串本の生きもの / モンハナシャコ

穴があったら入りたい

生き物って不思議!

昨日に引き続きゲストとマンツーマンダイビング!
この時期に多くなってくるけど、そんな時のリクエストは大歓迎!!
写真をじっくり撮るのも良し、地形を覚えるのも良し(^^♪
好きなことできちゃいます!!

そんな本日は穴の中や宿主に生活する生き物たち。
この生き物って撮影しやすいのでガイドもついつい紹介してしまいます。
それの写真がこちらです。
コケギンポ

タマオウギガニ

ミナミギンポ

モンハナシャコ

写真4点:門井さん
有難うございました。

明日は天気が良さそうです!
気温も上がり、陸上も過ごしやすそう(^^♪

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:曇りのち雨
  • 気温:18℃
  • 水温:24℃
  • 透視度:10m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

マダライロウミウシ、イロカエルアンコウyg、イラ、イセエビ、アザハタ、キンメモドキ、クロホシイシモチ、カマスyg、テンクロスジギンポ、イエロージョーフィッシュ、ミドリリュウグウウミウシ

カゴカキダイ、アカヒメジ、ミナミギンポ、ナマコマルガザミ、オトメハゼ、ウミタケハゼ、ハタタテハゼ、オオモンカエルアンコウyg、コケギンポ

串本の生きもの

モンハナシャコ, ミナミギンポ, イエロージョーフィッシュ, タマオウギガニ

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 吉右衛門

18号「ミートク」終息へ。

やっとうねりがとれました~。

今日はお天気は下り坂でしたが、台風18号のうねりはようやく終息に向かいました。水中は軽い揺れ程度になり、視界は回復傾向に転じています。

住崎、備前で2ダイブだった今日も、魚類、甲殻類、また幼魚も多く、うねりの後は宝探しの様な感覚で楽しく潜れています(^^)

元々生き物が多いこの時期は、どこへ行っても生き物が豊富です。現在各所に若いキンメやネンブツダイの群れが発生していて、アザハタの根もあちこちで賑やかになっています。

さて、そんな今日はストックデータから4点ご紹介です。

まずは定番のコケギンポ。今日もあちこちで見かけました。

撮影:福ちゃんさん

こちらはクマノミの赤ちゃん。体長1cmクラス。

撮影:福ちゃんさん

モンハナシャコは巣作りの季節。最近よく見る様になってきました。

撮影:モリタニさん

最後はミヤケテグリのお子さま。例年より少なめで貴重かも。

撮影:モリタニさん

「実りの秋」は海中も同じ。引き続き新たな幼魚や珍生物の登場にも期待できそうです(^^)

というわけでモリタニさん、福ちゃんさん、お写真どうもありがとうございました。

うねりが取れたのも束の間、明日は吹き返しの西風でやや風波が出そうです。
今季初の内浦ビーチへ遠征かも!?!?

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れのち曇り
  • 気温:22~26℃
  • 水温:26~27℃
  • 透視度:8~10m
  • 波高:1~2m

観察された主な生き物

クマノミyg、クロホシフエダイ群れ、ツバメウオ、クエ、テングダイ、イボイソバナガニ、フチドリハナダイ、ガラスハゼ、イソギンチャクエビ、ゾウリエビ、アザハタ&キンメモドキ群れ&ネンブツダイ群れ&カマスyg群れ、ジョーフィッシュ

アザハタ&キンメモドキ群れ&ネンブツダイ群れ、コケギンポ、ミヤケテグリyg、ニラミギンポ、イセエビ、イソコンペイトウガニ、キビナゴ群れ、メジナ群れ、テンクロスジギンポ、イラ、コガネスズメダイyg群れ&キンギョハナダイ群れ、モンハナシャコ

串本の生きもの

コケギンポ, モンハナシャコ, クマノミyg, ミヤケテグリyg

うねり入ってきちゃいました

外洋では台風のうねりが到来・・・。

今日も外洋と近場に別れてのダイビング。
外洋は流れもなく穏やかでヒレナガカンパチなど魚影の濃さに恵まれた1本でした!!!やっぱり外洋は魚が多いなあ〜〜。

2本めからは近場でのんびりとダイビング。
近場では、キビナゴの群れがすごい!!!一瞬ではありますが、カツオのアタックシーンなども見られました。

ワイド以外にも、ウミウシも大量!!!!
今年はまだまだピカチュウが見られています。
2、3年前にも夏場にピカチュウが見られた年あったなあ〜〜。

ウミウシ以外にもマクロといえば、生態シーンもたくさんあります。
ナガサキスズメダイの卵も数が一気に増え、各所で求愛行動をしていました〜〜。

いつも通りの串本の海に戻りつつある中、冬の低水温で一時期姿を消していたモンハナシャコ。久々に登場しました〜〜。

抱卵シーン見られないかな???

台風も東に抜けるので、台風本体の上陸はなさそうですが、
北上に伴い、明日・明後日は西風が強く吹きそうです・・・。

どうかクローズになりませんように〜〜。
そして、関東方面の方々、くれぐれも台風にお気をつけくださいませ。

本日のお写真ははるなるさんにお借りしました。
素敵なお写真をありがとうございました。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ時々雨
  • 気温:28〜31℃
  • 水温:25〜26℃
  • 透視度:10〜12m
  • 波高:0.5m

観察された主な生き物

ヒレナガカンパチの群れ、ニザダイの群れ、アカゲカムリ、イセエビ、マツバギンポ、スジタテガミカエルウオ、タカサゴの群れ、キンギョハナダイの群れ、リュウモンイロウミウシ、クロウミウマ、ピカチュウ、ジョーフィッシュ、ゾウゲイロウミウシ、サビウライロウミウシ、イワアナコケギンポ、イセエビ(抱卵)、クマノミ(卵)、キビナゴの群れ、カツオ、クロホシイシモチygの群れ、イソコンペイトウガニ、イガグリウミウシ、センテンイロウミウシ、イロカエルアンコウ、ニラミギンポ、イラ、ヒョウモンウミウシ、

串本の生きもの

ウデフリツノザヤウミウシ, モンハナシャコ, ナガサキスズメダイ(保育)

串本のダイビングポイント

住崎, 備前, 浅地

爆弾低気圧

無念の連続クローズでした・・・。

今日も爆弾低気圧による超冬型天候の為、残念ながら連日のクローズになってしまいました。
という訳でダイビングは「おあずけ」だったので、今日もストック写真をお送りします。

まずはモンハナシャコ。独特の姿で色彩が美しいですね~。

こちらはナイトで撮影した爆睡中のキタマクラのオス。

最後はマツカサウオyg。今あちこちに出現中です。

以上、赤、青、黄色のカラフル写真でした(^^) おしまい。

さて、明日以降も気温がぐんぐん下がり、明後日にかけては串本でも氷が張りそうなこの冬最低気温をマークしそうです。
全国各地で寒波の影響が出ていますので、皆さんもどうかお気を付け下さい!!

という事でまだ数日クローズが続く予感です・・・。
早くホームグラウンドの海で潜りたいな~。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:6~8℃
  • 水温:16℃
  • 透視度:?m
  • 波高:3~4m

観察された主な生き物

クローズでした。。。

串本の生きもの

モンハナシャコ, マツカサウオ, キタマクラ

続々〜〜

今日もアンドを調査してきました。

今日は、生憎の雨模様でしたが、がっつり3本潜ってきました。
まずは、やっぱり外せない「アンドの鼻」から。

今日は、テングチョウチョウウオなどまた色々と出会いがありました。

そして、モンハナシャコが抱卵している所にも遭遇!!!
この卵の光沢がとても綺麗です♩

他にもヘコアユygやネジリンボウなど色々とアイドル級の魚達が確認されています。明日も行かないとな〜〜。

そして、2本目からは毎度お馴染みの住崎エリアへ。
備前では、最近ずっと滞在中のキビナゴ&回遊魚がアタックの真っ最中!!!

アタックのシーンはめちゃくちゃ早いので、カメラで追いつくのは、抜群の反射神経がいるかもしれません・・・汗
あとはひたすら連写???笑

最後は、表情豊かなこちらの子をご紹介します。

タスジウミシダウバウオです。
目をクリクリと動かすこの表情は個人的に大好きです。
写真を撮るたびに違う表情をしてくれるので、モデルのような魚にも感じます。

しばらく、雨が降りそうですが、海は東風で穏やかになりそうです。
ただ、木曜日あたり海が時化るかも!?

秋の天気は変わりやすいので、まだ分かりませんが、海が荒れないことを願います。

本日のお写真はダイモンさんにお借りました。
素敵なお写真ありがとうございました。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:曇りのち雨
  • 気温:24〜25℃
  • 水温:25℃
  • 透視度:10〜15m
  • 波高:0.5m

観察された主な生き物

ネジリンボウ、アザハタ、ケラマハナダイ、ヘコアユyg、コウライトラギス(捕食)、イシダイ、ヒラメyg、タレクチウミタケハゼ、キクチカニダマシ、モンハナシャコ(抱卵)、テングチョウチョウウオ、アカメハゼ、アザハタ、クロホシイシモチの群れ、クリアクリーナーシュリンプ、キビナゴの大群、ツバス、ヒレナガカンパチ、アオヤガラ、メジナの群れ、フリソデエビ(ペア)、パンダダルマハゼ、ヒトスジギンポ、タスジウミシダウバウオ、キンメモドキの群れ、ナンヨウハギyg、イソバナガニ、イソコンペイトウガニ

 

串本の生きもの

モンハナシャコ, タスジウミシダウバウオ, テングチョウチョウウオ

串本のダイビングポイント

住崎, 備前, アンドの鼻

2の根へ!

超回復!?視界20m越えでした。

今日は凪になったので、外洋2の根へ。実に2週間ぶりの外洋エリアです。

台風の余韻で潮色はまだまだ今一つですが、期待感を持ってエントリーすると、深場のエリア限定で視界20mほどのクリアな世界が待っていました! が、水温22℃て、、、ちょっと冷たかったなぁ~。

そんな2の根から、まずはクダゴンベ。全部で3個体確認しました。

お次はお出掛け中のモンハナシャコ。台風で壊れた巣穴を修復中でした。

グラスワールドではクリーニング中のネズミフグを発見。

まだまだ台風の爪痕があちこちに残っていましたが、生き物たちの活性は日ごとに上がってきている印象でした! 明日からの海に期待です!

今日の写真は坂地さんにお借りしました。ありがとうございました~!

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れのち曇り
  • 気温:27℃
  • 水温:22~27℃
  • 透視度:6~8m
  • 波高:1m

観察された主な生き物

クダゴンベ、モンハナシャコ、キンチャクガニ、イソバナガニ、キンギョハナダイ群れ、タテジマヘビギンポ、ミナミギンポ、モンガラカワハギ、

オビテンスモドキyg、アカハチハゼyg、アオサハギyg、クビナガアケウス、ヨツハモドキ、ネッタイミノカサゴ、ネズミフグ、オオモンハタ、ハナゴイ群れ、カゴカキダイの群れ、

串本の生きもの

クダゴンベ, モンハナシャコ, ホンソメワケベラ, ネズミフグ

串本のダイビングポイント

グラスワールド, 2の根

眼。あれこれ

ビーチで会える生き物たちの「眼」

今日はスタッフのストック写真から、桟橋前ビーチで会える生き物たちの眼をテーマにお送りします。特に深い意味はありません(笑)

まずはオキゴンべ。とにかく色々な表情が楽しめます。こんなひょうきん顔を狙ってみるのも面白いかも(笑)

お次はマガキガイ。この時期串本の居酒屋でもよく見かける巻貝ですが、人間とほぼ同じ構造の眼なんだとか。

最後はモンハナシャコ。色鮮やかで人気の被写体ですが、生物界で最も高性能な眼を持っているらしい!

人には見えない「円偏光」を見る事ができ、色彩認識能力は人間の10倍!
ん~、いったいどんな風に見えてるんでしょうね~?

写真:iwa

モンハナシャコの驚異的能力が気になる方はこちらをどーぞ。
Neverまとめ https://matome.naver.jp/odai/2139875202275190001

さて、明日もいい天気、良い凪ぎになりそうです。

 

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ時々曇り
  • 気温:14℃
  • 水温:19℃
  • 透視度:12m
  • 波高:1~2m

観察された主な生き物

オキゴンべ、マガキガイ、モンハナシャコ、サザナミフグ、イソギンポ、コケギンポ、クロダイ、マメダワラ(海藻)、ウミヒルモ(海藻)

串本の生きもの

モンハナシャコ, オキゴンべ, マガキガイ

ひとやすみ

週末お天気最高の予報です。

今日は船が出なかったので、ダイビングはひとやすみ。ベタ凪ぎだっただけに潜れなくて残念でしたが、溜まっていた陸仕事がドーンと片付いてちょっとスッキリしました(笑)

さて、そんなわけで今日の写真はスタッフのストックから・・・。

モンハナシャコ 赤、青、黄、緑と、色彩鮮やかですね~。

キクチカニダマシ こちらもなかなか特徴的で綺麗な色彩です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

テングチョウチョウウオ 珍しい南方種です。越冬できるかな~。

写真3点:iwa

さて、この週末も良いダイビング日和に恵まれそうです。そして明日は串本海中フォトコンテスト授賞式が行われます。こちらもまだ若干の空きがありますので、飛び込み参加大歓迎ですよ~!(^^)/

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:12℃
  • 水温:17℃
  • 透視度:12m
  • 波高:1m

 

串本の生きもの

モンハナシャコ, キクチカニダマシ, テングチョウチョウウオ

串本のダイビングポイント

住崎

甲殻類いっぱい。

お天気最高のダイビング日和でした!

今日から風が東風に変わり、海は一気に落ち着いてべた凪ぎになりました。

という事で、午前中は外洋エリアへ。釣り船がやたら多く、ポイント変更しまくりでしたが、島廻りや北の根で楽しく遊んできました。

今日の写真はそんな外洋エリアで出会った甲殻類あれこれをご紹介します。

まずはイボイソバナガニ。鼻(額)の短いメスです。外洋のあちこちで見れます。
pc250301

お次はアカゲカムリ。カイメンを自分で切り取って背負ってます。
アカゲカムリ

こちらはモンハナシャコyg 人差し指ほどのかわいいサイズでした。
モンハナシャコ

最後はキンチャクガニ。今年は豊作でとても多かったんです。
キンチャクガニ
写真(4点):KANOさん

他にはミカドウミウシ&ウミウシカクレエビ(アイキャッチ画像)や、夏から居ついている巨大フリソデエビのペアなども見れました。

甲殻系は冬の寒さには割りに強いので、今後もまだまだ元気な姿が見れそうです。

KANOさん2日間お写真ありがとうございました!!

さて、明日12月26日(月)、27日(火)は、2日間休業となり、28日(水)から営業再開となります。ご不便をお掛けしますが宜しくお願いします。

この冬の休業日はこちらからご確認下さい。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:8~12℃
  • 水温:20℃
  • 透視度:8~12m
  • 波高:1m

串本の生きもの

テングダイ, キンチャクガニ, ハナゴンベyg, ガラスハゼ, イガグリウミウシ, カゴカキダイ, キンメモドキの群れ, モンハナシャコ, アカゲカムリ, フリソデエビ(ペア), イサキの群れ, キンメモドキ, イボイソバナガニ, イソバナガニ, バサラカクレエビ, アカヒメジ, ミカドウミウシ&ウミウシカクレエビ, タカサゴの群れ, サガミリュウグウウミウシ, サザナミヤッコ, キンチャクガニ(抱卵), コミドリリュウグウウミウシ, ヒプセロドーリスゼフィラ

色々な出会い。

色々な「珍」に出会いました~~!!!

今日は外洋と近場に分かれてダイビング!!!

水温は23℃台と暖かく、割合は少ないもののウエットで潜っていらっしゃるゲストさんもいらっしゃいました(^^♪

海の中はというと・・・。

久々に潜った1の根東ではキビナゴの大群&カツオのバトルシーンを見る事ができました!!!少し前に北の根や2の根でも見られていましたが、何度見てもテンション上がります↑↑

そのダイナミックな群れを見た後には超マクロを観察(笑)

ガラスハゼ

背骨が透けているガラスハゼです。
大きさ1cm以下の極小サイズで肉眼では、背骨までは見えていませんでした!!!
ログ付けで見てびっくり(*_*)

そして、2本目の2の根では、珍しいウミウシが。

ニイニイミノウミウシ

ニイニイミノウミウシです。
キンチャクガニを探していたら見つかりました!!!とても綺麗なウミウシでしばらく見とれてしまいました~~(#^.^#)

最後は備前から。
こちらもなかなか見られない光景。
クリアクリーナーシュリンプが真っ白に!!!

クリアクリーナーシュリンプ

少し時期は早いですが、クリスマスカラーっぽくてきれいですね~~。
おそらく脱皮前か直後ではないかと思います。

こんなシーンに出会えるなんてラッキー♪

毎日違った表情を見せてくれる海。
毎日がワクワクです♪

明日はどんな素敵な出会いがあるのか楽しみです。

本日のお写真は、竹崎さん・尾崎さんにお借りしました。
素敵なお写真ありがとうございました。

シーマンズクラブからのお知らせ

本日の海況

  • 天気:晴れ
  • 気温:12~15℃
  • 水温:23℃
  • 透視度:10~15m
  • 波高:0.5~1.5m

 

串本の生きもの

ジョーフィッシュ, ホホスジタルミyg, カゴカキダイの群れ, ハタタテハゼ, クダゴンベyg, ヒトデヤドリエビ, アカヒメジの群れ, ハダカハオコゼ, モンハナシャコ, タテジマキンチャクダイyg, キビナゴの大群, キンギョハナダイの大群, ミカドウミウシ&ウミウシカクレエビ, ニシキフウライウオ(ペア), クリアクリーナーシュリンプ, キホシスズメダイの群れ, タカサゴ, ヒプセロドーリス・クラカトア, オルトマンワラエビyg, ミヤケテグリyg, ニシキウミウシyg, キミシグレカクレエビ, ガラスハゼyg, シマウミスズメyg, ソウダガツオの群れ, イソギンチャクエビyg, ヒラムシ, ニイニイミノウミウシ, ホラガイ(産卵中)

串本のダイビングポイント

住崎, グラスワールド, 備前, 二の根, 1の根東