串本のダイビングポイント / 備前

カエル祭りです。

ちびカエルアンコウ祭り開催中~!

昨夜から気温がぐっと下がり、今朝はなかなかの冷え込みになりました。
水温もじわっと下がって16℃台に突入した串本ですが、水中はワイドもマクロもまだまだネタが豊富でとても賑やかです。

そんな今日は、この冬大豊作のちびカエルアンコウ達が、お腹いっぱい見られました。見た順番に沿ってご紹介します。

まずは体長3cmのオオモンカエルアンコウ。

お次はクマドリカエルアンコウ。体長2cm。ちっさ~!

そしてこちらはイロカエルアンコウ。体長1cm。ちっっさ~!!!

更に別のクマドリカエルアンコウ。体長3cm。

そしてこちらも3cmのイロカエルアンコウ。

ラストは極小1cmのクマドリカエル。浮上間際の発見でした!

気が付けば「串本3大カエルアンコウ制覇&シロクマ3兄弟と出会う事」に成功していました~(^^)(バブルリングダイバーズさん、情報ありがと~。)

そのほか、カスザメやアオウミガメ、カンパチの群れに囲まれたりと、ワイドも運よくあれこれ当たって、とてもエキサイティングな一日でした。

というわけで、本日の写真は武内さんにお借りしたカエル6点でした。
武内さん、どうもありがとうございました。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:4~9℃
  • 水温:16~17℃
  • 透視度:10~12m
  • 波高:1~2m

観察された主な生き物

ヤッコエイ、カスザメ、アザハタ、タカサゴyg群れ、タテジマキンチャクダイyg、フタイロハナゴイyg、ケラマハナダイyg群れ、コホシカニダマシ、アオウミガメ、テンクロスジギンポ、

オオモンカエルアンコウyg、スルガリュウグウウミウシ、サガミアメフラシyg、クロヘリアメフラシyg、ウデフリツノザヤウミウシ、クエ、ニラミギンポ、キビナゴ群れ&ヒレナガカンパチ群れ、クマドリカエルアンコウyg

コケギンポ、イロカエルアンコウyg×2、アカネコモンウミウシ、ヒメイソギンチャクエビ、ミヤケテグリyg、キャラメルウミウシ、ミズヒキガニ、ミナミクモガニ、クマドリカエルアンコウyg×2

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, イロカエルアンコウyg, クマドリカエルアンコウyg

串本のダイビングポイント

グラスワールド, 備前, アミハタ

マクロ攻め

カエルアンコウ&ウミウシ豊富です。

今日は近場でのんびりとダイビング。
今豊富なカエルアンコウ&ウミウを中心に遊んできました!!

カエルアンコウはイロカエルアンコウとクマドリカエルアンコウygとオオモンカエルアンコウygが健在。

サイズも可愛いサイズが豊富です♪

こちらのカエルアンコウは背景がいい感じ♪
ちょっと光を強く当てれば背景でも遊べそうです!!

そして、最近個体数が増えてきたクマドリカエルアンコウもまだ見ることができます。

今日はいい子に見やすいところにいました!!
みんなこんな風に分かりやすい所にいたらいいのにな〜〜。

そして、ウミウシもめっちゃ豊富です。

例年ではレアな種類に分類されるウミウシが多く見られます。
昨日も見られたトウモンウミコチョウが今日も見られました。

今年は個体数が多いのかな??
そして、こちらも今年個体数が多いです。

トンプソンコトリガイという名前のウミウシです。
これは大きさが3mmくらい笑
視力検査しているみたいです・・・。

最後は、これから数が増えてくるであろうクロヘリアメフラシ。

こちらはよく見るバージョンの色彩でアヤニシキによく乗っていてこれからの時期の人気物になる個体です。

そして、こちらがあまり見ないカラーバリエーション。

去年まではあまり見なかったと思うのですが、今年は多いようです。
1日で10個体以上は見たかな〜〜。

いつも見ない生き物が多い年なのかもしれませんね。
他にはどんな生き物が出てくるのかな〜〜???

明日も少人数でのんびりと楽しんできま〜〜す。
西風の予報ですが、なんとか1日潜れますように。

本日のお写真はOBANさんにお借りしました。
素敵なお写真ありがとうございました!!!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:7〜12℃
  • 水温:16〜17℃
  • 透視度:10〜12m
  • 波高:1.0m

観察された主な生き物

シロウサギウミウシ、ウデフリツノザヤウミウシ、クロヘリアメフラシyg、サガミアメフラシyg、トンプソンコトリガイ、ミナミハコフグyg、ヒメイソギンチャクエビ、ジョーフィッシュ、クマドリカエルアンコウyg、イロカエルアンコウyg、アオサメハダウミウシ、アマミスズメダイyg、トウモンウミコチョウ、チョウチョウコショウダイyg、アカゲカムリ、サキシマミノウミウシ、ヒトデヤドリエビ、テングダイ、ウララカミノウミウシ、ミナミギンポ

串本の生きもの

イロカエルアンコウyg, クマドリカエルアンコウyg, トウモンウミコチョウ, クロヘリアメフラシyg, トンプソンコトリガイ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前

マクロ&顕微鏡撮影研究

今日は、マクロ撮影と顕微鏡モードの練習でした。

3連休が明けて水中の賑わいもひと段落。
昨日の海の中は人がたくさんでしたが、一転して今日はゆっくりと潜ることができました〜〜♪

今日は、OLYMPUSのTG−3でマクロ撮影と顕微鏡撮影の練習をしてきました!!
最初は焦点距離の感覚を掴むまで苦労されていましたが、2本目には少しずつ感覚を掴んでいただき、撮影を楽しんでいただけたようでした〜〜。

最初は、動かないウミウシ類で練習。
ここ最近ウミウシが増えてきているのでカメラの練習には最高です。

最初はウミウシ・・・・ではないけど、これから人気が出てくるであろうアメフラシ。クロヘリアメフラシygからスタート。こちらは水中マクロモードで撮影。

そして、大きさ5mmほどのウミウシは顕微鏡モードで。
顕微鏡モードは内臓ストロボが当たらないので、基本ライト撮影になります。
リングライトがあれば最強です!!

ライト撮影ではストロボ撮影とは違いカメラの固定が大切。
理由としては、ストロボが一瞬の光なのに対し、ライト撮影では、継続した光の中で撮影するから。

一瞬の光であれば、レンズに届く光も一瞬なので手ブレによる残像は映りにくいのですが、ライトのように継続して光を当てているとカメラが動いたことによる残像が残ってしまいやすいんです。

・・・とここまでがセオリー。ですが、撮っていただいたこの写真はその残像を利用してこんな幻想的な仕上がりに!!!シロイバラウミウシのオーラが表現されているようで綺麗です!!!今度狙ってみようかな〜。

そして、最後はレアなウミウシが登場!!!

これは久々テンション上がりました!!!しかも割と大きい!!!
見やすく撮りやすく最高の締めくくりとなりました〜〜〜。

2本目はギンポなど魚も交え、1日かけてゆっくりと写真撮影の練習をしていただけたようでした。

明日もゲストさんと3本の予定。
カエルアンコウやウミウシなどなど明日も楽しむぞ〜〜。

本日のお写真は、門井さんにお借りしました。
素敵なお写真ありがとうございました!!!

さて、最後に、今週末に実施される新年会の2次会会場が決定しました!!
(発表が直前となってしまいすみません・・・。)

まだ新年会の空きもございますので、今週末行けそう。って方〜〜是非ご参加くださいませ〜〜。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れのち雨
  • 気温:7〜12℃
  • 水温:17℃
  • 透視度:10〜12m
  • 波高:0.5m

観察された主な生き物

ジャパニーズピグミーシーホース、ウデフリツノザヤウミウシyg、クロヘリアメフラシyg、ガラスハゼ、イラ、トウモンウミコチョウ、シラユキモドキ、ジョーフィッシュ、コガネミノウミウシ、オオモンカエルアンコウyg、シロウサギウミウシ、コケギンポ

串本の生きもの

コケギンポ, トウモンウミコチョウ, クロヘリアメフラシyg, シロイバラウミウシ

串本のダイビングポイント

グラスワールド, 備前

クロヘリアメフラシ

今日も最高のお天気でした。

連休最終日の今日も、昨日に続きベタ凪になりました。そしてお天気は最高! 風穏やかな快晴でした。

このところ水温がじわじわと下がりつつありますが、今日もコンディションはまずまずで、外洋、近場とも生物満載で楽しく潜れています。

朝イチ便、浅地が釣船でエントリーできずでしたが、北の根では、ゲストのリクエスト通りに運よくマダラトビエイに遭遇。可愛いサイズの2個体でした。

マクロではクロヘリアメフラシyg。外洋エリアでよく出ています。

カルイシガニと思われるカニ。石ころそっくりです。

近場のエリアでは、相変わらずカエルアンコウが好調で、今日もあちこちで可愛いサイズの幼魚が確認されています。

備前で新たに出現しているオオモンカエルアンコウyg

大人気のクマドリカエルアンコウも健在でした。

こちらはセンテンイロウミウシ。

これからが本格シーズンのウミウシ類も、最近かなり豊富な種類を観察できる様になってきました。今後も楽しみ楽しみ(^^)

以上、今日の写真は、なっちゃんにお借りした5点でした。
なっちゃん、ナイスフォトどうもありがとうございました~!

明日はお天気下り坂の予報ですが、海は変わらず穏やかになりそうです。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:7~14℃
  • 水温:17℃
  • 透視度:12m
  • 波高:0m

観察された主な生き物

キンメモドキ群れ、ハナミノカサゴ群れ、ヒラマサ、マダラトビエイ、クロヘリアメフラシyg、ヤッコエイ、カルイシガニ、サビウライロウミウシ、テングダイ、キビナゴ群れ、キンギョハナダイ群れ

ツバメウオ、ガラスハゼ、オオモンカエルアンコウyg、クダゴンベ、ミドリリュウグウウミウシ、テングダイ、バサラカクレエビ、チョウチョウコショウダイyg、マツカサウオyg

クマドリカエルアンコウyg、オオモンカエルアンコウyg、ハチジョウタツ(ジャパピグ)ニラミギンポ、イソコンペイトウガニ、ミナミハコフグyg、アカゲカムリ、ハナミノカサゴyg

ジョーフィッシュ、コケギンポ、ウデフリツノザヤウミウシ、センテンイロウミウシ、イロカエルアンコウyg、クマドリカエルアコウ、カゴカキダイ群れ

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, クマドリカエルアンコウyg, センテンイロウミウシ, サガミアメフラシyg, カルイシガニ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前, 北の根

三連休中日

大きい生き物から小さい生き物まで

今日は天気も良く、穏やかな串本!!
ポイントは、外洋&近場の両方で潜ってきました。

最近は特に面白く、ワイドからマクロまで様々な生き物が豊富です。
マクロに関しては、カエルアンコウやウミウシが増え
ワイドは、テングダイから始まりツバメウオやワニゴチ
運が良ければアオウミガメやカスザメなどに出逢える海になっています(^^♪

そして、本日の写真は運よく出会えた生き物たちです。
テングダイ

ワニゴチ

アオウミガメ

クマドリカエルアンコウyg

イボヤギミノウミウシ

写真5点:小林ご夫婦さん
ありがとうございました。

後は水温がこれ以上下がらないことを祈ります!!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:14℃
  • 水温:17℃
  • 透視度:12m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

クロホシイシモチ、ハナミノカサゴ、イタチウオ、カルイシガニ、ガラスハゼ、ニシキウミウシ、サガミアメフラシ、クロヘリアメフラシ、タカサゴの群れ、ミチヨミノウミウシ、ハナオトメウミウシ、イガグリウミウシ、キンギョハナダイ

クマドリカエルアンコウyg、オオモンカエルアンコウyg、センテンイロウミウシ、ニラミギンポ、アカゲカムリ、ミナミハコフグyg、キャラメルウミウシ、テヌウニシキウミウシ、ニジギンポ、イソコンペイトウガニ

ジョーフィッシュ、シロイバラウミウシ、コケギンポ、イロカエルアンコウyg、ピカチュウ、アオサハギ、アオウミガメ、テングダイ、ワニゴチ、トゲトサカテッポウエビ

串本の生きもの

アオウミガメ, テングダイ, クマドリカエルアンコウ, ワニゴチ, イボヤギミノウミウシ

串本のダイビングポイント

グラスワールド, 備前, 二の根

クマドリカエルアンコウ

水温下がってウミウシ多数出現中。

今日は雨が降りそうな曇天でスタート。午後にはポツポツ降り出しましたが、風は穏やかでとても潜り易い海でした。
水中は若干浮遊物が多くなってきましたが、視界もまずまずで、マクロ中心に楽しく遊べています。

さて、そんな今日の写真はナースさんにお借りした5点です。

まずはちょっと珍しいアカネコモンウミウシ。

ジャパピグこと、ハチジョウタツ。今日はゲストに教えてもらいました(^^)

お次はキイロウミウシに食らいつくシロボンボンウミウシ。
少し前から観察してきましたが、体格が大きくなってきました。

ミアミラウミウシのお子さま。可愛いサイズです。

最後はクマドリカエルアンコウyg かわいい体長2cmです。

水中で出会った他店のガイドさんと情報交換する流れで結局案内してもらっちゃいました~。ラッキー。(ポレポレさんありがとう(^^))

水温は順当に低くなってきましたが、お魚もエビカニもウミウシも、まだまだ生物盛りだくさんです。

というわけで、ナースさんお写真どうもありがとうございました。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:曇り時々雨
  • 気温:7~12℃
  • 水温:17℃
  • 透視度:10~12m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

ハチジョウタツ(ジャパピグ)、ウデフリツノザヤウミウシ、コケギンポ、アカネコモンミウシ、イボヤギミノウミウシ、キカモヨウウミウシ、サラサウミウシ、カゴカキダイ群れ、クマドリカエルアンコウyg

クマドリカエルアンコウyg、アオウミガメ、ハチジョウタツ(ジャパピグ)、ニラミギンポ、ミナミハコフグyg、イソコンペイトウガニ、ミドリリュウグウウミウシ、

クダゴンベ、オオモンカエルアンコウyg、シロボンボンウミウシ、コケギンポ、イサキ群れ、ツバメウオ、テングダイ、ミアミラウミウシ、チョウチョウコショウダイyg

串本の生きもの

ミアミラウミウシ, クマドリカエルアンコウyg, シロボンボンウミウシ, アカネコモンウミウシ, ハチジョウタツ(ジャパピグ)

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前

獲物を求めて

中々手強いですな!!

本日は、少人数チームで3ダイブ。
朝一は海が穏やかだったので外洋へ行ってきました。
ポイントは先日、大当たりだった二の根へ!
潮も程よく流れていてかなり期待できそうなコンディションでしたが
残念ながら何も当たりませんでしたが、魚が多かったのでそれだけで十分です。

2本目からは近場へ。
備前はクマドリカエルアンコウ狙いが居らず・・。
でも、ジャパピグに逢えたのでラッキー(^^♪
そして3本目はアミハタへ!目的はカスザメ探し!
根気よく探した結果・・・・・2個体発見!!ガイドもゲストも大喜びでした(^^♪

何事にもあきらめないことが大事ですな!
それでは本日の写真です。
ガラスハゼ このシチュエーション良いね(^^♪

ジャパピグ 探したら他にも居そうです。

カスザメ 2個体観ましたがどちらも特大でした。
バサラカクレエビ 今年は多いみたいです。

写真4点:大門さん
有難うございました。

明日からシーマンズも4日間お休みになります。
ゆっくり休んで体力回復しま~~す。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:10℃
  • 水温:18℃
  • 透視度:12m
  • 波高:1.5m

観察された主な生き物

クダゴンベ、タカサゴ、スジアラ、テングダイ、キンギョハナダイ、モンハナシャコ、アカゲカムリ、キヌハダウミウシ

コケギンポ、ジャパピグ、ナカソネカニダマシ、ミドリリュウグウウミウシ、ニラミギンポ、イサキ、ウミタケハゼ

オドリカクレエビ、カスザメ、ミツボシクロスズメダイyg、イソギンチャクエビ、バサラカクレエビ、ナマコマルガザミ

串本の生きもの

ガラスハゼ, カスザメ, ジャパピグ, バサラカクレエビ

串本のダイビングポイント

備前, 二の根, アミハタ

最初で最後の・・・

最高のコンディションで潜り納め!

大晦日の今日は、お天気、海況共に最高のコンディションに恵まれて、朝イチ外洋便は浅地で爽快な1ダイブ、そして近場ではたっぷりマクロダイブと、それぞれ最高の内容で潜り納めてきました~。

こんな穏やかな天気の年末年始は本当~~~に久しぶりです。
水中も視界良好、生物盛りだくさんで言う事なしの内容でした(^^)

さて、そんな今年最後のお写真は、久々登場HIROPINさんにお借りしたマクロ4点です。

まずはサガミアメフラシyg 春モノ先取りって感じです(^^)

こちらはガイドも今期初遭遇のキンチャクガニ。

まさかの今年最初で最後の出会いとなりました。
来シーズンに向けて頑張って越冬して欲しいところです。

近場エリアではジャパピグことハチジョウタツがポツポツ出現中~。

そして最後はヒメギンポの産卵シーンに遭遇。

年の瀬のラストダイブに貴重な産卵シーンに遭遇して、大満足な潜り納めとなりました~(^-^)

というわけで、今年を締めくくる素敵なお写真でした。
HIROPINさん、どうもありがとうございました。

さて、明日の元旦も穏やかなお天気に恵まれそうなので! まずは初日の出ボートでご来光を拝みに! からの~初潜りもたっぷり楽しんできま~す!(^-^)

また、いつもブログをご覧頂いている皆様、2018年もありがとうございました。スタッフ一同、この場を借りてお礼申し上げます。
そして来年度もどうぞよろしくお願い致します。

それでは皆さんもよい年をお迎えください。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:4~8℃
  • 水温:18~19℃
  • 透視度:15~20m
  • 波高:1~2m

観察された主な生き物

キンギョハナダイ群れ、タカサゴ群れ、サガミアメフラシyg、キンチャクガニ、ハナオトメウミウシ、ヒトデヤドリエビ、マツバギンポ、ミドリリュウグウウミウシ

オオモンカエルアンコウyg、クダゴンベyg、ウデフリツノザヤウミウシ、サクラダイyg、ガラスハゼ、テングダイ、バサラカクレエビ、ツバメウオ、コケギンポ、ウメイロモドキyg

ヒメギンポ(産卵)、ミネミズエビ、シマウミスズメyg、ハチジョウタツ(ジャパピグ)、コケギンポ、イガグリウミウシ、イサキ群れ、クエ、イソギンポ、ミナミクモガニ、アカゲカムリ

串本の生きもの

キンチャクガニ, サガミアメフラシyg, ハチジョウタツ, ヒメギンポ(産卵)

串本のダイビングポイント

住崎, 備前, 浅地

透視度最高でした。

これぞ冬の海!?透視度いいっすよ~。

今日も西風で、外洋エリアはクローズでしたが、予報通り風はそれほどでもなく、近場のエリアは終日穏やかでした。
陸上はすっかり冬らしい寒さになってきましたが、水中はここにきて透視度がぐーんと良くなって、今日は最高のコンディションになっています♪

さて、今日の写真はZENYさんにお借りした4点をお届けします。

まずはミカドウミウシ。冬定番の生物の1つです。

こちらはアカゲカムリ。甲殻類も低水温には強く冬もよく見ます。

チョウチョウコショウダイyg
こちらは「超」が付くほどの南方種なので低水温が厳しくなってきたかも。

最後はオオモンカエルアンコウyg 住崎に新たに出た個体です。

以上、1年ぶりのZENYさん、お写真どうもありがとうございました。
潜り納めの明日も海況は最高の予報です! 引き続き楽しく潜って下さい!!

●串本と古座の若手ガイドが週替わりで担当して更新しているサイト「串本・古座ガイド」。こちらも是非ご覧くださいませ。当店からは川嶋(まさお)と小池が参加していま〜〜す!!!
URL:https://kushimotokoza.wordpress.com/
Facebookページ:串本・古座ガイド

●串本海中フォトコンテストのHPも一新されました!!
毎月25日に当店が担当しておりますので、併せてご覧くださいませ〜〜。

URL:https://kushi-photocon.jp/

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:3~7℃
  • 水温:18~19℃
  • 透視度:15~20m
  • 波高:2m

観察された主な生き物

アザハタ、ヨスジフエダイyg群れ、テンクロスジギンポ、ヤッコエイ、クロイトハゼ、チョウコシオリエビ、コブダイ、カモハラギンポ、シマウミスズメyg、ケラマハナダイyg群れ、ミナミハコフグyg

オオモンカエルアンコウyg、クダゴンベyg、テングダイ、ツバメウオ、チョウチョウコショウダイyg、コケギンポ、バサラカクレエビ、ヒトデヤドリエビ、アカゲカムリ、ウメイロモドキyg群れ

ジョーフィッシュ、シテンヤッコyg、コケギンポ、ハタタテハゼ、カゴカキダイの群れ、マルタマオウギガニ、ミドリリュウグウウミウシ、ミカドウミウシ、ガラスハゼ、イセエビyg、ガラスハゼ

串本の生きもの

オオモンカエルアンコウyg, アカゲカムリ, ミカドウミウシ, チョウチョウコショウダイyg

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前, アンドの鼻

シロボンボンウミウシ

穏やかなベタ凪ぎの一日でした。

今日は曇りから雨、そして晴れに変わる忙しいお天気でしたが、気温はとても高く、寒さのストレスはゼロ。海の方もいたって穏やかで、時々鏡のような静かな水面になるほどでした。
水中もコンディションは良く、水温20℃、視界良好で楽しく潜れています。

さて、そんな今日の写真はKOBAさん&ENOさんにお借りしました。

まずはニシキオオメワラスボ。カラフルな南方種。ハゼの一種です。

写真:KOBAさん

ミドリリュウグウウミウシのビックサイズとミニサイズ。

写真:KOBAさん

こちらはイタチウオのアップ。向かいのナミマツカサも面白い感じです。

写真:KOBAさん

住崎のクダゴンベはすっかり大人になりました。

写真:ENOさん

最後はキイロウミウシを捕食中のシロボンボンウミウシ。体格差をものともせず、背中に食いついてるのがシロボンボンです。

写真:ENOさん

先週よりやや水温が上がって再び20℃になったので、熱帯系の生き物は元気を取り戻してくれそうです。

年末に向けて、このままいいコンディションをキープしてくれますよ~に(^^)

というわけで、KOBAさん&ENOさん、お写真ありがとうございました!

明日も引き続き穏やかな海況予報です。
外洋、近場と、それぞれ探検してきます!

●串本と古座の若手ガイドが週替わりで担当して更新しているサイト「串本・古座ガイド」。こちらも是非ご覧くださいませ。当店からは川嶋(まさお)と小池が参加していま〜〜す!!!
URL:https://kushimotokoza.wordpress.com/
Facebookページ:串本・古座ガイド

●串本海中フォトコンテストのHPも一新されました!!
毎月25日に当店が担当しておりますので、併せてご覧くださいませ〜〜。

URL:https://kushi-photocon.jp/

 

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:曇りのち晴れ
  • 気温:13~17℃
  • 水温:20℃
  • 透視度:12~15m
  • 波高:0.5m

観察された主な生き物

キンギョハナダイ群れ、イタチウオ、クダゴンベ、スミゾメミノウミウシ、イサキ群れ、ハナミノカサゴ、コマチコシオリエビ、ヒトデヤドリエビ

クダゴンベ、オオモンカエルアンコウyg、シロボンボンウミウシ、テングダイ、ツバメウオ、コケギンポ、セボシウミタケハゼ、バサラカクレエビ、アカゲカムリ、キビナゴ群れ、キンメモドキ群れ、アザハタ、チョウチョウコショウダイyg

コケギンポ、ニシキオオメワラスボ、クロイトハゼ、オトメハゼ、ヒロウミウシ、ニラミギンポ、シロボンボンウミウシ、ナカソネカニダマシ、アカゲカムリ、イソコンペイトウガニ、イラ

串本の生きもの

クダゴンベ, ミドリリュウグウウミウシ, ニシキオオメワラスボ, シロボンボンウミウシ, イタチウオ

串本のダイビングポイント

住崎, 備前, 2の根