スタッフブログ

古座に行ってきました。

久々のクローズ!!

今日は朝から大時化の串本エリア。。。ということで、久々に波影の古座エリアへ遊びに行ってきました~(^^)
古座の海は風が強いものの、水中は穏やかで水温も高くて快適でした~(^^)

さて、写真の方はMONAさんにお借りした古座の生き物5点です。

まずはセトリュウグウウミウシ。ホームでは見る事ができない種類。

フジナミウミウシ。こちらもホームではあまり遭遇しない種類。

逆に今まで古座には少なかった生物の代表格、アオウミガメ。
黒潮大蛇行の影響で、古座エリアは南方化中です。

こちらも元々古座エリアには少なったオオモンカエルアンコウの成魚。
まっくろな上に逆立ち状態です。わかるかなぁ~?(((^^;

最後は珍しいエナガカエルアンコウ。転石帯で偶然の発見でした。

黒潮蛇行でキレイで暖かいと噂の古座の海、楽しかったです(^^)

ということでMONAさん、素敵なお写真ありがとうございました。

明日はホームの海も穏やかになる予報です。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:22~28℃
  • 水温:24~27℃
  • 透視度:7~12m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

セトリュウグウウミウシ、ガラスハゼ、ソラスズメダイ群れ、オオモンカエルアンコウ、エナガカエルアンコウ、コロダイ、アオリイカ群れ、アオウミガメ、トウシマコケギンポ、キビナゴ群れ&ツバス群れ

フジナミウミウシ、ハナガサウミウシ、ソメワケヤッコyg、ナメラヤッコyg、ホンドオニヤドカリ、クマノミyg、アヤイタボヤ、マアジ群れ、キビナゴ群れ&ヒレナガカンパチ群れ、ムカデミノウミウシ

串本の生きもの

アオウミガメ, オオモンカエルアンコウ, フジナミウミウシ, エナガカエルアンコウyg, セトリュウグウウミウシ

串本のダイビングポイント

上の島(古座), 下の島(古座)

アンドの鼻

昨日からオープン!!

朝から激しい雨に悩まされましたが
午後になるにつれて雨も止み、晴れ模様に!!
そして、風も昨日の予報では西風が強く吹く予報でしたが
そんなことも無く、穏やかな海だったので

朝から深場でハゼ探しに行ってきました。
水温が高いおかげもあり、ハゼも元気よく顔を出してくれてました。
ホタテツノハゼからヒレナガネジリンボウまで南方種が盛り沢山でした。

午後からはは、昨日オープンした冬期限定ポイントアンドの鼻へ
今日は何もみつかりませんでしたが、必ず何かい居るはずなので
行ける時は行ってネタ探ししときます(^^♪

それでは本日の写真です。
備前のホタテツノハゼとコトブキテッポウエビ 別の個体も数匹います。

フトユビシャコ 砂地じ~~っと見てたら目が合ってしまいました(^^♪

アンドの鼻では
タテジマキンチャクダイyg 少しずつ見かけるようになってきました。

コロダイyg このサイズこの透明感、久々に見ました(^^♪

写真4点:Nさん
ありがとうございました。

アンドの鼻の開放は10月31日までですよ~~~!!
逃すと次いつ潜れるかわかりませんよ~~~(^^♪

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:雨のち晴れ
  • 気温:27℃
  • 水温:26~27℃
  • 透視度:12~15m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

ホタテツノハゼ、ヒレナガネジリンボウ、ダンダラダテハゼ、クマノミyg、キンギョハナダイ、ヒョウモンウミウシ、シマウミスズメyg、フトユビシャコ、ナマコマルガザミ、アオサハギ、ヒメウツボ

ハチマキダテハゼ、オグロクロユリハゼ、ケラマハナダイ、シマキンチャクフグyg、タテジマキンチャクダイyg、タキゲンロクダイyg、ソメワケヤッコyg、キンチャクダイyg、ワニゴチ、コロダイyg、ヤイトハタ、タレクチウミタケハゼ、クロイトハゼ

串本の生きもの

ホタテツノハゼ, タテジマキンチャクダイyg, コロダイyg, フトユビシャコ

串本のダイビングポイント

備前, アンドの鼻

守る

子育て中!

ここ最近、海が穏やかなこともあり
外洋と近場の両方に潜れるのでネタが盛り沢山!!

そんな本日も朝から浅地へ
上り潮でしたが、魚も多く
しかもハンマーヘッドにも遭遇したチームまでありました。
見れたチームは超ラッキー(^^♪

また魚の群れだけではなく、生態シーンも発見!
それがワモンダコの抱卵です。
白い卵が丸見えですが親が一生懸命守っています。

その他にもコマチガニが抱卵もありました。
バンザイポーズでこちらも丸見えです。

また近場ではコケギンポとイバラカンザシセットや

ホースの中に住むニジギンポなど

可愛らしい写真が盛り沢山でした。
貸して下さった平賀さんありがとうございました。

他にも様々なネタが出たいるみたいです。
居なくなる前に見に行かなければ!!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:曇りのち晴れ
  • 気温:26℃
  • 水温:27℃
  • 透視度:12~15m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

ワモンダコ、マツバギンポ、ユウゼン、ツキチョウチョウウオ、シテンヤッコ、メジナ、スジアラ、ハンマーヘッド、ゴイシウミヘビ、シラコダイ、ムレハタタテダイ、キンチャクガニ

ガラスハゼ、ヤマドリ、タテジマキンチャクダイyg、ノコギリハギyg、ニシキウミウシ、カゴカキダイ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、カンザシヤドカリ

ニシキフウライウオ、ナンヨウハギyg、カンパチ、キビナゴ大群、ハリセンボン、ニラミギンポ、ハシナガウバウオ、アザハタ、キンメモドキ群れ、ビシャモンエビ

串本の生きもの

コケギンポ, ワモンダコ, ニジギンポ, コマチガニ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 浅地

ハゼいい感じ〜〜♪

共生ハゼが復活してきました!!!

秋雨前線の動きで天気がコロコロ変わる難しい天気が続いていますが、海は安定しています。

水温も25℃〜27℃でキープしていて、寒さも感じず快適に潜る事ができます!!!

今日は砂地の共生ハゼを攻めてきました!!
ホタテツノハゼ、ヒレナガネジリンボウなどなど台風前同様に復活してきています!!!

もう少ししたら完全復活かな〜〜??
今日の「すなじーさん」の戦利品をご紹介しま〜〜す。

ホタテツノハゼ

ヤノダテハゼ

ホタテツノハゼSP-3

最後はヒレナガネジリンボウ!!

これから秋にかけて水中の魚の活性は最高潮になるはず。
ハゼはもちろん幼魚や季節来遊魚など楽しい季節になってきました〜〜(^^)

明日もたくさんのゲスト様がお越しいただきます♪
そして高校生のファンダイブの授業も!!!

賑やかな1日になりそうです。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:21〜29℃
  • 水温:25〜27℃
  • 透視度:10〜15m
  • 波高:0.5m

観察された主な生き物

キンギョハナダイの群れ、クダゴンベ、イタチオウオ、クロスジギンポ、ハナオトメウミウシ、イセエビ、モンハナシャコ、モンガラカワハギyg、クロホシイシモチの群れ、イタチウオ

ホテテツノハゼ(ペア)、ヒレナガネジリンボウ、オニハゼSP-3、ヤノダテハゼ、キイロウミウシ(産卵)、アオサハギyg、スジアラ、ミナミギンポ、マツバギンポ、

ハモポントニア・フンジコーラ、アザハタ、ヤマブキハゼyg、クマノミyg、ニシキフウライウオ、フタイロサンゴハゼ、アミメハギyg

串本の生きもの

ヒレナガネジリンボウ, ホタテツノハゼ, ヤノダテハゼ, ホタテツノハゼSP-3

大当たりでした!

台風後初めての浅地へ。

今日も日中のお天気は最高~! 海も穏やかで、最高のダイビング日和でした(^^)

というわけで、午前中は先週末コンディション不良でなかなか入れなかった浅地へ! 透視度は昨日より少し落ちましたが、水中はキビナゴの群れをはじめ、それに突っ込むツムブリ&カンパチ&ツバス群れに、時々カツオの群れと、回遊魚が大当たりでした。

キビナゴの群れは常にこの状態でした。

ツバスとツムブリもボリューム満点。時々アタックシーンも。

また根の上ではベラの集団産卵とその卵を狙うメジナとの攻防や、抱卵中のタコ、ギンポなど、子育てネタも盛り沢山でした。

こちらは抱卵中のワモンダコ。観察しやすい良い場所に居ます(^^)

他にも話題のユウゼンやキンチャクガニなど、マクロも盛り沢山でした。

キンチャクガニはうねりの後もよく見れてます。

ムレハタタテダイも少しずつ増えていい感じです。

近場のエリアもすっかり落ち着いて、新たな発見、新たな生き物が続々登場しています。今後の海中の「実りの秋」も楽しみですね~~~。

というわけで、今日の写真はYaiさんにお借りした浅地の写真5点でした。
どうもありがとうございました。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:23~29℃
  • 水温:25~28℃
  • 透視度:10~15m
  • 波高:1~2m

観察された主な生き物

キビナゴ大群、ツムブリ&ツバス群れ、ヒレナガカンパチ、スマ(カツオ)、コガシラベラ産卵、メジナ群れ、タカサゴ群れ、ワモンダコ抱卵、ムレハタタテダイ、ユウゼン、キンチャクガニ、

ニシキフウライウオ、ナンヨウハギyg、アザハタ&キンメモドキ群れ、ニラミギンポ、ヤッコエイ、ツバス群れ、マツバギンポ、コケギンポ、フタイロサンゴハゼ、メジナ群れ、

ハクセンアカホシカクレエビ、ハモ、ヒレナガハギyg、ミナミハタタテダイyg、ミスジチョウチョウウオyg、トゲチョウチョウウオyg、ヤリカタギyg、トノサマダイyg、キイロハギyg、

串本の生きもの

キンチャクガニ, ムレハタタテダイ, キビナゴ群れ, ワモンダコ(抱卵), ツムブリ&ツバス群れ

串本のダイビングポイント

住崎, 浅地, サンビラ

透明度上昇

水が綺麗になりました~!!

朝から大雨と雷に襲われ少し出港時間遅れましたが
遅らせた結果、雨も止み晴天に恵まれました。

それでも、昨日からのうねりや風の影響で外洋は断念して
近場でまったり3ダイブしてきました~!
そんな本日の串本の海は、昨日に比べ透明度が上昇!
これはまた串本ブルー再来かな(^^♪

後は、深場の冷たい水がなくなれば文句なしです(^^♪

では、本日の写真はこちらです。
ゴシキエビyg 白い長ーいヒゲが特徴です。

ナカソネカニダマシ 久々に紹介しました。

クマノミ 白化したイソギンチャクが綺麗です。

ヨゴレヘビギンポ 求愛シーンに出会いました。

写真4点:NORIさん
貸して頂きありがとうございました。

明日こそは外洋に行くぞ~~!!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:雨のち晴れ
  • 気温:27℃
  • 水温:26~27℃
  • 透視度:15~20m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

マルタマオウギガニ、ジョーフィッシュ、ビシャモンエビ、イソギンチャクエビ、ダンダラダテハゼ、ホタテツノハゼ、ヤノダテハゼ、アオサハギ、ゴシキエビyg

オオモンカエルアンコウyg、ガラスハゼ,アカホシカクレエビ、チャイロマルハタ、アザハタ、キンメモドキ群れ、ヨゴレヘビギンポ、ニラミギンポ、ナンヨウハギyg

タテジマキンチャクダイyg、イセエビ、カゴカキダイ群れ、アカヒメジ、ムチカラマツエビ、アミメハギyg、アオウミガメ、カンパチ、ソラスズメダイ

 

串本の生きもの

ナカソネカニダマシ, クマノミ, ヨゴレヘビギンポ, ゴシキエビyg

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前

ワイドレンズ

これぞ!ワイドの魅力!

本日も穏やかな串本。
昨日は、流れは速く入れなかった浅地にも潜る事ができました。
しかも、透明度が日に日に回復しているのでストレスも感じません。

そんな、透明度が良い時の外洋にはワイドで撮影!!!
魚影が濃いし、楽しめる事間違いなしです(^^♪
しかも、水温が高いおかげで魚が動きも活発です。

なんで、本日の写真はワイドの魅力が満載です。
タカサゴ  幻想的な写真です。

キンギョハナダイ この数写るのもワイドレンズならではですね(^^♪

ムレハタタテダイ 今日は集まりが良かったです。

写真3点:みかさん
貸して頂きありがとうございました。

串本は、マクロも面白いですが
ワイドも海の状態が良ければかなり楽しめますよ(^^♪

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:30℃
  • 水温:24~27℃
  • 透視度:12~15m
  • 波高:1~1.5m

観察された主な生き物

イシガキフグ、アカハタ、モンツキハギyg、マツバギンポ、ユウゼン、キンチャクガニ、ワモンダコ(抱卵)、ヘラヤガラ、クエ、スジアラ、ハナミノカサゴ

モンハナシャコ、セミエビ、アカゲカムリ、アオサハギyg、クダゴンベ、タカサゴ、キホシスズメダイ、タテジマキンチャクダイyg、イセエビ

ヤノダテハゼ、オニハゼ、ダルマカレイ、ワライヤドリエビ、マルガザミyg、アジアコショウダイ、アカホシカクレエビ、ビシャモンエビ、ニラミギンポ、ベニワモンヤドカリ

シマキンチャクフグ、フタイロサンゴハゼ、ミナミギンポ、コケギンポ、イラ、アザハタ、キンメモドキ群れ、ナンヨウハギyg、トゲトサカテッポウエビ

串本の生きもの

キンギョハナダイ, ムレハタタテダイ, タカサゴ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前, 浅地, 2の根

新たな幼魚たち。

幼魚があれこれ再出現中。

今日も海は穏やかでしたが、水中は、、、ん~~~、なかなか濁ってました~(((^^; 午前中は調査もかねて外洋エリアへ出てみましたが、近場と変わらない水でした。

ダイビング再開から3日、海底の岩場や砂地の様子が激変して、強力な台風うねりの傷跡が露わになってきましたが、それでも生き物たちはと言うと日ごとに落ち着いてきたように見えます。

さて、そんな今日の写真は、Tさんにお借りしたマクロ5点です。

まずはクマノミ卵。台風のうねりを乗り越えた卵たちです。

こちらはセボシウミタケハゼ。台風に負けず個体数増えてます。

これはキツネベラyg 夏に必ず出現する幼魚です。

同じく夏の定番、ノコギリハギyg こちらも多くなってきました。

最後はゴマハギyg こちらもサンゴ域に住む熱帯種のカワハギです。

こんな感じであちこちに新たな幼魚たちも出現して定着しつつあります。
台風の爪痕は凄いんですが、新たな生き物の定着には一役買っている様です。
って台風当分来なくていいんですけどね~(^^;

というわけで、本日の写真はTさんにお借りしました。
どうもありがとうございました(^^)

それからちょっとしたお知らせです。
来週9/17(木)放送のニュース番組、NHK和歌山放送局「ギュギュっと和歌山」で、串本の海の様子が紹介されます(^-^) 県内のみの放送ですが是非ご覧下さい(^^) 18時から放送の番組内で数分間紹介される予定です。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:25~30℃
  • 水温:25~28℃
  • 透視度:5~7m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

キンメモドキ群れ&アザハタ、イセエビ、タカサゴ群れ、シマウミスズメ、キイロウミウシ、キンギョハナダイ群れ、マツバスズメダイ群れ、シロタエイロウミウシ(産卵)

キツネベラyg、テンロクケボリタカラガイ、ミノイソギンチャク&アカホシカクレエビ、アカゲカムリ、ナンヨウハギyg、コケギンポ、ムチカラマツエビ

ゴマハギyg、セボシウミタケハゼ、クマノミ卵、カゴカキダイ群れ、ノコギリハギyg、モンツキベラyg、ミナミギンポ、ヒレナガカンパチ群れ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 塔の沖

まったり

穏やかな海でした。

ついこの間まで台風が来てたと思えない位
穏やかで快適な海でした。

でも、水中は昨日と変わらずのままでした。
深い所に行けば少し透明度は良好になりますが冷たい水が流れ
浅場に行けば暖かいですが、水が悪い状態です。

早く全体的に混ざって良いコンディションになってくれたらいいのになぁ~。

そんな本日の写真はこちらです。
ジョーフィッシュ
ミナミギンポ
ニラミギンポ

写真3点:Qさん
有難うございました。

明日もかなり穏やかな海になりそうです。
少し流れも入っていたので水が良くなってるといいな。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:雨のち晴れ
  • 気温:28℃
  • 水温:24~27℃
  • 透視度:5~7m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

ゴシキエビ、ビシャモンエビ、イソギンチャクエビ、ニラミギンポ、ヒョウモンウミウシ、イソギンポ、クエ、スジアラ、ネッタイミノカサゴ、タマオウギガニ、ハタタテダイ

マルタマオウギガニ、ジョーフィッシュ、ノコギリハギyg、ミナミギンポ、アオサハギ、コガシラベラ、ホンソメワケベラ、キビナゴ、オオモンハタ、カンパチ、カゴカキダイ、カンザシヤドカリ、アカホシカクレエビ

アザハタ、キンメモドキ、テンクロスジギンポ、ナンヨウハギyg、イガグリウミウシ、ワライヤドリエビ、コマチコシオリエビ、セミエビ、クマノミ&卵

 

串本の生きもの

ニラミギンポ, ミナミギンポ, ジョーフィッシュ、

串本のダイビングポイント

グラスワールド, 備前

調査

思いのほか見えました!!

台風10号が過ぎ去った後の、久々のダイビング!!
まずはSTAFFだけで調査に行ってきました。

ついこの間までうねりもあり、大雨も降ったので水面はどこまでみても緑一色!!
そうなると水中もあまり期待できないかもと思いつつ潜ってみたら

思いのほか見えるじゃん!!(^^♪

緑だったのは水面だけで、水中は白っぽく濁ってる程度!!
これなら十分遊べるし、水温も深い所は少し冷たくは感じましたが
それでもまだウエットスーツで快適に潜れます。

とりあえず一安心です。

アイドル達の生存確認もしてきましたが、残っているのもあれば
やはり飛んで行ってしまった個体もいます。
なのでこの台風で新たな個体が流れ着いてる事を期待しましょう(^^♪

それでは、本日は写真はこちらです。
アナモリチュウコシオリエビ

ヒメウツボ

アザハタ

STAFF:川嶋

あの時のベストコンディションがまた戻って来ないかな~~

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:曇りのち雨
  • 気温:28℃
  • 水温:23~27℃
  • 透視度:5~8m
  • 波高:1~2m

串本のダイビングポイント

住崎