串本の生きもの / オオモンカエルアンコウyg

今日も雨、海は良いです!

コンディションアップしました!

やっと晴れたと思いきや、昨夜からまたしても雨が降りだして、今日も終日パラパラと降り続ける梅雨時期の様なお天気になりました。
それでも、沖合の良い潮が押し込んできてくれたお陰で、水中は今日もコンディションアップ!! 水温も18℃台まで上がって快適に遊べています(^^)

さて、そんな今日の写真はヨコエビさんにお借りしたマクロ6点です。

まずは今季大発生中のムラサキアミメウミウシ。カイメンそっくり。

おつぎはクロヘリアメフラシyg 今が旬ですね~。

こちらは多種喰いで有名なキイボキヌハダウミウシ。

コロダイに寄生するグソクムシ。絶対「こそばゆい」だろうなぁ。

こちらのイソコンペイトウガニは、脱皮直後の様でピカピカでした。

ラストはオオモンカエルygとゾウゲイロウミウシが接近中のカット。

ここ数日のコンディションアップのおかげで、生き物も幾分活性が上がった印象です。このままぐんぐん良くなってくれます様に(^^)

以上、ヨコエビさん、お写真どうもありがとうございました!!!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:雨
  • 気温:9~12℃
  • 水温:18℃
  • 透視度:12~15m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

チョウチョウウオ群れ、テングダイ群れ、マダライロウミウシ、チョウコシオリエビ、センテンイロウミウシ、ゴマフビロードウミウシ、ヒョウモンウミウシ、イソコンペイトウガニ、クエ

ムスメウシノシタ、ヒロウミウシ、シンデレラウミウシ、オオモンカエルアンコウyg、ゾウゲイロウミウシ、セボシウミタケハゼ、ウデフリツノザヤウミウシ、ナカソネカニダマシ

アオサハギ、クロヘリアメフラシyg、キイボキヌハダウミウシ、アオリイカ群れ、ハチジョウタツ、サガミアメフラシyg、ワモンダコ、アオウミガメ、グソクムシ(コロダイ)、ハナゴイ群れ

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, イソコンペイトウガニ, キイボキヌハダウミウシ, クロヘリアメフラシyg, ムラサキアミメウミウシ, グソクムシ(コロダイ)

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前

最近はめっちゃ縁がある魚がいます。

今日も新たな個体を発見!!!

連休は海外からのゲスト様とご一緒していて、久々に日本人のゲストさんと潜った感覚でした〜〜笑

そんな今日は、マクロ中心に2ダイブしてきました。
大きさのサイズ感はこんな感じ??笑

 

すっかりこのシーンも定着してきました!!
Googleで生き物検索するとウミウシではよくこのパターンが出てくるように。
継続は大事ですね〜〜(^^)

今年はドーリス系が多いようで、色々なイロウミウシが目に入ります。
例年はミノウミウシが多いのですが、海の変化がウミウシにも??
毎年海の表情が違うので、面白いですね〜〜。

そして、今日もまた新しい出会いが。
昨年末以降、縁があるのか、数が多いのか、新しい個体が続々と見つかります♪
今日はオオモンカエルアンコウの白個体をゲット!!!

 

めちゃ小さくてとても可愛い個体でした〜〜♪
1cm以下の個体。しばらくいてくれるといいなあ〜〜。

午後からはちょっとギャンブルに出てみました。
水温が下がってきている今の時期ですが・・・ハゼエリアへ。

結果は・・・・・・
良好!!!

ヤシャハゼはめっちゃホバリングしていて、元気いっぱい!!!
水温的にはまだ大丈夫なようです。

さらにホタテツノハゼも元気いっぱい!!!!

どちらも30cm以内まで寄れるほど。
まだまだハゼエリアも遊べそうです!!

さて、最後にウミウシサーチ企画についてお知らせです。
今年で3回目となるウミウシサーチ企画ですが、非常に有難い事に、週末開催については非常に多くのお問い合わせをいただいており、満席の日程が増えてきております。

空き状況については、HPの「ウミウシサーチ」チーム参加者募集中!!!」

内にてご案内しております。ご予定を立てていただく際の参考にしてください。
空き状況については、可能な限り早めに更新をさせていただいておりますが、
タイムラグが発生する場合がございます。

ちなみに平日は随時開催しておりますので、平日にお休みの取れる方は、
是非平日開催についてもご検討をよろしくお願いいたします。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:4〜13℃
  • 水温:17℃
  • 透視度:15m
  • 波高:0.5〜1.5m

観察された主な生き物

クエ、コロダイの群れ、アデウツボyg、キクチカニダマシ、ルージュミノウミウシ、フサカサゴyg、ニシキフウライウオ、オオモンカエルアンコウyg、マッチボウミノウミウシ、ボラの大群

アオウミガメ、ヤシャハゼ、ホタテツノハゼ、ハチマキダテハゼ、ミツイラメリウミウシ、シラユキウミウシ、オオモンカエルアンコウyg(ピンク、キイロ、オレンジ)、アオテンミノウミウシ、イチゴミルクウミウシ、シンデレラウミウシ、キミシグレカクレエビ

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, ホタテツノハゼ, ヤシャハゼ, キイロワミノウミウシ, シラユキウミウシyg

串本のダイビングポイント

住崎, 備前

ちびカエル

この冬2度目の寒波。水中は快適です。

この冬2度目、1月最初の寒波に見舞われて、今日は朝の気温が3℃となかなか厳しい冷え込みでした(+_+) 水温も例年より低めで17.5℃でしたが、低い気温のおかげでエントリー直後は手が暖かく感じるほどでした。
コンディションは相変わらず良く、水中は快適に楽しく遊べています(^^)

さて、今日の写真はTG7デビュー間もない、ひさちゃんさんにお借りした5点です。

まずは増量中のカゴカキダイ。ワイコン無しでもこんなに写り込みます。

居ついて長いフリソデエビは低水温でちょっと動きが静かな感じでした。

こちらはあちこちに定着中のスケロクウミタケハゼ。

そして多数出現中のちびカエル。ピンクのオオモン10mmと、

さらに小さいピンクのオオモン8mm ちっさ!!!

寒くなって生き物の活性は下がりがちですが、マクロネタはなかなか豊富ですよ。

というわけで、ひさちゃんさん、お写真どうもありがとうございました(^^)

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:3~9℃
  • 水温:17.5℃
  • 透視度:12~15m
  • 波高:1~2m

観察された主な生き物

ウミテング、ニシキフウライウオ、ヒレボシミノカサゴyg、クダゴンベyg、オオモンカエルアンコウyg×4(ピンク10mm、ピンク8mm、黄色10mm、朱色3cm)、アオウミガメ、レンテンヤッコyg

テングダイ、ニシキフウライウオ、カゴカキダイ&アカヒメジ群れ、マダラタルミyg、アオブダイ、カンザシヤドカリ、ハチジョウタツ、ワライヤドリエビ、フリソデエビ、キンチャクガニ

ニシキフウライウオ、ジョーフィッシュ、クダゴンベyg、イボイソバナガニ、シマキンチャクフグyg、ガラスハゼ、ミギマキ&ロクセンフエダイ群れ、キャラメルウミウシ、コブダイ、クエ、ホウライヒメジ群れ、マダラトビエイ、ベニカエルアンコウ、ミナミハコフグyg、テヅルモヅルカクレエビ

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, フリソデエビ, カゴカキダイ群れ, スケロクウミタケハゼ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前

初潜り!

お天気も海も好発進でした!

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします!

昨夜は年跨ぎでプチ嵐が通り、深夜は風が強く、波が残る心配もありましたが、元旦の朝にはすっかり風も治まりました。
食べ過ぎ飲み過ぎ騒ぎ過ぎのあおりで、ゲストも若干静かな気がしましたが(((^^; コンディションも良く、ダイビングもお腹いっぱい楽しんで頂けたので、お天気も海も良いスタートを切ることができました~!

さて、新年1発目の写真は、ヨコエビさんにお借りしたマクロ5点です。

まずは昨日遭遇したアンボイナ。串本では自身初めて遭遇しました。

お次はヨスジフエダイ。カゴカキダイの群れに混じって増えてきてます。

こちらは越冬確率低めのフタスジタマガシラyg ここからが正念場!

当たっているオオモンygは今日も健在でした。

最後は今年の干支にちなんでハチジョウタツ!!

陸も海もコンディション良く好発進で幸先良いですね~~!!
今年も良い一年になりますように!!!(^^)

というわけで、ヨコエビさん、お写真どうもありがとうございました。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:5~10℃
  • 水温:18.5℃
  • 透視度:10~15m
  • 波高:1~2m

観察された主な生き物

アオウミガメ、オオモンカエルアンコウyg、クダゴンベyg、ウミテング、ヒレボシミノカサゴyg、ニシキフウライウオ、ミヤケテグリyg、セボシウミタケハゼ、イソコンペイトウガニ

カゴカキダイ群れ、アカヒメジ群れ、ワモンダコ(交接)、ハダカハオコゼ、マダラタルミyg、ミナミギンポ、アオウミガメ、ハナキンチャクフグ、フリソデエビ

ヤッコエイ、ニシキフウライウオ、ハチジョウタツ、ミナミギンポ、テンクロスジギンポ、クエ、アカシマシラヒゲエビ&アカシマシラヒゲエビ、ベニカエルアンコウ、ホウライヒメジ群れ

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, ハチジョウタツ, フタスジタマガシラyg, アンボイナ, ヨスジフエダイ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前

豊富なマクロネタ

カエルちゃん続々出現中。

今年もあっという間に年末ですね~! 今日から帰省ラッシュや、賑わう町の様子が報じられたりと、いよいよ年末っぽい感じになってきましたが、海の方は例年にない穏やかな海況に恵まれていて、今日も最高のコンディションで楽しく遊べています(^^)

そんな本日の写真は烏賊蔵さんにお借りした、綺麗なマクロ7点です。

まずは備前で続出しているカエルアンコウygたち。長男4cmと

こちらは体長1cmの極小サイズの次男

そしてそしてさらに小さい三男は、なんと体長7mm

お次は南方種のゴシキエビyg 越冬は難しいかなぁ~。

ニシキウミウシ&ウミウシカクレエビのセットも登場しました。

こちらは最近やっと慣れてきたヒレボシミノカサゴyg

最後はスケロクウミタケハゼ。冬っぽい感じのキレイなカット。

以上、烏賊蔵さん、素敵なお写真をありがとうございました(^^)

さて今年もあと二日です!! お天気は若干下り坂予報ですが(((^^;
海中は変わらずコンディション良さそうなので張り切って潜り納めまーす!!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:6~14℃
  • 水温:18.5℃
  • 透視度:m
  • 波高:m

観察された主な生き物

アカヒメジ群れ、ミギマキ群れ、クダゴンベyg、ニシキフウライウオ、イボイソバナガニ、テングダイ群れ、コケギンポ、ミナミギンポ、ホウライヒメジ群れ、ヒョウモンウミウシ

ニシキフウライウオ、ウミテング、ヒレボシミノカサゴyg、オオモンカエルアンコウyg、ノコギリハギyg、クダゴンベyg、スケロクウミタケハゼ、イボヤギミノウミウシ

フリソデエビ、ニシキカンザシヤドカリSP、ハナヒゲウツボyg、カゴカキダイ群れ、アカヒメジ群れ、ゴシキエビyg、ウミウシカクレエビ&ニシキウミウシ

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, ウミウシカクレエビ, スケロクウミタケハゼ, ゴシキエビyg, ヒレボシミノカサゴyg

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前

副産物が目に入る時期になってきました!!

季節の移り変わりを感じるようになりました。

冬の嵐が到来する直前・・・・
昨日の夜は風が吹き荒れ・・・・朝からもうダメかな(><)って思っていましたが、なんとか1日潜り切ることができました!!

良かった〜〜♪
今日は海も時化る予報だったので、ゲストさんがお一人に。

という事で、ガイドが1本ずつ変わる普段はあまりないパターンで潜ってきました。
ちなみに順番は、岩崎さん→社長→小池です。

写真見て誰が紹介した生き物か当ててみてください!!笑

さて、12月に入り、海の中も季節の移り変わりを感じます。
冬の風物詩といえば、やっぱりこれですよね〜〜。

今年の群れ方はめっちゃすごい!!!
これは一見の価値ありです!!!

他にもタカサゴの群れなどワイドも見どころ満載です♪

もちろんマクロも豊富〜〜。

体色がとても綺麗なアカシマシラヒゲエビ。
ウツボをクリーニングしているシーンなんていうのも綺麗です(^^)

ここにきてカエルアンコウもまた増加傾向みたいです。

以前からいる個体に加え、今日は新たに5mmサイズのオオモンカエルアンコウygをゲット!!!

大きさの感じ伝わるかな〜〜??笑
ちょっと拡大するとこんな感じです!!

不意に見つかる時期がやってきましたね〜〜。

不意にといえば、このシーン。
ジョーフィシュの巣穴のそばをヤドカリが。

ジョーフィッシュが時折威嚇をしていて、ヤドカリがタジタジになってました笑

さて、どの写真が誰のガイドか分かりましたか??
答えは、ご来店時に聞いてくださ〜〜い笑

さて、最後に・・・・

串本海中フォトコンテストについてお知らせです

第32回串本海中フォトコンテストのご応募ですが、Instagram部門において、Instagramのシステム変更に伴い、応募ができない事象が確認されました。

それに伴い、応募期間を急遽本日より1月14日まで延長して再度募集を行う運びとなりました。

応募方法については、串本海中フォトコンテスト公式Instagramアカウントにてご確認くださいませ。

@kushimotophotocon

ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:曇り時々晴れ
  • 気温:20〜21℃
  • 水温:19℃
  • 透視度:15m
  • 波高:1.5m

観察された主な生き物

クダゴンベ、ニシキフウライウオ(ペア)、コケギンポ、テングダイ、モンハナシャコ、オオモンカエルアンコウ、ウメイロモドキの群れ、アカヒメジの群れ、ホウライヒメジの群れ、タカサゴの群れ、アザハタ、キンメモドキの群れ、オルトマンワラエビ、アカシマシラヒゲエビ、シテンヤッコyg、オオモンカエルアンコウyg×2、ジョーフィッシュ、オランウータンクラブ、セリスイロウミウシ、フジナミイロウミウシ

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, ジョーフィッシュ, タカサゴの群れ, アカシマシラヒゲエビ, ホウライヒメジの群れ

串本のダイビングポイント

住崎, 備前

ちびカエル

ベタ凪ぎのポカポカ陽気でした。

今日もとても穏やかな風になり、一日中凪ぎのダイビング日和で、午前中は久々に外洋2の根にも行く事ができました。水温も20℃、透視度も15m程とまずまずで、水中も陸上も寒さを感じない快適なコンディション(^^) お昼休憩中は12月とは思えない陽気で、Tシャツ姿でも良いくらいの暖かさでした。

さて、そんな本日の写真は、プリンさんにお借りしたTG6マクロ5点です。

まずは今季も大当たりのクダゴンベyg トサカ背景キレイでした。

お次はオオモンカエルアンコウyg 住崎に定着中です。

こちらはゾウゲイロウミウシ。ウミウシも益々増えてきています。

こちらはサビウツボの子供。親指サイズ。

ラストは久々に遭遇したウルマカエルアンコウyg 体長15ミリ

お魚も、ウミウシも、甲殻類も盛りだくさんで、楽しい海が続いています(^^)
水温と透視度が復調したので、このまま年末までキープして欲しいところです。

というわけで、プリンさん、お写真どうもありがとうございました。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:12~20℃
  • 水温:20℃
  • 透視度:12~15m
  • 波高:0~1m

観察された主な生き物

キンギョハナダイ群れ、ウメイロモドキyg群れ、タカサゴ群れ、クダゴンベ、ミカドウミウシ&ウミウシカクレエビ、ハナアナゴ、スジハナダイ、アカオビハナダイ、シンデレラウミウシ、アカゲカムリ、ウルマカエルアンコウyg

イサキ群れ、クロホシフエダイ群れ、アカヒメジ群れ、テングダイ、ロクセンフエダイ群れ、ウメイロモドキ群れ、ミギマキ群れ、シマキンチャクフグyg、ガラスハゼ、オオモンカエルアンコウyg、ニシキフウライウオ、クダゴンベyg、サガミリュウグウウミウシ、モンハナシャコ

アザハタ&キンメモドキ群れ、ウミテング、シテンヤッコyg、レンテンヤッコyg、スケロクウミタケハゼ、ガラスハゼ、ホウライヒメジ群れ、クエ、イサキ群れ、サガミリュウグウウミウシ

ニシキフウライウオ、クエ、スジアラ、カゴカキダイ&アカヒメジ群れ、ヨコシマクロダイyg、サビウツボ、ワカウツボ、ハナミノカサゴ、フリソデエビ

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, クダゴンベyg, ゾウゲイロウミウシ, ウルマカエルアンコウyg, サビウツボyg

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前, 2の根

やっぱりこの時期はよく目に入るな〜〜。

今日から営業再開です!!

月曜日〜木曜日まで冬季休業をいただいておりましたが、
本日より営業を再開させていただきます!!

休業中、ご協力をいただきまして誠にありがとうございました!!

さて、冬季休業明けの今日は、休み前に発見したチビクマドリカエルアンコウの確認へ!!

結果、健在でした〜〜♪
まだまだ綺麗な白とオレンジの綺麗な体色。しばらく居てくれますように〜〜。
めっちゃ可愛いですよ〜〜。

そして、ウミウシ探しの副産物として、勝手にお馴染みにしているカエルアンコウ。
今日もミノウミウシを探していたら・・・・・目が合いました(^^)

大きさ3mm〜5mm位かなあ??めっちゃ小さくて可愛かった〜〜。
これからの時期はよく見つかる時期なのでどんどん見つかるといいなあ〜〜。

ウミウシ探しで見つかる生き物といえば、こちらもお馴染みですね〜〜。

ハチジョウタツ。今回はウミウシではなく・・・フィコカリスシムランスを見ていたら泳いできました!!

前からずっと観察しているシムランスでしたが、どうやら周りにハチジョウタツがたくさんいるようです!!

エキジット間際、サイコロサイズのシマウミスズメygが。
めっちゃ綺麗なところにいて、みんなで正面顔の大撮影大会。

きれなポリプバックにこの可愛いフォルム。
最高の被写体ですね〜〜(^^)

他にもクダゴンベygなどなど、マクロ生物は相変わらず豊富です♪
さて、明日からは第1回ウミウシサーチです!!!

明日は3本ウミウシ探しの旅に出てきます!!!
果たして何種類見つかるかな〜〜??

楽しみです!!!!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:8〜16℃
  • 水温:19℃
  • 透視度:12〜15m
  • 波高:0.5m

観察された主な生き物

シテンヤッコyg、ノコギリハギyg、オオモンカエルアンコウyg、クダゴンベyg、ニジギンポ、アナモリチュウコシオリエビ、アオセンミノウミウシyg、キイロワミノウミウシ、イソコンペイトウガニyg

クマドリカエルアンコウyg、ニシキウミウシyg、フィコカリス・シムランス、ハチジョウタツ、シマウミスズメyg、ガラスハゼ、

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, クマドリカエルアンコウyg, ハチジョウタツ, フィコカリス・シムランス, シマウミスズメyg

串本のダイビングポイント

グラスワールド, 備前

ベタ凪の1日

波のない水面って久々〜〜。

週末が明けた今日。
久々に終日ベタ凪となりました〜〜♪

週末にこのコンディションだったらよかったのにな〜〜。
さて、今日も透明度は変わらず。

水温も徐々に季節の進みを感じます。
そろそろシーズンも終盤のハゼエリアへ行ってきました。

ハゼは水中が暗いというのもあって結構シビア・・・。

水中が暗いとハゼの警戒心が一気に上がるみたいです。
水温的にも今がギリギリのラインなのかな〜〜??

一方で秋を感じさせる幼魚は色々と観察できています。
長期滞在組のオオモンカエルアンコウyg。

他の個体ってすぐに大きくなってくるのにこの個体は現状維持。
餌が少ないのかな〜〜。

こちらも長期滞在中のヒレボシミノカサゴ。

撮りにくい場所にいるのですが、頑張って角度を調整すれば撮れるようになってきました。魚もダイバーに慣れるんですね〜〜。

最後は、今数がとても多いナカソネカニダマシyg。

ソフトコーラルを見れば大〜小まで、たくさん見つかります。
全部を同じ画角に入れたいな〜〜。

さて、明日は西風の予報。
海が荒れずに1日潜れますように。

本日のお写真は、800本を迎えられたアジンガー事、人気カメラマンさんよりお写真を提供していただきました。

素敵なお写真をありがとうございました。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:曇りのち雨
  • 気温:9〜17℃
  • 水温:20℃
  • 透視度:8m
  • 波高:1.0m

観察された主な生き物

クダゴンベyg、イボイソバナガニ、ナカソネカニダマシ、ニシキフウライウオ(ペア)、オオモンカエルアンコウyg、アカハタ、タカサゴの群れ、コケギンポ、アナモリチュウコシオリエビ

ヒレナガネジリンボウ、チンアナゴ、ヤシャハゼ、マダライロウミウシ、ウミテング、ヒレボシミノカサゴyg、クダゴンベyg、スケロクウミタケハゼ、オオモンカエルアンコウyg、シテンヤッコyg

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, ヒレナガネジリンボウ, ナカソネカニダマシ, ヒレボシミノカサゴyg

串本のダイビングポイント

住崎, 備前

マクロ生物が増えてきました〜〜。

春っぽくてもマクロで遊べば関係ない!!

真冬のような気温の週末でしたが、海は冬のようにはならず、
串本で2日間潜る事ができました〜〜。

そして、今週末は珍しくAOW講習を担当。
講習をしていると色々な人から珍しい〜〜って言われます笑

でも講習を担当するとどんどんと上達していくゲストさんが見られるので、
とても新鮮な気持ちになります。

たまの講習も勉強になっていいですね〜。

さて、ファンダイブでは、マクロネタが非常に豊富。

体の大きさに反して目が大きいので表情がとても可愛いですね〜〜。

そして、他の場所でもカエルアンコウが新登場!!!

これからまたカエルアンコウが増えてくるかも〜〜。
これからウミウシ探しをどんどんしていけばまた見つかるかな〜〜。

幼魚もまだまだ豊富〜〜。
少しずつ慣れてきているようです。

数日引きこもっていたハナヒゲウツボygも今日は開店中。

数日は見られるかな〜〜。
不定休なので、見られるかは運次第です。

ウミウシも去る事ながら甲殻類も増えてきたました〜〜。

明日からは平日。
水中もゆっくりと過ごせる今からの時期の平日はお勧めですよ〜〜。

写真もゆっくり撮れるし、比較的リクエストにお応えしやすい日が増えるので、
是非平日のご来店も計画してみてください(^^)

本日のお写真はBandoさんにお借りしました。
素敵なお写真ありがとうございました。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:9〜16℃
  • 水温:20℃
  • 透視度:8m
  • 波高:0.5〜2.0m

観察された主な生き物

ヒレナガネジリンボウ、チンアナゴ、ホタテツノハゼ、ヤシャハゼ、ウミテング、シテンヤッコyg、クダゴンベyg、オオモンカエルアンコウyg、ルージュミノウミウシ、メジナの群れ、タカサゴの群れ

ニシキフウライウオ(ペア)、クダゴンベyg、イボイソバナガニ、ガラスハゼ(卵)、アナモリチュウコシオリエビ、ヒトデヤドリエビ、コケギンポ、イロカエルアンコウ、コトヒメウミウシyg、シラユキウミウシ、シロイバラウミウシ、コミドリリュウグウウミウシ、トンプソンコトリガイyg

オルトマンワラエビ、ノコギリハギyg、イソバナガニ、ガラスハゼ、サツマカサゴ、ハダカハオコゼ(ペア)、ハナヒゲウツボyg、ニシキカンザシヤドカリ、テンクロスジギンポ、ワライヤドリエビ、イソコンペイトウガニ

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, ヒトデヤドリエビ, イロカエルアンコウ, ハナヒゲウツボyg, シテンヤッコyg

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前