ってませんからね、I am ナチュラリスト☆( ̄ー ̄)キリッ!!

この後、カンパチ、メジナ、カゴカキダイ、クロホシフエダイの群れに巻かれて遊び、私の大好きなテングダイにもたくさん出会い、ミギマキのケンカも間近で観察!いやー、贅沢な時間でした!

4便目の今頃も、ちょうど、岩崎・小池チームが、備前の方の産卵床へ観察に行っています。みんなも、見れているかなぁ~(^^)

YOMEさん、素敵なお写真、ありがとうございました♡初日から、アオリイカのアツ~いリクエストをいただいていたので、見られて良かったぁ♡また是非、マンツーマン アオリイカウォッチング Diveしましょうねぇ!

さぁ、ゴールデンウィークは始まったばかり!!明日は何が見られるでしょうか?

 

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:快晴
  • 気温:19-20℃
  • 水温:16.8~17.2℃
  • 透視度:10~12m
  • 波高:0.5m

観察された主な生き物

キンギョハナダイ群れ、タカベYg、ハマチとカンパチの群れ、ウデフリツノザヤウミウシ、アヤトリカクレエビ、キンチャクガニ、アカゲカムリ、テングダイ

カゴカキダイの群れ、イサキ群れ、タテジマヤッコ、キンギョハナダイ、ハナゴイ、テングダイ、ジョーフィッシュ、アオリイカ、クロホシフエダイ群れ、ミギマキ(ケンカ)、ミノカサゴ

串本の生きもの

キンチャクガニ, アオリイカ, アカゲカムリ, アヤトリカクレエビ, キンギョハナダイ群れ

串本のダイビングポイント

グラスワールド, 備前, 2の根

浮遊生物祭り

大雨から一転、快晴&ベタ凪ぎに。

昨日の大雨からお天気は一気に回復して、今日は爽やかな晴れ間が広がりました。
雨水の影響は、うねりのある外洋のエリアで強く出ていましたが、水底付近はまずまずのコンディションです(^^)

そんな今日も、珍生物満載の1日でした。まずは噂の珍カサゴサーチへ。一昨日ナミダカサゴとして紹介しましたが、なんとホウセキカサゴという更にレアなカサゴである事が解りました。胸鰭の骨の数や、背鰭の形状などで判別が出来る様です(((^^;)

今日も健在で会うことが出来ましたよ~。このまま居ついてくれます様に。

そしてこの冬豊作だったカエルアンコウもまだまだ見られます(^^)d

こちらはまだ和名の無い通称キイロテンテンエビ。スタッフ小池、執念の発見!

また今日は浮遊生物がとても多く、クラゲ類、カイアシ類がうようよ。
そして終了間際の水面で謎の生物に遭遇!!

こちら!正体はなんとウミウシ! コノハウミウシという名前でした。

そして美しいハナガサクラゲにも遭遇しました。春ですね~。

最終便では今季初のアオリイカの集団産卵も確認。産卵床設置からわずか数日で幸先の良いスタートになりそうです。

連休に向けて、この調子でネタが次々と増えます様に~(^^)

というわけで、本日の写真はナースさんにお借りしたマクロ5点でした。
ナースさん、どうもありがとうございました。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ時々曇り
  • 気温:20~24℃
  • 水温:18~19℃
  • 透視度:6~8m
  • 波高:1~2m

観察された主な生き物

ホウセキカサゴ、スミレウミウシ、クマドリカエルアンコウyg、イロカエルアンコウyg、ベニカエルアンコウyg、オオモンカエルアンコウ、ウデフリツノザヤウミウシ、ムラサキアミメウミウシ、テングダイ

コノハウミウシ、キンチャクガニ、アヤトリカクレエビ(ペア)、タカサゴ群れ、キンギヨハナダイ群れ、キホシスズメダイ群れ、テンロクケボリタカラガイ、アカゲカムリ(ペア)、コボウズニラ

アオリイカ産卵(4ペア)、ジョーフィッシュ、オオモンカエルアンコウyg、ハダカハオコゼ、ハナゴイyg、キツネベラyg、キイロテンテンエビ、クボミサンゴヤドリガニ、ハナガサクラゲ

串本の生きもの

イロカエルアンコウyg, ハナガサクラゲ, ホウセキカサゴ, キイロテンテンエビ, コノハウミウシ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 2の根

大雨の中でのダイビング

雨の日は生物の活性がたか〜〜い。

今日は大雨の中でのダイビング。
雨が凄過ぎて、シャワーいらないくらい(笑)

水中は・・・・水温が・・・・・
未だに17℃。。。。。。。
一時ロクハンにしたのですが、またまたドライに戻してしまいました汗

今年は例年以上にドライのシーズンが長い気がする。
若さ減退かな〜〜(^^;)

今日は大雨で水中が暗い感じだったので、今日はマクロ中心で遊んできました。
雨で暗いと黒抜きが撮りやすい♪

楽に黒抜きを撮りたい方は是非雨の日を狙ってください。

生物も季節の進みとともに種類が豊富に♪

以前からいるナシジイソギンチャクにガラスハゼ。
そして、いよいよ出てきた?南方種。

1cmサイズのミナミハコフグyg。めちゃ可愛かった〜〜(^^)

可愛かったといえば、こちら。
これまた「小池サイズ」って言われそう(^^;)


イソコンペイトウガニの5mm。
一緒にいたイントラさんにミクロやんって褒め言葉をいただきました〜〜(^^)

最後は、ウミウシで締めたいと思います!!

ここ数週間数が急増中のキイボキヌハダウミウシ。
今日はアオウミウシをパクリ。

あっという間に体の中に消えていきました。アオウミウシにとっては恐怖だろうな・・・・汗

明日は晴れの予報。
暑くなりそうだな〜〜。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:14〜18℃
  • 水温:17〜19℃
  • 透視度:10〜12m
  • 波高:1.0〜1.5m

観察された主な生き物

クダゴンベ、クロホシイシモチの群れ、クダゴンベyg、テングダイ、キンギョハナダイの群れ、ミナミハコフグyg、イセエビ、タカサゴygの群れ、メジナの群れ

イソコンペイトウガニyg、クマドリカエルアンコウyg、オオオンカエルアンコウyg、メクシクロミス・マクロパス、ウデフリツノザヤウミウシ、クダゴンベ、ナミダカサゴ

イロカエルアンコウyg、ハチジョウタツ、キイボキヌハダウミウシ(捕食)、ワカヨウジ、ナマコマルガザミ、アオサハギyg、チンアナゴ、アオウミガメ

串本の生きもの

ミナミハコフグyg, ガラスハゼ, キイボキヌハダウミウシ(捕食), イソコンペイトウガニyg

串本のダイビングポイント

住崎, 備前, 2の根

浅地&2の根

外洋日和! 浅地と2の根へ!

今日もいいお天気が続いています。海中の春らしい濁りっぷりは否めませんが(((^^; 海も1日穏やかで、快適に楽しく遊べています。

午前中は外洋へチャレンジ。視界そこそこ、流れ少々でゲスト皆さん緊張気味でしたが、深場で巨大カンパチ5匹に遭遇して大興奮でした~。

風格ある巨体のヒレナガカンパチ。当店インスタに動画も上げました。

2の根ではアヤトリカクレエビのペアや、

海藻類が多い外洋ではアヤニシキの放卵もあちこちで見れます。

そして昨日とは別個体のコンシボリガイに遭遇~(^^♪

近場では、ムチカラマツに同居するガラスハゼとイボイソバナガニや、

今季時々見かけるイシガキリュウグウウミウシの壮絶シーンを目撃。

序盤は交接しかけていたんですが、突如捕食スイッチが入りこんな状態に。まさか共食いするとは思いませんでしたが、結局このあと捕食をやめて? 再び交接モードになりました(^^;

というわけで、今日も大物から小物まで沢山の生物とその生態が観察でき、生き物の奥の深さを感じる楽しい1日でした。

写真&動画データはMikaさんにお借りしました。
いつもありがとうございます!!!(^^)

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:14~24℃
  • 水温:17~18℃
  • 透視度:6~10m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

タカサゴ群れ、ヒレナガカンパチ群れ、ムロアジ群れ、クエ、テングダイ、アオブダイ(産卵行動)、ワモンダコ、マツバギンポ、キンチャクガニ、ゴイシウミヘビ、ムレハタタテダイ群れ

キンギョハナダイ群れ、アヤニシキ(抱卵)、アヤトリカクレエビ、ミカドウミウシ&ウミウシカクレエビ、シテンヤッコyg、ミアミラウミウシ、セミエビ、テングダイ、コンシボリガイ

タスジウミシダウバウオ、クダゴンベ、イロカエルアンコウyg、イシガキリュウグウウミウシ(捕食)、ナカソネカニダマシ、ハチジョウタツ(抱卵)、ジョーフィッシュ、ガラスハゼ&イボイソバナガニ、ビシャモンエビ、コケギンポ

串本の生きもの

ヒレナガカンパチ, アヤトリカクレエビ, コンシボリガイ, アヤニシキ(放卵), ガラスハゼ&イボイソバナガニ, イシガキリュウグウウミウシ(捕食)

串本のダイビングポイント

住崎, 備前, 浅地, 2の根